大紀元時報
トップ 臓器移植
臓器移植
総会後の記念撮影(清雲/大紀元)
2021/07/29
中共の蛮行を糾弾せよ 全国地方議員有志が集会、国会議員も複数出席

臓器の強制摘出などの中国共産党の蛮行に対し、ますます多くの議員が声を挙げている。衆議院議員会館で27日に開催された「SMGネットワーク臓器移植を考える全国地方議員...

腎臓移植の準備をする医師たち(Pierre-Philippe Marcou/AFP/Getty Images)
2021/07/20
「海外の出所不明の臓器移植および人体展」禁止法案、英議会で第二読会通過

英国市民が海外で出所不明の臓器移植を受けることや、英国内での出所不明の人体展の展示を禁止する法案は16日、上院で第二読会を通過した。

中国南西部の重慶市にあるクリニックで、患者に鼻の手術を施す整形外科医。イメージ写真(Peter Parks/AFP via Getty Images)
2021/05/03
臓器あっせん従事者が暴く中国の臓器提供の裏 「金で貧乏人の命を買う」

法輪功学習者など良心の囚人を対象とする臓器の強制摘出・売買への国際社会の批判をかわすため、中国共産党当局は2010年3月、「臓器提供」のパイロットプログラムを開始...

中国の臓器狩りを描くドキュメンタリー映画「ダビデとゴリアテの戦い(Davids and Goliath)」のスクリーンショット。2014年11月9日にカナダで開催されたハミルトン映画祭で最優秀賞を受賞、その他数々の賞に輝いた(Epoch Times)
2021/04/23
「臓器提供プログラムが強要や金銭誘惑を伴った売買」中国臓器あっせん従事者が実態暴露

法輪功学習者など良心の囚人を対象とする臓器の強制摘出・売買への国際社会の批判をかわすため、中国共産党当局は2010年3月、「自主的臓器提供」のパイロットプログラム...

3月30日、参議院会館で大紀元の取材に応じる大磯義一郎・浜松医科大学教授(清雲/大紀元)
2021/04/05
【医療現場の奮闘と苦悩】
浜松医大訴訟に対応した教授、中国臓器移植の闇を語る

「残念なことに、日本も違法性が疑われる渡航移植に加担している」。国内裁判を通じて、人道犯罪が疑われる中国臓器強制摘出問題に向き合った浜松医科大学の大磯義一郎教授は...

大紀元の取材に応じる丸山治章・逗子市議会議員(清雲/大紀元)
2021/04/02
【SMGネットワーク設立3周年】
「ナチスよりもひどいこと」人権問題に警鐘を鳴らす地方議会議員

近年、中国の人権問題に関する認識が高まってきた背景には、人権問題について啓発を行ってきた地方議会議員の努力がある。30日に参議院議員会館で行われたSMGネットワー...

3月30日、参議院会館で、中国臓器収奪問題の停止に取り組む人権組織「SMGネットワーク」設立3周年記念集会が開かれた(大紀元)
2021/03/31
「中国とのケンカを呼びかけているのではない。世界中で非難している人道犯罪を非難して」人権組織SMGが3周年、日本の人道問題への取り組みを後押し

3月30日、参議院議員会館で、中国臓器収奪問題の停止に向けて活動する人権組織「SMGネットワーク」設立3周年記念集会が開かれた。集会には山田宏参議院議員や長尾敬衆...

臓器移植のイメージ(Photo credit should read PIERRE-PHILIPPE MARCOU/AFP via Getty Images)
2021/03/23
中国の「オンデマンド臓器移植」は非人道的 人権NPO、短編アニメで解説

人権NGOの中国での臓器移植濫用停止国際ネットワーク(ETAC)は、中国の臓器強制摘出に関する7分半あまりの短いアニメーションを公表した。ETACは、中国では収容...

クリス・スミス米上院議員ら超党派は3月初旬、中国を念頭にした臓器強制摘出停止法案を上・下院に提出した。( KEN CEDENO/POOL/AFP via Getty Images)
2021/03/13
米超党派議員、中国念頭にした「臓器強制摘出停止法」を上下院に提出 対象者に制裁

中国共産党が主導する信仰者や少数民族から移植用臓器の強制摘出問題に対応するため、米国の超党派議員たちは3月上旬、この人道犯罪に関わる外国政府高官や組織を制裁対象と...

2014年7月20日、台湾の法輪功学習者は、臓器狩りのデモンストレーションを行い、問題を周知させようとしている(Mandy Cheng/AFP/Getty Images)
2021/03/11
<中国臓器狩り>調査団体が軍医との通話音声を公開 違法な臓器入手を示唆

国際NGO(非政府組織)「法輪功迫害追跡調査国際組織(WOIPFG)」(以下は追査国際)は8日、中国当局による法輪功学習者への強制臓器収奪をめぐり、中国軍の関与を...

