大紀元時報
トップ 中国

中国

ファーウェイ関連報道まとめ 米中貿易摩擦 超監視社会・中国 中国共産党のスパイおよび浸透工作
このほど医療専門誌に掲載された分析報告は、中国の臓器提供者数は不正統計に基づいていると指摘した(GettyImages)
2019.11.21
「中国の臓器提供数に不正」国際医療誌掲載の報告書が指摘

11月14日に医療専門誌「BMC医療倫理(BMC Medical Ethics)」に掲載された報告によると、中国の自発的なドナーの数は操作されており、強制的な臓器...

9月20日、香港市民は「天が中国共産党を滅する」と書かれたプラカードと米国旗を掲げて、米国に「香港人権・民主主義法案」の早期可決を求めた(宋碧龍/大紀元)
2019.11.21
中国市民「心の中で香港を応援する」 『九評共産党』発表15周年

「最近の香港抗議活動から、中国邪党がいかにデマをでっちあげ、中傷を行い、真実をわい曲して、本土の国民を騙してきたのかを目にした。...このため、私は少年先鋒隊から...

トランプ米大統領は20日、米中通商協議をめぐって「中国がディールをしたがっているが、問題は私がディールを行いたいかどうかだ」と発言。写真は11月8日撮影(SAUL LOEB/AFP/Getty Images)
2019.11.21
米中通商「第1段階」合意が難航か、トランプ氏「ディールするかは決めていない」

トランプ米大統領がこのほど、米中通商協議の「第1段階」の合意について消極的な姿勢を示した。ロイター通信などは、年内の合意が難しく、双方の交渉が来年にずれ込む可能性...

カナダのトルドー首相は9月、2001年の高校教師時代に人種差別的な黒塗りの顔で変装をしていたとタイム誌に報じられた。首相は「とても後悔している」と謝罪した(GettyImages)
2019.11.21
左翼エリートの選民思想(前編)

左翼エリートはお金になる人権問題には積極的だが、お金を失うリスクのある人権問題は触らない。つまり、彼らにとって人権は手段であって目的ではないのである。

米国会(Samira Bouaou/大紀元)
2019.11.20
米上院で香港人権法を可決「中国と香港の高官がすぐ制裁対象に」

米上院は現地時間19日午後、香港の高度な自治を保証する「一国二制度」を守っているかを米政府に毎年検証すると求める「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決した。中...

香港大紀元の印刷工場が放火された事件で、米議員は批判するコメントを出している(スクリーンショット)
2019.11.20
米上院議員、香港大紀元の工場放火で非難 香港法案は満場一致で上院可決

11月19日、米国上院議員は、香港大紀元の印刷工場への放火攻撃を「妨害」であると非難した。中国共産党政権は約束を守らないという最新の証明になると述べた。

11月17日夜、香港警察は装甲車を出動させ理工大学内にいた学生らを鎮圧しようとした。学生らは火炎瓶を投げて反撃した後、装甲車が炎上(大紀元)
2019.11.20
まるで天安門事件の再来 香港警察が理工大学を包囲した理由

11月17日以降、香港理工大学では警察と学生や抗議者らが激しく衝突した。警察当局は大学周辺の道路を封鎖し、学生らに投降させるようと催涙弾やゴム弾だけではなく、音波...

トングリ砂漠に黒色の汚染物質が放置されている(スクリーンショット)
2019.11.20
中国トングリ砂漠に5万トンの黒い汚染物質 地下4mまで浸透 製紙工場の廃棄物 

寧夏のトングリ砂漠は、総面積約12万平方メートルが汚染している。環境調査の有志者によると、製紙業者から排出された黒液により、サラサラな砂漠はひび割れ、黒く硬い表層...

放火現場の様子(スクリーンショット)
2019.11.19
香港大紀元の印刷工場で放火 郭文貴氏「大紀元記者が今後の標的」と指摘したばかり

米国に亡命した中国人富豪の郭文貴氏は18日、YouTubeに動画を投稿し、香港情勢について自らの見方を示した。同氏は、香港政府は香港中文大学や理工大学に続き、香港...

豪州のアンドリュー・ハスティ議員とジェームス・ピーターソン議員はこのほど、中国訪問計画を拒否された(GettyImages)
2019.11.19
オーストラリア、対中人権協力プログラムを停止 3年間5.4億円の支援

オーストラリア外交貿易省は、人権改革の推進を目的とした、3年間で740万豪ドル(約5.4億円)の人権技術協力プログラムを停止した。現地紙オーストラリアンが報じた。...

