大紀元時報
トップ 台湾
台湾
2018年4月3日、離任前のハーバード・マクマスター大統領補佐官が記者会見に臨んだ (Alex Wong/Getty Images)
2021.03.03
元米大統領補佐官、「中国当局の次の狙いは台湾」と警告

米国のハーバート・マクマスター元大統領補佐官(国家安全保障担当)は2日、上院軍事委員会の公聴会で、中国の習近平政権による台湾への軍事攻撃を警告した。同氏は、中国当...

日本にも輸出されている台湾産パイナップル(台北駐日経済文化代表処のツイッターアカウントより)
2021.03.02
台湾産パイナップル 中国が突然禁輸措置「決してたじろがない」桃園市長に支持集まる

中国の税関当局は2月26日、台湾産パイナップルの輸入を3月1日から禁止すると突然発表した。パイナップルの産地である台湾桃園市の鄭文燦市長は2月26日、ツイッターで...

2018年4月14日、中国空母「遼寧」に着陸する準備をしている中国軍戦闘機・殲15(AFP/Getty Images)
2021.02.15
中共による「認知戦」究極の目標は頭脳のコントロール=台北シンクタンク

台湾・台北に所在する国防安全研究院によると、台湾近辺を頻繁に飛行する中国人民解放軍機による威嚇行為は、中国共産党が支配権の獲得を企む台湾の住民に影響を与えようとす...

中国の臓器強制摘出を停止させるポスターコンテスト2020の表彰式の様子(鐘元/大紀元)
2021.02.01
臓器強制摘出反対ポスターコンテスト表彰式 日本SMGネットワークも参加

「中国の臓器強制摘出を停止させるポスターコンテスト2020」の表彰式が1月16日、台北で開催された。台湾国際臓器移植協会(TAICOT)理事長の蕭松山教授は、「私...

2020年12月30日、EUと中国は投資包括協定に基本合意した(JOHANNA GERON/POOL/AFP via Getty Images)
2021.01.27
専門家100人、EU中国投資協定の撤回を要求 人権問題を懸念=独紙

世界中の100人以上の著名な中国の専門家、研究者、人権活動家は昨年12月30日に締結されたEUと中国の投資包括協定(CAI)の即時撤回と、中国の人権状況に「実質的...

2021年1月12日、テキサス州アラモのメキシコとの国境の壁付近で演説する、ドナルド・トランプ大統領(Alex Brandon/AP Photo)
2021.01.26
トランプ氏の反共産主義の業績

ドナルド・トランプ前大統領は、2016年の選挙運動の際には、共産主義の世界的拡大に立ち向かうという公約を掲げていなかった。しかし、中国共産党とその代理人、そして他...

イスラエルのエルサレムでイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相との共同演説の際に演説するポンペオ米国務長官=2020年11月19日(Maya Alleruzzo/Pool via Reuters)
2021.01.10
ポンペオ米国務長官、台湾との接触規制を撤廃 「北京への配慮はもうしない」

マイク・ポンペオ米国務長官は1月9日、台湾当局者との接触を制限する国務省の「自主規制」を撤廃すると発表した。この発表は、台米間の関係が深まる新たな流れを示した。...

双湾サイクリングコース(台湾観光局提供)
2020.12.30
【2021台湾自転車旅行年】
サイクリングで台湾を楽しむ、定番の山海サイクリングコース 台湾をぐるりと回って心身ともにリラックスして楽しみませんか

2021台湾自転車旅行年です。台湾全土いっぱいに広がるサイクリングコースを自転車に乗って色々な街を巡りましょう。

2018年12月11日、中国北京のアップルストアの前を通り過ぎる人々(GREG G BAKER/AFP/GettyImages)
2020.12.28
米アップル、中国アプリストアで3千以上のアプリを「行方不明」に VPN、法輪功、台湾関連など

米ワシントン拠点の非営利の倫理監視団体は12月23日、米アップルは中国のアプリストアから、中国共産党が好まないテーマを扱うアプリを削除しているとの調査報告を発表し...

専制体制の「中国の悪夢」がもし広がれば、世界は中共支配下の抑圧社会に似てくるだろうと専門家は指摘する。11月24日、中国北京の建設現場(GREG BAKER/AFP via Getty Images)
2020.12.03
「中国の悪夢」が広がれば 世界は中国のようになる=専門家

元米国防総省高官の中国専門家によれば、もし中国共産党による秩序が世界で実現すれば「世界は抑圧的な中国共産党(中共)支配下の中国に似てくる」という。著書のなかで指摘...

