天文学者が木星より10倍も大きい巨大惑星を発見

天文学者のグループが巨大惑星を発見しました。これまでに発見されていたものの中でも最大の惑星の1つであり、惑星形成には非常に適していないと考えられていた環境にもかかわらず、巨大で非常に高温の連星系を周回しています。
2021/12/19

地球の近くを飛ぶ「神秘の天体」は月の断片か?

地球の近くを周回している謎の天体は、月の破片かもしれない。科学者が「月が衝撃を受けて分裂したものか」と見ているその謎の天体は、発見された2016年に、ハワイ語で「振動する天体」を意味するカモオアレワと名付けられた。
2021/11/20

天文学者も驚愕!銀河系の「いて・りゅうこつ腕」に断層 

天文学者にとって、天の川銀河は最も身近な銀河系であると同時に、最も馴染みのない銀河系でもあります。 私たちの太陽と地球は、オリオン腕と呼ばれる銀河系の渦巻き腕の内側に位置しているため、多くの星や惑星など、私たちの周辺の星々の詳細を見ることができます。 しかし、蘇軾の『題西林壁』という詩に「廬山は見る場所によって姿を変える。廬山の全形がわからないのは、私が廬山の中にいたからだ」とあるように、私たちは天の川銀河の全体を見ることはとても困難な事です。
2021/09/13

【紀元曙光】2020年2月18日

「すいきん、ちかもく、どってん、かいめい」。子どもの頃、呪文のように唱えて惑星の名前と順番を覚えた。その中の「めい」つまり冥王星は今、かわいそうに仲間外れにされているらしい。
2020/02/18

人の意識はどこから来る? 量子物理学からのアプローチ

人はどこから来るのか。人はなぜ思考するのか。人の意識はどこから来るのか。こうした疑問への回答を模索しているのは、心理学や生理学、哲学といった分野の専門家だけではない。物理学的立場から生命の謎を明らかにしようとしている科学者もいる。
2017/02/19

地球外知的生命体の存在を25年内に証明=SETI研究所

 【大紀元日本8月26日】地球外の文明を探査するプロジェクト「地球外知的生命体探査(通称:SETI、セチ)」の天文学者セス・ショスタック氏(Seth Shostak)は、25年以内に地球外生命体の存在
2010/08/26

太陽系外の巨大惑星に「水の兆候」=天文学者

 天文学者らは11日、地球から60光年離れた巨大惑星の大気中に「これまでで最も確かな」太陽系外での水の証拠を発見したと明らかにした。科学誌「ネイチャー」とニュースリリースで発表した。 この惑星「HD
2007/07/12

銀河系の隣に幾つかの神秘的な新星群が現れた

【大紀元4月16日】最近、天文学者は銀河系と隣あっている姉妹星系アンドロメダ星座螺星系(M31)から幾つかの新型星群団を発見した。その中には数十万個の恒星が含まれ、巨大な螺星系から展開され、20光年の
2005/04/18