THE EPOCH TIMES
トップ 臓器移植
臓器移植
2006年、当時の胡錦涛中国主席の訪米にあわせて、サンフランシスコで「臓器強制摘出問題」のデモンストレーションを行う法輪功学習者や人権擁護者たち(JIM WATSON/AFP/Getty Images)
臓器狩り   「一帯一路の波に乗り」臓器移植の中国モデル、世界に波及させる構え=中日友好病院
2018.08.02
強制臓器摘出に反対する医師の会(DAFOH)代表トルステン・トレイ医師(向かって右)は、5年間で300万人の署名を集めた署名活動の停止を発表した(DAFOH)
臓器狩り停止求める署名「国連に送らないで」中国が情報照会する懸念あり=医師会
2018.07.10
加藤勝信厚生労働相(TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)
臓器移植法20年   厚労省、海外渡航移植に保険支給を検討「国の移植環境整備が先決」との声
2017.12.14
19日、オーストリアのウィーンで会見し、世界初の頭部移植に成功したと発表したセルジオ・カナヴェッロ医師(Getty Images)
世界で初めてヒト頭部移植に「成功」 中国で手術=伊中医療チーム
2017.11.21
失踪した大学生らの家族が作成したポスター(ネット写真)
闇の臓器ビジネス   中国武漢の大学生30人以上失踪事件に奇妙な共通点 臓器ビジネスに狙われた可能性も
2017.10.08
在米中国人富豪・郭文貴氏(ネット写真)
郭文貴氏のトークイベントが中止 「江沢民息子の臓器移植を暴露したため」
2017.10.07
北京で会議に出席した際の江沢民の長男・江綿恒(大紀元資料室)
オンデマンド殺人   カネの次は長生き?党幹部のために臓器を「必要に応じて摘出」=中国人富豪・郭文貴
2017.09.27
第23回世界神経学会議で署名する医師(葉妙音/大紀元)
中国臓器狩り   移植法改訂に機運 国内外の医師が多数署名
2017.09.24
DNA検査を用いて強制摘出された臓器とそのドナーをマッチすることができる。(Absolut 100, DenisKot/iStock)
医療殺人停止に有効か   米大学研究者、DNA検査で身元不明のドナーを特定
2017.06.11
移植法改正に向けた署名活動に医師らが参加(台湾国際臓器移植関懐協会)
臓器移植   日本の外科医ら100人署名 移植法改正を求める
2017.05.01
約10年前にブレークした「拳を握る赤ちゃん」は、今でもその人気で父親の手術代を集めることに成功した(スクリーンショット)
10年前にブレークした「拳を握る赤ちゃん」 衰えない人気で父親を救った
2016.12.18
自首した韓国の臓器移植ブローカー、金容疑者(韓国のテレビ放送・韓聯TVのスクリーンショット)
臓器狩り   臓器移植の闇ブローカー主犯格 韓国に帰国し自首
2016.09.27
中国移植医は日本で技術を学んだという(Jafaar Ashtiy/AFP/GettyImages)
待機時間2日、ドナー身元不明、どうして闇の臓器移植は続くのか ある医療従事者の告白
2016.09.08
2016年の国際移植大会の会議が行われた香港会議展覧センター(Bill Cox/大紀元)
臓器の強制摘出   移植学会に中国出席「殺人犯の招へいと同じ」=共産党元高官
2016.08.22
最新報告書の記者会見で発言するデービッド・マタス氏(李莎/大纪元)
中国の闇深い臓器問題 人権弁護士氏らが最新報告書
2016.06.24
中国の臓器狩りを描いたドキュメンタリー映画「ダビデとゴリアテの戦い」のポスター (大紀元)
中国臓器狩りドキュメンタリー 世界最大のオンライン映画祭で最優秀賞受賞
2014.12.10
「臓器狩り」のデモンストレーションで同問題を訴える、米国の法輪功学習者たち(大紀元)
中国警官、市民に血液採取とDNA検査を強制 「臓器狩り」の一環
2014.08.04
欧州評議会の本会議場 (FREDERICK FLORIN/AFP)
人の臓器の違法取引を禁止する新条約=欧州評議会
2014.07.25
国際移植学会、中国当局の管理に「怠慢」 斡旋サイト発見で
2014.06.12
来日講演会でスピーチするデービッド・マタス氏 (大紀元)
カナダ人権弁護士 著書『中国臓器狩り』発売記念講演
2014.06.12
中国の大学付属病院も臓器狩りに関与か 医療関係者が証言「年間2000件以上」
2014.03.18
香港クイーン・メアリー病院。左下はデービッド・マタス弁護士(Poon Chai-Shu/大紀元)
中国臓器狩りの証拠データ 香港クイーン・メアリー病院に極秘保管か
2013.12.17
入院患者が両目くりぬかれる 警察当局「自傷行為」=広東省
2013.10.15
河北省の高級人民法院(高裁) (ROBERT SAIGET/AFP/Getty Images)
臓器移植に必要な高官のために処刑されたのか 過去のえん罪事件が話題
2013.10.01
     (仮想イラスト)
オンデマンド殺人 中国の「死刑囚」臓器奪取の実態(二)
2013.03.29
臓器あっせんの闇組織を摘発 逮捕者に18人の医者も
2012.08.08
米著名医学者 「臓器の需要のために処刑している」中国を強く批判
2012.04.03
カナダ外務省の元外交官と国際人権派弁護士の共同調査報告書「血まみれの臓器狩り」(写真提供・博大出版社)
中国での闇臓器移植を仲介 韓国人3人逮捕
2011.11.23
「だれが私の腎臓を盗んだのか」 ある中国人男性の叫び
2011.10.29
国際医師会 中国衛生部に「臓器狩り」データ開示を要請 
2011.10.13
^