2020年10月26日、記者会見に臨んだマーシャ・ブラックバーン米上院議員(Graeme Jennings/POOL/AFP via Getty Images)
2020.11.19
米上院で新法案を提出、中国との姉妹都市関係の審査を求める

米上院議員4人はこのほど、米中間の「姉妹都市」友好関係プログラムの厳しい審査を求める法案を提出した。

米政府は台湾にドローン4機の売却を承認した。写真は同種MQ9リーパー(GettyImages)
2020.11.04
米政府、台湾にドローン4機売却を承認 武器売却は2週間で3度目

米国務省はこのほど、台湾に4機のドローン(無人機)を売却することを承認した。国防安全協力局が11月3日に議会に通知した。米政府が台湾への武器売却を議会に通告したの...

2020年6月、名門の中国人民大学で卒業式が行われた(GettyImages)
2020.11.04
中国大卒者の就職難が深刻化 「ブロガー」も就労者 就職率隠蔽で

中国国家統計局によると、今年大学を卒業した人は874万人に達し、前年比で40万人増加と過去最高を記録した。しかし、新型コロナウイルスの影響で新卒者はひどい就職難に...

チェコの首都プラハのズデニェク・フジブ市長( ATTILA KISBENEDEK/AFP via Getty Images)
2020.10.31
チェコ・プラハ市長がカナダに提言、威圧的な中国当局に「屈するな」=加メディア

カナダ政府は、2018年12月、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長を逮捕してから、中国当局の報復と脅迫を受けてきた。チェコ首都プラハのズデニ...

米国のサム・ブラウンバック(Sam Brownback)国際宗教自由大使は、「米国は宗教的抑圧の傍観者になるつもりはない」と表明した(Samira Bouaou/大紀元)
2020.10.28
米国際宗教自由大使、中国共産党による宗教弾圧を批判 「傍観者になるつもりはない」

米国のサム・ブラウンバック国際宗教自由大使は、「中国共産党(以下、中共)は法輪功、ウイグル人、チベット人、キリスト教徒などの良心の囚人から強制的に臓器を摘出してい...

中国の砂取船、イメージ写真(VCG/VCG via Getty Image)
2020.10.27
中国の砂採取船が台湾離島に集結 立法委員「海の血を吸っているよう」

10月25日早朝、台湾・馬祖南竿(ばそなんかん)沖の海域に、中国の大型海砂採取船が大量に出現し、同島を囲んだという。台湾の沿岸警備隊馬祖巡視船チームが現場に到着し...

10月21日、インドメディア「Zee News 」放送局傘下の国際チャンネル「WION」は、中華民国(台湾)の吳釗燮外相にインタビューを行った(台湾外務省が提供)
2020.10.27
中国大使館が再び「指図」、印メディアが猛反発 台湾をめぐって

在インド中国大使館は10月23日、先日、台湾の吳釗燮•外交部長を独占取材した「Zee News」放送局傘下の国際チャンネル「WION」へ書簡を送り「報道に対し細か...

中国の軍事脅威にさらされたら「防衛価値」の最も高いのは日本=オピニオンリーダー調査
2020.10.25
防衛価値が最も高いのは日本 中国の軍事脅威巡り=米CSISが各国有識者に調査

米国の有力シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)は対中国政策について、米国や日本、欧州のオピニオン・リーダー(Thought Reader)の840人あまり...

2020.10.21
【紀元曙光】2020年10月10日

古典落語のなかに、「台湾」の名が出てくる演目がある。

フィジーでの台湾式典で中国大使館職員が暴行し、台湾職員は病院に搬送されたという。外務省が事件を公表した。写真は式典が行われたグランドパシフィック・ホテル、2014年撮影(Wikimedia)
2020.10.19
フィジーでの台湾式典で中国大使館職員が暴行 台湾職員は病院搬送

太平洋の島国フィジーで先日、台湾の双十節(建国記念)祝賀行事が行われた。この時、中国大使館職員が立ち入り、退去を求めた台湾駐在所職員に暴力を振るった。中国大使館職...

写真はロバート・オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)(MANDEL NGAN/AFP)
2020.10.19
米高官、「中国の台湾侵攻に黙っていない」と警告 台湾に防衛強化呼びかけ

ホワイトハウスの国家安全保障顧問であるロバート・オブライエン(Robert O’Brien)氏は10月16日、「中国による台湾への武力侵攻には黙っていない」と警告...