香港警察は18日夜、香港理工大学構内に閉じ込められた学生らを助けようとする市民に催涙弾やゴム弾を発射し阻止した(DALE DE LA REY/AFP via Getty Images)
2019.11.19
香港理工大、200人ほど依然残る 市民10万人が救出大作戦

香港警察は18日、デモ隊を取り締まるために香港理工大学を包囲した。多くの市民は同日夜、大学構内に閉じ込められた学生や抗議者を助けようとして大学周辺に集まった。市民...

中国共産党中央政治局常務委員兼国務院副首相の韓正氏(大紀元資料室)
2019.11.19
香港情勢が緊張 韓正副首相が6度目の深セン入り 広州で反テロ演習

中国の習近平国家主席がこのほど、香港の抗議者を一段と厳しく取り締まる姿勢を示した。これ以降、中国最高指導部の高官と中国軍の香港駐留部隊から動きが見られたほか、広東...

11月6日、ブーガンビルでパプアニューギニアからの独立支持派が、政府と和解のための式典を行っている(ELIZABETH VUVU/AFP via Getty Images)
2019.11.19
南太平洋に新しい国誕生の可能性 中国、すでに14.7億米ドル投資を約束

国際的な影響力を高めるために、中国は、南太平洋諸国の支配権を買い取っている。このほど、豪メディアに応えた元海軍太平洋艦隊の司令官は警告した。

中国当局はこのほど、内モンゴル自治区で3件目となるペスト患者を確認したと発表した(photos.com)
2019.11.18
中国内モンゴルで3例目ペスト感染者確認、「28人を隔離」

中国当局は17日、内モンゴル自治区シリンゴル盟で16日に3件目となる新たなペスト感染者が確認されたと発表した。この55歳の男性患者は腺ペストと診断された。

自動小銃やスタングレネードを装備する香港警察に立ち向かう、若いデモ隊。11月17日夜、理工大学で撮影(大紀元)
2019.11.18
自動小銃、スタングレネード、音波大砲 香港警察が理工大への攻撃に兵器投入

17日夜、香港理工大学で警察によるデモ隊への弾圧に、新たな武器を投入して学生たちを攻撃した。同日夜、大学に集まった数百人あまりのデモ隊が警察に包囲し、閃光と爆音を...

世界最大級のSNSフェイスブックは、今年1月~9月までの間に、のべ54億件の不正アカウントを停止したと報告した(GettyImages)
2019.11.18
フェイスブック、9カ月間で54億の不正アカウントを停止

フェイスブックは11月13日、2019年1月から9月までで、のべ54億のアカウントを削除したと発表した。同社は「攻撃的」と「ユーザを誤誘導」する2種を、削除するべ...

中国軍の香港駐留部隊は16日、香港市内でデモ隊が残した障害物の撤去作業に「自発的に」参加した(スクリーンショット)
2019.11.18
中国軍が障害物を撤去、民主派議員「香港基本法に違反」

香港立法会(議会)の民主派議員24人は16日夜、香港に駐屯する中国軍が同日午後、九龍塘の駐屯地から「無断で離れた」とし、香港基本法(憲法に相当)と駐留軍法に違反し...

少女売春容疑で起訴された米富豪ジェフリー・エプスタイン氏は8月、拘留中に自殺したとされる。しかし、弟は検死結果を受けて「殺されたかも」と主張している(GettyImages)
2019.11.18
拘留中に自殺した米大富豪エプスタイン氏 「殺されたかも」弟が検死結果受け主張

未成年の売春取引の容疑で逮捕され、ニューヨークの拘留施設で死亡した大富豪ジェフリー・エプスタイン氏(当時66)について、彼の兄弟はこのほど、エプスタイン氏は自殺し...

11月12日、香港警察が放った催涙弾のキャニスターが収集され、傘に盛られた(DALE DE LA REY/AFP via Getty Images)
2019.11.18
警察の催涙弾にダイオキシン類 香港市民や記者に健康被害

警察による催涙弾が飛び交う香港で、最近、市民に皮膚疾患が現れている。現地メディアの記者はこのほど、皮膚疾患は塩素ざ瘡(クロルアクネ)と医師に診断された。民間組織は...

