大紀元時報
トップ 武漢市
武漢市
2020年5月15日、湖北省武漢のコンピューターのモニター工場で、検査を受ける従業員(Getty Images)
2020.06.10
<中共ウイルス>米ハーバード大の最新研究、「早くも昨年夏末から発生」

米ハーバード大学医学部の最新調査では、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症、COVID-19)は、昨年夏の末から初秋にかけて、すでに中国湖北省武漢市で広まっていたと...

中国国家疾病予防管理センターの高福主任(大紀元資料室)
2020.05.28
<中共ウイルス>中国専門家「発生源は武漢の市場ではない」 1月の発言を反故

中国疾病予防管理センターのトップ、高福主任はこのほど、メディアの取材に対して、武漢市華南海鮮市場は中共ウイルス(新型コロナウイルス)の発生源ではないと発言した。し...

武漢市政府は5月12日、今後10日間内に全市民を対象に核酸増幅検査(NAT)を実施すると決定した(Photo by STR/AFP via Getty Images)
2020.05.27
湖北省で無症状感染者が増加 感染者として集計されず

中国当局が5月21日から両会(全国人民代表大会と全国人民政治協商会議)を開幕して以降、湖北省で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の無症状感染者が増加していることが...

2019年2月25日にバルセロナで開催されたMobile World Congress(MWC)に表示された5Gのディスプレイ(Josep Lago / AFP / Getty Images)
2020.05.25
中国、全人代で「新インフラ」に言及 専門家「中国製造2025そのもの」

中国当局は5月22日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染拡大で延期された全国人民代表大会(全人代)を開幕した。同日、李克強首相が政府活動報告を行い、「中国製...

武漢市当局はこのほど、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者が新たに確認された団地、「三民小区」の出入口に鉄の板を張り付けて封鎖した(スクリーンショット)
2020.05.16
武漢市、新感染者確認の団地を封鎖 宅配企業がサービス停止

武漢市東西湖区の団地ではこのほど、中共ウイルス(新型コロナウイルス)感染者が新たに確認された。市当局は団地の住民に対して外出制限措置を実施した。宅配業者は市内の8...

武漢市民の楊敏さんは5月11日、市当局による中共ウイルスの情報隠ぺいをめぐる真相究明と責任追及を求めた(情報提供者より)
2020.05.15
<中共肺炎>武漢市、情報隠ぺい追及する母親を自宅軟禁

武漢市民の楊敏さんは5月11日、武漢市党委員会弁公室の前の街頭で泣きながら、市当局が中共ウイルス(新型コロナウイルス感染症)の人から人への感染情報を隠ぺいしたこと...

2020年2月6日、中国湖北省武漢市の「火眼」研究所で、検査技師が新しくコロナウイルス検査を受ける人から採取したサンプルを調査している(STR/AFP via Getty Images)
2020.05.12
<中共肺炎>武漢市、市民全員に核酸検査実施へ 新たな集団感染も確認

中国武漢市政府は5月11日、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)の感染対策会議を開き、市内で核酸増幅検査(NAT検査)の実施範囲を拡大するなどの方針を決めた。国内...

湖北省宜昌市職員の譚軍さんは4月13日、同市地裁で湖北省政府を相手に訴訟を起こした(譚さんより)
2020.04.16
<中共ウイルス>湖北省宜昌市職員、「感染を隠ぺい」と同省提訴

中国湖北省宜昌市職員の譚軍さんは13日、湖北省政府を相手に、同市西陵区人民法院(地裁)で訴訟を起こした。譚さんは、湖北省政府は中共ウイルス(新型コロナウイルス)の...

4月7日深夜、武漢市の武昌駅の前で封鎖措置の解除を待ち、市外に行こうとする利用者ら(Getty Images)
2020.04.08
武漢市、都市封鎖を解除 76日ぶり 5万5千人が市外へ

中国武漢市は4月8日午前0時(日本時間同午前1時)、都市封鎖措置を解除した。1月23日に実施してから76日ぶりに市民が外出を許された。一部の市民や他の地方出身者は...

武漢市はこのほど、市内70カ所の「感染者ゼロ団地」の認定を取り消した(ツイッターより)
2020.04.07
武漢市、70カ所の団地の「感染者ゼロ」認定取り消し 無症状感染者の増加で

中国湖北省武漢市政府はこのほど、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)の無症状病原体保有者の増加で、市内70カ所の団地について「無疫情小区(感染者ゼロの団地)」と呼...