華為技術は自社ブランド、オナー(HONOR)を売却する交渉を行なっていると報じられた。写真は2019年5月、オナーの新シリーズを宣伝発表する同ブランド代表George Zhao氏(GettyImages)
2020.10.19
華為技術、格安スマートフォン「オナー」を売却か 事業整理で=報道

報道によると、中国の通信技術大手・華為技術(ファーウェイ)は最近、自社スマートフォンブランド「HONOR(オナー)」事業を売却する方向に動いており、買い手との交渉...

写真は中国広東省深セン市の街の様子(WANG ZHAO/AFP via Getty Images)
2020.10.17
中国深セン市、災害時緊急物資の備蓄を市民に「指導」、憶測飛び交う

中国広東省深セン市の危機管理当局、市応急管理局は10月14日、「災害に備えるための指導」と称し、「深セン市家庭非常備蓄品推奨リスト」を発表した。市民の間では、リス...

2020年4月18日、米海軍のバンカー・ヒル(USS Bunker Hill, CG-52)ミサイル巡洋艦(前)とバリー(USS Barry, DDG-52)ミサイル駆逐艦は南シナ海を通過した(US Navy Photo)
2020.10.16
米世論調査、中国から日台などを守るため「リスク冒すべき」と大半占める

米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)が10月14日に発表した世論調査で、米国民は中国の脅威から、日本、台湾を含む米同盟国と友好国を守るために大きなリスク...

2019年11月22日、中国北京の人民大会堂で、2019年新経済フォーラムの代表団との会合に出席した習近平国家主席 (Jason Lee-Pool/Getty Images)
2020.10.14
中台の両指導者が同日軍施設を視察、習近平氏「戦争準備に全力を」

中国の習近平国家主席は10月13日、広東省東部潮州市を視察し、同市に駐屯する海軍陸戦隊基地を訪ね、「戦争に備え全精力を注ぐよう」などと発言した。南シナ海など各海域...

台湾立法院は10月6日、国民党が提出した米国との国交回復を促す議案を可決した(大紀元資料室)
2020.10.13
台湾立法院、米との国交回復をめぐる法案を承認 野党国民党が提出

台湾立法院(国会に相当)は10月6日、米国との国交回復を目指し「積極的に推進するよう」と蔡英文政権に求める決議案を可決した。最大野党の国民党が同議案を提出した。米...

写真は台北101ビルと中華民国(台湾)の国旗(MANDY CHENG/AFP via Getty Images)
2020.10.11
中国の脅しにインドのネットユーザー、台湾国旗に「いいね!」で反撃

中華民国(台湾)建国記念日の前夜、インドのネチズンたちは台湾国旗に「いいね!」を爆押しで祝い、中共の圧力と脅迫に対する反撃を行った。

都内で日米豪印による4カ国閣僚会合に参加する(右から)マイク・ポンぺオ米国務長官、マリス・ペイン豪外相、菅義偉首相、茂木敏充外相、スブラマニヤム・ジャイシャンカル印外相、2020年10月6日撮影(Getty Images)
2020.10.08
米国務長官、中国共産党の脅威「米中競争ではなく、自由と民主を支持する人々への挑戦」

マイク・ポンペオ米国務長官は、インド太平洋地域で発生する一連の中国共産党による地域問題は、米国と中国による競争の話ではなく、自由と民主主義を支持する人々に向けられ...

アップル主要サプライヤーの台湾企業3社、インドでの生産を拡大する(Getty Images)
2020.09.30
アップル主要サプライヤーの台湾企業3社、インドでの生産拡大に多額の投資

アップル主要サプライヤーの台湾企業3社は、インドでのアップルデバイス製造量拡大のため、インド政府の「PLIスキーム」製造推進計画に参加し、今後5年間でインドに約9...

「世界気候エネルギー首長誓約」の公式サイトで台湾の6都市の国名が「中国」と表記されていたのを中華台北に変更した。(AFP)
2020.09.29
国際大会で台湾当局が国名を「中国」から「中華台北」に修正 EUが支援

ドイツ政府で欧米関係のコーディネーターを務めるピーター・バイエル氏は、11月の米国大統領選挙の結果にかかわらず、EUと米国は「中国との新冷戦」に立ち向かい、一致団...

^