中国南昌航空大学の牛傑副教授は13日、微信上で香港抗議者を擁護する発言を行った(スクリーンショット)
2019.11.15
中国の大学副教授、「香港の若者は暴徒ではない」とデモ支持 

中国江西省にある南昌航空大学は14日、香港の抗議活動を擁護した同大学の牛傑副教授に対して処分を行ったと発表した。

資料写真(JAY DIRECTO/AFP via Getty Images)
2019.11.15
中国北京、市内病院で新たな肺ペスト患者との情報 1例目が9月に発生

中国北京市の朝陽病院は12日、内モンゴル自治区から来た患者2人が感染力と致死性の高い肺ペストに感染したと発表した。14日、国内インターネット上では北京市の児童病院...

中国国内の大学生や卒業生らが、学生証や卒業証書の写真を添えて、香港の抗議活動を支持するコメントを投稿した(品葱より/大紀元が合成)
2019.11.15
中国本土の大学生、香港デモに続々声援メッセージ 「中国共産党は必ず滅びる」

中国本土の大学生らは13日、今週香港警察に厳しく取り締まれた香港中文大学と城市大学の学生のために、ネット上で声援活動を発起した。数日内、500人以上のユーザーが学...

香港中文大学キャンパス内で「殺人政権」と書かれた壁。11月12日撮影(宋碧龍/大紀元)
2019.11.14
香港デモ「天安門事件の再来」と専門家 米議員、香港人権法案の早期採決に働きかけ

香港情勢が緊迫化している。香港警察が11日、香港島東部の西湾河で若者に向けて実弾を発表した。これを受けて、中国官製メディアは一斉に、若者を「暴徒」とし、香港政府に...

トルコのアンカラで行われた、新疆ウイグル自治区で発生した武力弾圧の犠牲者を追悼するパレードに参加する女性(GettyImages)
2019.11.14
世界銀行、新疆ウイグル教育プログラムへの助成金を削減へ

世界銀行は11日の声明で、中国の新疆ウイグル自治区の職業訓練学校を対象とする総額5000万ドルの支援プログラムについて、規模縮小と監視強化を決めたと発表した

11月11日、香港警察が香港中文大学の構内で、学生らから構成されたデモ隊に催涙弾などを発射し強制排除した(余鋼/大紀元)
2019.11.14
中国当局、本土出身の大学生を香港から退避 台湾も

香港警察は12日夜香港中文大学の構内で、学生らで組織されたデモ隊を強制排除するため、大量の催涙弾やゴム弾を発射した。13日、中国本土出身の大学生は、香港警察や中国...

11月12日、香港警察が香港中文大学でデモ隊に対して強制排除に乗り出した(宋碧龍/大紀元)
2019.11.14
香港情勢が悪化、共産党重要会議で「早期沈静化で一致」のためか

香港では8日以降、市民とデモ隊を鎮圧する警察の間で衝突が激化している。専門家は、中国当局が10月末に開催された共産党第19回中央委員会第4回全体会議(4中全会)で...

10月10日、中国の習近平主席の訪印に合わせて、習主席の顔のお面を付けるインドの学生たち(GettyImages)
2019.11.13
印中フォーラムが延期、印当局が中国関係者にビザ発給せず

インドのデリーで13日に開かれる予定の第8回印中ビジネスフォーラムが延期された。消息筋によると、インド当局が、中国関係者へのビザを発給しなかったためだという。

11月13日朝、香港中文大学の敷地内で仮眠をとる若者たち。前夜、警察機動隊が2300発以上の催涙弾をキャンパスに打ち込んだ(GettyImages)
2019.11.13
香港中文大学で警察が催涙弾2356発 狙いは「国際ネットハブ」との分析も

11月12日夜、香港警察機動隊は香港名門の中文大学のキャンパスに裁判所の令状なく進入し、大量の催涙弾とゴム弾を学生たちに向けて発射した。現地報道によると、少なくと...

北京市昌平区の住民は11月9日、当局が進める強制立ち退きに反対する大規模な署名活動を行った(抗議者が提供)
2019.11.13
中国北京、「強制退去」に反対、1万人の市民が署名

11月9日、中国北京市昌平区に住む住民らは、当局が違法建築物として住宅の強制立ち退きを進めていくことに反対し、大規模な署名活動を行った。住民は大きな横断幕に名前を...

陳彥霖さんが生前通っていた香港デザイン学院には、彼女の追悼紀念台が設けられている(駱亞/大紀元)
2019.11.13
「レイプ被害者はもっと多い」韓国メディア、匿名の香港警官を取材

韓国KBSテレビが、香港の警察官はこのほど、匿名を条件に韓国メディアの取材に応じた。報道によると、半年におよぶ民主派の抗議運動で、少なくとも医療関係者が確認した警...

^