日本から中国へ渡航移植をあっせんするNPO団体は、心臓と肺の移植の案内を再開した。写真は手術を施す医師。参考写真であり記事内容と関係なし(Christopher Furlong/Getty Images)
2021/03/08
<独自>「捨てるほどある臓器」日本から中国へ渡航移植手術をあっせんするNPO団体 案内を再開

コロナ禍による海外への渡航規制で、中国を含む渡航移植手術のあっせんを停止していた日本のあるNPO団体は、最近、渡航移植の案内を再開した。団体によれば、中国では「捨...

中国共産党による臓器収奪・売買の全廃を目指す日本の有志組織「SMGネットワーク」は設立から3年を迎えた。事務局長を務めるジャーナリストの野村旗守氏は、大紀元に寄稿文を寄せた(BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/GettyImages)
2021/02/25
中国の臓器狩り
「3周年はお祝いではない 医療虐殺が続いている証」SMGネットワーク設立から3年

中国による国家ぐるみの強制臓器収奪とその売買の即刻中止を求める「中国における臓器移植を考える会(通称=SMGネットワーク)」が発足して3年が経過しました。設立3周...

英国議会の写真、2020年12月撮影 (Niklas Halle'n/AFP/Getty Images)
2021/02/15
英、ヒト組織の輸入を規制する法案成立 「中国臓器狩り」念頭に

英国の「医薬品および医療機器法案(Medicines and Medical Devices Bill)」の改正案が11日、正式に成立した。強制的な臓器摘出から被...

中国の臓器強制摘出を停止させるポスターコンテスト2020の表彰式の様子(鐘元/大紀元)
2021/02/01
臓器強制摘出反対ポスターコンテスト表彰式 日本SMGネットワークも参加

「中国の臓器強制摘出を停止させるポスターコンテスト2020」の表彰式が1月16日、台北で開催された。台湾国際臓器移植協会(TAICOT)理事長の蕭松山教授は、「私...

中国臓器移植いまもなお活況 移植病院の機密映像で明らかに(スクリーンショット)
2021/01/07
中国臓器移植いまもなお活況 移植病院の機密映像で明らかに

中国国内の臓器移植病院を秘密裏に撮影した映像が、このほど、撮影者により公開された。実際に移植手術を受けたと語る人は、待機時間は1週間であり、病院には「豊富な移植臓...

仏大手紙ル・モンドは中国の臓器移植産業の闇について報道した(大紀元資料室)
2020/11/30
仏ル・モンド、中国臓器の出所問題を再提起 「透明性疑う」

仏有力紙ル・モンドは最近、中国では残酷な弾圧システムの下で、当事者の事前の同意なしに臓器が摘出され利用される問題があると報じた。60人あまりの議員は9月、臓器の強...

ケビン・マッカーシー下院少数党院内総務は9月30日、議会施設内で、中国に関する報告書について記者会見を行った(GettyImages)
2020/10/01
中国共産党は「世代の脅威」430件の政策を提言=米下院議員タスクフォース

米下院議員からなる政策提言組織「チャイナ・タスクフォース」は9月30日、中国共産党がもたらす様々な脅威に対抗するための「包括的な青写真」と題する報告書を発表した。...

仏議会ウェブサイトに掲載された、「欧州以外のパートナーによる臓器提供の倫理的遵守に関する法律第3316号の提案」(スクリーンショット)
2020/09/30
仏65議員が中国臓器狩りを問題視「国民は関与しないで」法改正を提案

9月15日、フランスの65人の国会議員は、強制的な人の臓器摘出、違法な人身および臓器売買、臓器移植を防ぐために法律改正の提案書を議会に提出した。文書によれば、法改...

北京の地下鉄でスクリーンに映る医師たち、参考写真(GettyImages)
2020/09/04
中国で臓器狩りに関与する医師リスト、有志組織が厚生労働省に提出

中国本土では無実の人々から強制的に臓器を摘出し、移植希望者に使用しているという「中国臓器狩り」問題について、日本の有志団体は厚生労働省や外務省、法務省に問題関与が...

中国臓器移植問題に取り組む丸山治章・逗子市議会議員(ストップ・メディカル・ジェノサイド地方議員ネットワーク代表世話人)は、8月15日、法務省出入国管理局に中国医師らのリストを提出した
2020/08/18
「人権踏みにじる者、日本に入国させないで」地方議員ら、臓器狩り関与の中国医師リストを法務省に提出

中国臓器移植では、法輪功学習者ら無実の囚人が強制に臓器を摘出されているとの問題が、長らく米議会や欧州議会など国際社会から指摘されている。このほど、日本の有志団体は...