中国共産党の情報隠蔽で世界中に感染拡大した。写真はイスタンブールで道路を消毒する関係者(Chris McGrath/Getty Images)
2020.03.24
未来を守るために中国共産党に問責を=ハドソン研究所専門家

米保守系シンクタンク、ハドソン研究所の専門家は、中国共産党がSARSの教訓を学ばず、中共ウイルス(武漢肺炎)発生後に情報を隠蔽し、他国の情報へのアクセスを遮断する...

3月5日、中共肺炎(COVID-19)の検査を受ける武漢市民(GettyImages)
2020.03.23
<独自>中共肺炎、武漢市の3月14日の新規感染者は公表の約22倍

大紀元が独自に入手した内部資料では、武漢市における中共肺炎(COVID-19)の新規感染者数が、少なくとも当局が公表した人数の22倍であることこが明らかになった。...

3月5日、新型コロナウイルス感染の検査を受ける武漢市民(GettyImages)
2020.03.20
武漢市の病院、発熱外来に患者の列 複数の感染情報

中国国家衛生健康委員会が18日、全国で中共ウイルス(新型コロナウイルスとも呼ぶ)の新たな感染者が34人と発表し、いずれも海外からの帰国者だという。湖北省ではウイル...

武漢赤十字病院で中共肺炎(新型肺炎)の患者に対応する医師。2020年2月16日に撮影( STR/AFP via Getty Images)
2020.03.05
中共ウイルス、武漢で患者が治療後死亡「退院前2回の検査も陰性」

中国メディア「澎湃新聞」3月4日付によると、武漢市民の李亮さん(36)が2月26日に市の臨時治療施設から退院した後、3月2日、経過観察先のホテルで死亡した。

2月26日、市民ジャーナリストの李澤華さんは動画を投稿し、運転中に中国国家安全当局の職員が追ってきたと訴えた(スクリーンショット)
2020.02.28
中国当局、20代の市民ジャーナリストを拘束か、武漢P4実験室を訪ねた後

中国では、中共肺炎(新型肺炎)の発生源である湖北省武漢市で取材活動を行っていた公民記者(市民ジャーナリスト)、李沢華さん(25)が2月26日以降、消息が途絶えた。...

武漢市は1月下旬、都市封鎖措置を実施した(Getty Images)
2020.02.26
中国武漢市、封鎖措置を一部解除も撤回 地方と中央の対立浮き彫りに

中国湖北省武漢市当局は2月24日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染を封じ込めるための都市封鎖措置を一部緩和する通知を出した。しかし、そのわずか数時間後に撤...

習近平国家主席は2月23日、中共肺炎(新型肺炎)の感染拡大防止に関してテレビ電話会議を召集した。全国各地方政府など17万人が参加した(PHILIP FONG/AFP via Getty Images)
2020.02.26
<中共肺炎>習主席が「史上初」のテレビ電話会議を召集 約17万人参加

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が引き続き拡大している中、中国の習近平国家主席は2月23日、北京で「史上初最大規模」のテレビ電話会議を召集した。中国政府系...

中国当局はこのほど、ドメインネームシステム(DNS)ルートサーバの設置を承認した(AFP / Getty Images)
2020.02.22
中国当局、DNSルートサーバ設置を承認 ネット規制対策の一環か

中国当局はこのほど、ドメインネームシステム(DNS)ルートサーバの設置を承認した。一部では、当局が今後、ネット規制をさらに厳しくするのではないかとの声が上がった。...

中国武漢市の紅十字会医院。写真は1月25日撮影(HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020.02.21
<新型肺炎>湖北省、診断方法を頻繁に変更「政治的な要素」との指摘

中国国家衛生健康委員会は2月19日、「湖北省で新たに新型肺炎感染者349人確認した(うち武漢市では新たに615人、仙桃市5人、十堰市3人……)」と発表した。中国版...

中国共産党機関誌「求是」によると、習近平国家主席は1月7日、新型肺炎の感染状況を把握した(PHILIP FONG/AFP via Getty Images)
2020.02.18
習政権と武漢市、泥沼の責任転嫁 市長2週間以上姿消す

中国では、新型肺炎の発生源である湖北省武漢市の周先旺市長が1月27日以降、公の場に姿を見せていないことに憶測が飛び交っている。中国習近平政権と武漢市政府は、収束の...

