新報告 中国共産党の「臓器狩り」 隠された実態と真相

1999年以来、中国本土の臓器移植業界は急速に成長している。臓器の供給速度や移植センターの数・規模において、中国は世界のトップに立っている。この急激な成長の背景には何があるのか。アメリカの人権擁護団体が発表した最新の報告書が、中国本土の臓器移植業界に関する詳細を明らかにしている。
2024/06/28 袁麗

【プレムアム報道】脳死の人は本当に死んでいるのか?(3)

医学的な観点からは、脳死は死亡とみなされる一方で、倫理的、宗教的な観点からは疑問が残ります。脳死患者が本当に死んでいるのか、それともまだ生きているのかについての議論は続くでしょう。
2024/06/17 Marina Zhang

さいたま市で「人狩り」上映会 中国臓器移植の闇を暴露

6月9日、さいたま市緑区プラザイーストで中国の違法な臓器移植の闇を暴露したドキュメンタリー映画「人狩り(Human Harvest)」の上映会が行われた。なぜ、中国政府は強制的に生きたまま、人の臓器を取り出して、移植することが犯罪だとわかっているのに、止められないのだろうか? 人を殺しても、国家が得るものは何か、医師が得るものはなにか? 濡れ衣を着せて捕まえた善良な法輪功の人々を、今日も、迫害し臓器を奪っているのだ。
2024/06/12 清川茜

【プレミアム報道】中国共産党が強制臓器摘出に関する西側諸国の議論を封じ込める(2)

中国共産党は、その残虐行為、臓器狩りについて人々が声を上げるのを抑圧するために、長い腕を使っている。
2024/06/10 Eva Fu

病院で不可解な死遂げた8歳女児 「臓器狩り」被害に遭った可能性=中国

このほど、病院入院中に「臓器狩り被害」に遭ったと思われる不可解な死遂げた8歳女児・王思竣ちゃんの事件が中国のネットを騒がせている。
2024/06/07 李凌

中国共産党、5月1日に臓器移植新法を施行…識者「いまや誰しもが臓器狩りのターゲット」

中国では5月1日より、違法な臓器取引を取り締まる新法が施行される。だが、長年にわたり死刑囚や囚人からの強制的な臓器摘出の証拠が絶えない中、新法でこの問題が止むのか。専門家は一様に首を横にふる。
2024/04/29 佐渡道世

米アリゾナ州とアイダホ州、「臓器狩り」対処法を可決

米国のアリゾナ州とアイダホ州議会は先週、中国共産党(中共)による臓器狩りに対処する臓器移植修正法案を可決した。知事が署名すれば成立する。
2024/04/09 Frank Fang

中国共産党による臓器狩り対処法 米ユタ州で成立 

米ユタ州のスペンサー・コックス知事は14日、中国共産党による強制的な臓器摘出「臓器狩り」に対処する法案に署名した。
2024/03/19 Eva Fu, Frank Fang

米ユタ州上院委員会、「臓器狩り」対処法を可決

米国では中国共産党による強制的な臓器摘出「臓器狩り」を阻止する動きが州レベルで広がっている。ユタ州上院委員会は21日、臓器狩りに対処する臓器移植修正法案を可決した。
2024/02/27 Dorothy Li

街中に「移動式火葬車」が再登場 「臓器狩りを連想する」との不安広がる=中国

このごろ、中国の街中に「移動式火葬車」が再び登場した。「ペット用」ではあるが、犯罪証拠の隠滅に使われるリスクが懸念される。
2024/01/12 李凌, 鳥飼聡

中国共産党 臓器狩りを一帯一路の参加国に輸出する

中共の衛生当局の黄潔夫は、「第7回一帯一路国際協力・臓器提供・移植発展フォーラム」において、中共の臓器移植技術を一帯一路沿線のより多くの国々に輸出すると発言した。複数の不正な動機があるのではと外部から疑問視されている。
2023/12/14 寧海鐘, 王嬿喬, 駱亜

中国で新条例「臓器狩り」合法化…日本の法整備急務 移植技術の指導で関与

中国の李強首相は、最近、臓器提供と移植に関する条例の改正案を採択した。中国問題専門家は、無実の囚人から強制的に臓器を摘出するいわゆる「臓器狩り」を“合法化”する狙いがあると指摘している。中国へ移植手術のために渡航する日本人もおり、違法性をはらむ海外臓器移植に対する関連法整備が急務となっている。
2023/10/30 佐渡道世

これは人肉か? どこまで続く「料理から出てきた異物」の騒ぎ=中国

中国の店で出された料理から「異物」が出てくる事件が相次いでいる。今度は「ボルトつき肉」がスープから出てきた。「人肉ではないか」と疑われている。
2023/10/06 李凌, 鳥飼聡

【図解でわかりやすく】中国で臓器移植を行ってはいけない本当の理由

近年、中国では「臓器狩り」という国家ぐるみの犯罪行為が行われているとの研究報告が数多く発表されています。しかし、中国共産党の圧力により、ほとんど報道されていません。ここでは現代中国の闇について、図解を交えつつわかりやすく読み解いていきます。
2023/08/19 李杭哲

広島で臓器狩りポスター展 「許せない」「皆に知ってほしい」共鳴の声続々

中国共産党の臓器狩りを制止する受賞ポスター展が7月末、東広島市立美術館(広島県)で開催された。地元選出の議員が複数出席し、臓器狩りについて関心を持つよう呼びかけた。来場者からは「強い衝撃を受けた」「許せない問題だ」との共鳴の声が多く聞かれた。
2023/07/31 Wenliang Wang