2019年4月25日、米国議会で「4月25日平和訪問20周年記念シンポジウム」を開催、米国国際宗教自由委員会(USCIRF)のゲイリー・バウアー(Gary Bauer)委員が現場で発言した。
2020/08/17
中国臓器狩り問題、米国際宗教自由委員会が米政府に制裁調査要請

米政府機関である国際宗教自由委員会(USCIRF)は米国政府に対し、「中国当局が法輪功の学習者を含む囚人を主な対象に行っている強制臓器摘出を全面的に調査し、関与し...

日本と台湾、韓国の有志組織「中国臓器移植濫用に関するアジア諮問委員会」日本代表・根本敬夫氏は8月12日、外務省中国モンゴル第一課に、WOIPFGの強制臓器摘出の加担者リストを提出した(大紀元)
2020/08/13
臓器狩り関与の中国医師リスト、外務省に提出 有志組織

中国の臓器移植では、無実の囚人から強制的に臓器が摘出されていると米国や欧州議会、人権団体が長らく指摘している。このほど、日本の有志組織は、臓器強制摘出の加担を疑わ...

ドイツで行われた、中国臓器収奪問題に関するデモンストレーション(大紀元)
2020/08/10
10日間で4つも提供された心臓 名古屋実習生の武漢での移植手術

名古屋にいた中国人実習生が重度の心臓病を患い、心臓移植手術のために中国に帰国した事案について、新たな事実が発覚した。女性は、武漢協同病院に着いてからの10日間で、...

2020年2月、武漢市内の病院で撮影、参考写真(GettyImages)
2020/07/18
名古屋の実習生に心臓移植手術を行った中国人医師、年間100件以上執刀 臓器狩り関与の疑い 

来日中に心臓病を患い、心臓移植を待機するために帰国した中国人実習生は、わずか13日後に武漢の病院で移植手術を受けた。中国からの訪日医療ツーリズムに積極的な名古屋の...

中国の臓器移植問題に取り組む「SMGネットワーク」代表でジャーナリストの野村旗守氏は7月6日、都内で緊急集会を開催した。(大紀元)
2020/07/16
中国の移植を「美談」にした日本のメディア、数カ月前から報道計画か 倫理組織が問題視

愛知県名古屋に技能実習生として来日中、心臓病を患った中国人女性(24)が6月13日、中国当局の手配したチャーター便で入院先の武漢に渡った。在日本中国大使館などによ...

ベルギー上院議会では6月12日、中国における臓器の強制摘出を非難する議案が可決した(大紀元)
2020/06/26
ベルギー上院議会、中国の臓器摘出問題を非難する法案可決

ベルギー上院議会で6月12日、中国共産党が法輪功学習者やウイグル人など「良心の囚人」に対して、臓器移植用に臓器を摘出している問題を非難する法案が可決した。

(中国臓器移植の問題に焦点をあてたドキュメンタリー映画『十年調査』スクリーンショット)
2020/06/20
心臓移植希望の中国人実習生が帰国 「中国臓器ビジネス」伝えない日本メディア

愛知県名古屋に技能実習生として来日中に心臓病を患った中国人女性(24)が6月13日、中国のチャーター便で入院先の武漢に渡った。「心臓外科の先進」である武漢の病院で...

民主中国陣線(民主中国陣線)
2020/06/09
「日本は対中宥和に舵切らないで」六四天安門事件31年 在日団体が訴える

6月4日、六四天安門事件から31周年を迎えた。いまだ事件の真相が明らかにされていない。在日の民主運動組織らが都内をデモ行進し、演説を行い、自国民を弾圧し、香港や台...

武漢の同済病院では2014、15年、16年の移植手術が急増している。(大紀元)
2020/05/04
<独自>武漢は臓器移植が活発 一晩で2回の心臓移植も

中共ウイルス(新型コロナウイルス)は最初、中国湖北省の武漢で流行し、その後世界に広がった。大紀元はこのほど、武漢病院の内部文書を入手し、武漢では中国共産党の組織的...

2014年7月、米ワシントンで行われた、中国本土における法輪功迫害について周知を狙うデモンストレーションの様子(Getty Images)
2020/03/16
中国共産党は信仰者を憎んでいる=米国務省報告

米国国務省は3月13日、世界の人権状況をまとめた「2019年国家人権報告」を発表した。ポンペオ米国務長官は記者会見で、宗教信仰者に対する中国共産党による迫害は、昨...

^