武漢市の金銀潭医院(STR/AFP via Getty Images)
2020.02.14
武漢市葬儀場が運搬スタッフ募集、高時給のほか「オバケを怖がらない」

大紀元が2月4日、湖北省の複数の葬儀場を取材したところ、各火葬場の処理量が平常時の4~5倍だとの証言を得た。海外のSNSツイッター上ではこのほど、同省武漢市の葬儀...

中国武漢市は1月23日から、武漢発高速鉄道などの運行を停止している。写真は2月9日撮影(Getty Images)
2020.02.10
新型肺炎、第1四半期の世界経済30兆円以上損失=米メディア

米ニュース・チャンネル「フォックス・ビジネス」は2月8日、中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大によって、今年始めの世界経済が「マヒする可能性がある」と警告し...

中国武漢市政府は5日、新型肺炎の軽症患者を受け入れる臨時医療施設3カ所を設置した(STR/AFP via Getty Images)
2020.02.07
武漢市、臨時医療施設3カ所を設置 患者「まるで強制収容所」

中国湖北省武漢市政府は5日、新型肺炎の軽症患者を受け入れる臨時医療施設3カ所を設置した。患者らは、臨時施設に医師や看護師がいなく、薬などもないと不満を漏らした。...

新型肺炎の感染が拡大する中国武漢市では2月6日夜、12月末にSNS上で警鐘を鳴らした医師の1人、眼科医の李文亮氏(34)が亡くなった(李文亮医師の微博より)
2020.02.07
新型肺炎警告の医師が死去 中国SNSに渦巻く怒りの声「我々に言論の自由を」

新型肺炎の感染が拡大する中国国武漢市では、12月末SNS上で警鐘を鳴らした医師の1人、眼科医の李文亮氏(34)が2月6日夜、亡くなったことがわかった。中国当局は1...

中国武漢市の紅十字会医院内の様子 (HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020.02.07
<新型肺炎>武漢市医師「致死率が4.3%」3週間で回復か死亡=中国メディア

中国湖北省武漢市の武漢大学中南医院(以下は中南医院)の専門家はこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の致死率が上昇しており、2月3日時点では4.3%に達したと指摘...

中国人ネットユーザーは、SNS上に、新型肺炎に感染した武漢市などの医療従事者の人数について投稿した(曹山石氏のツイッターより)
2020.02.06
武漢市の医療従事者500人以上感染か ネットユーザーが投稿

中国インターネットでは、新型肺炎が発生した湖北省武漢市の医療機関で、数多くの医療従事者が感染したとの情報がある。新型コロナウイルスの主要治療病院、協和医院だけで、...

都市封鎖措置を導入した湖北省武漢市の様子(Getty Images)
2020.02.05
浙江省で相次ぐ道路封鎖 感染者、湖北省に次ぐ多さ

新型コロナウイルスが猛威を振るう中国では、沿岸部浙江省の温州市と楽清市がこのほど、湖北省に次いで、住民の移動制限と道路封鎖の措置を実施し始めた。現在、中国では少な...

中国湖北省武漢市の金銀潭医院(STR/AFP via Getty Images)
2020.02.04
中国軍の生物兵器専門家が武漢入り、P4実験室が注目の的に

中国軍機関紙・解放軍報は1月31日、生物・化学兵器の防御における軍の女性専門家、陳薇(54)少将が湖北省武漢市に入り、市の新型コロナウイルスによる肺炎の防疫対策に...

1月27日、封鎖措置で人気がない中国湖北省武漢市内(Photo by Getty Images)
2020.02.04
<新型肺炎>封鎖された武漢市、「検査キット不足で確定診断できない」

新型肺炎の発生源である中国湖北省武漢市の市民は、各病院では、新型コロナウイルスを特定する検査キットの不足が続いており、患者の大半が検査を受けられないと訴えた。

湖北省武漢市保健当局は30日夜、「原因不明の肺炎」が発生したと発表した。(微博)
2019.12.31
武漢市で「原因不明の肺炎」発生 SARS疑うネット情報も

湖北省武漢市保健当局は30日夜、「原因不明の肺炎」が発生したと発表した。同市の医療関係者が微博への投稿によると、新型肺炎コロナウイルス(SARS)による感染が疑わ...

^