大紀元時報
トップ 全体主義
全体主義
(DON EMMERT/AFP via Getty Images)
2020.01.28
社会主義に対する反証

若者が社会主義に傾倒する理由はいくつか挙げられる。2000年後半に始まった不景気を経験したこと、メディアが社会主義の害についてほとんど報道してこなかったこと、また...

英国で開かれたケーキの国際大会で、香港の民主化をテーマにした作品が取り下げられた(スクリーンショット)
2019.11.08
英国ケーキ国際大会、香港デモ支持の作品取り下げ 「中国の検閲受け入れ」と批判の声

英国で開かれたデコレーションケーキ国際大会で、香港民主派のデモ活動を表現するケーキが出展された。英BBCによると、この作品には同時に出店した中国応募者から苦情が入...

米国の駐中国大使館、駐広州総領事館、駐成都総領事館はSNS微博で、相次いで「中国共産党は政治的見解を米国民と企業に押し付けようとしている」と非難した(大紀元合成)
2018.05.11
米領事館SNSで声明文を掲載 中国、削除せず=台湾表記問題

中国当局が、外国の航空会社に対して、台湾は中国の一部と表示するよう要求したことを受けて、米国の駐中国大使館と領事館は相次いで、中国のSNS上で声明を発表し反発した...

中国共産党文化部の微博(スクリーンショット)
2015.11.02
中国文化部がブログを設立 コメントは30万件の政府不満で埋まる

「検閲は厳しいくせに、問題には責任をもたない」「あれもこれも禁止」―。映画やテレビ、書籍など監視する中国共産党文化部は20日、ミニブログ・微博(ウェイボー)に公式...

中共の世界支配の野心に脅威され、危機にさらされている自由社会。亡命中国人作家・袁紅氷氏は著書『台湾大国策』『台湾大劫難』で警告する(写真・大紀元)
2010.11.10
中国共産党には経済危機存在しない・民主中国こそ日本の国益=袁紅冰氏来日講演(二)

「精神が物欲に負けているこの時代、思想に関心のある人々は多くないが、思想を放棄したら自由民主の秩序を立てた世界が後戻りするだろう。日中関係が困難な局面に向かう現在...

2008.11.29
「九評」、民主中国の礎石

大紀元時報のシリーズ社説「共産党についての九つの論評(九評)」を発表してからすでに4年が経った。「九評」は中国共産党(中共)の真相を明らかにしており、中国内外で影...

法律制定日のキャンペーン活動に参加するために、直訴者3千人が12月4日、中央ラジオ放送局に集った。当局は少なくとも10台の大型バスに直訴者を押し込み、馬家楼収容センターに連衡した(大紀元)
2007.12.07
北京:3千人直訴者強制連行、法律制定日の意義問われる

 【大紀元日本12月7日】中国中央政府が定めた「法律制定宣伝日(以下、法宣日)」の12月4日に、キャンペーン活動に参加するために、早朝7時より、北京から200人あ...

デンマークの五輪委員会は、五輪参加についてあらゆる決定権を有するとしている(同サイトより)
2007.09.09
デンマーク五輪委員会:北京五輪出場予定選手に、中国人権状況の情報提供を決定

 【大紀元日本9月9日】デンマーク・オリンピック委員会と同国体育連盟はこのほど、今年11月と来年6月にアムネスティ・インターナショナル(以下、アムネスティ)と共同...

起訴が取り下げられた王記者(大紀元)
2006.06.23
米連邦裁判所:証拠不十分で、王文怡記者の起訴を取り下げ

 【大紀元日本6月23日】米連邦裁判所コロンビア地区法廷は6月21日、これまで中共・胡錦濤総書記に対する騒乱の罪で訴えられた大紀元時報の王文怡記者に対する起訴を取...

中南米歴訪を終え、陳水扁総統一行は12日午後3時30分に台湾・中正国際空港に到着。陳総統は、記者団に対して手を振って挨拶した(中央社)
2006.05.14
陳水扁・台湾総統:中国民主化こそ、両岸と世界に永久平和

 【大紀元日本5月14日】中南米歴訪を終え、12日にインドネシアより台湾に帰着した陳水扁・台湾総統は、当日夜、ヨーロッパ商工会議所(以下、EU商工会議所)が主催し...

^