【フォトニュース】大聖堂に25体のロバの置物

【大紀元日本9月2日】英国ロンドンのセント・ポール大聖堂で30日、25体のカラフルに彩られたロバの置物が並べられた。展示は、来月23日まで続けられる。 これらは、エジプト人芸術家のレダ・アブデル・ラー
2013/09/02

【フォトニュース】水上サッカー

【大紀元日本8月28日】英国、イングランド中部コッツウォルズにある村「ボートン・オン・ザ・ウォーター」で26日、毎年恒例、川の中でゲームを行う一風変わったサッカー試合が開催された。 「ボートン・オン・
2013/08/28

【フォトニュース】動物園でミーアキャットの赤ちゃんが公開=英国

【大紀元日本7月25日】英国・南西部ブリストルにある動物園「ブリストル・ズー・ガーデンズ」で23日、ミーアキャットの三つ子の赤ちゃんが公開された。いずれも6月21日生まれで、まだ名前は付けられていない
2013/07/25

【フォトニュース】ハリポタ作者の別名作品、再版へ向けた作業進む=英国

【大紀元日本7月20日】「ハリー・ポッター」シリーズで有名なJ・K・ローリング氏による別名作品「The Cuckoo’s Calling」の再版に向けた作業が、英国で進められている。 同作はJ・K・ロ
2013/07/20

英国人の妻、土地収用に遭う中国人の夫を守れるか(2)

【大紀元日本5月30日】ケガにより死期を早められた祖父の事で、許帥さんの気は収まらなかった。しかも、家族の状況は複雑になる一方だった。 土地の新所有者とのもみ合いから4日後、警察から電話が入った。あの
2013/05/30

中国の富豪ツアー イギリス名門小中学校巡り 乳児の親も参加

【大紀元日本5月29日】英紙タイムズは27日、同国各地の名門小中学校を転々と訪れる中国の富豪たちについて報じた。わが子に優良な教育を受けさせようと奔走している親たちだ。 この日、一台のバスがイングラン
2013/05/29

英国人の妻、強制土地収用に遭う中国人の夫を守れるか(1)

【大紀元日本5月29日】英国人女性と結婚した農家の中国人男性の家が、強制土地収用の危機に晒されている。外国籍という権利を駆使して、妻は必死に嫁ぎ先一家の土地を守ろうとしている。山東省の小さな村で実際に
2013/05/29

「中国市民は目覚め、共産党は針の筵に座っている」陳光誠氏、英国で演説

【大紀元日本5月25日】中国の盲人・人権弁護士、陳光誠氏が、英国ツアーを終えた。 人権問題に対する努力が讃えられ、英国議会で授賞式に臨み、その後、オックスフォード大学の学生自治会で演説。中国共産党の人
2013/05/25

英国バイリンガル子育て奮闘記(105)最終回 卒業(2010/2011年)

 【大紀元日本9月19日】英国の大学は通常3年。建築学科の3年目の担任が特に厳しく、学年が始まったばかりの頃、娘から涙声の電話がかかってきた。「なんで君に会う必要があるの?」「名前は何?何も作れない学
2011/09/19

英国バイリンガル子育て奮闘記(104)英国の大学から日本訪問(2009年)

 【大紀元日本9月12日】美術ベースの建築のコースは、かなり厳しかった。資格をとるには最低7年かかる。とりあえず、3年間の学士のあと就職し、仕事の経験を最低1年積んでから2年間の修士課程に戻る。そして
2011/09/12

英国バイリンガル子育て奮闘記(103)進路決定 (下)(2008年)

 【大紀元日本9月5日】一年間の美術の基礎コースが始まった。交通の便が悪いので、一応、寄宿に入った。しかし、最初の数週間はちょくちょく家に戻ってきた。3週間目に寄宿に戻る時、「私の家に帰る」という表現
2011/09/05

英国バイリンガル子育て奮闘記(102)進路決定 (中)(2007年)

 【大紀元日本8月29日】決められたテーマに沿った作品を10枚制作することが義務づけられ、それ以外に最低6点の作品提出が求められていた。その年のテーマは「空間と構造」。高校の美術の先生に、娘の強みは折
2011/08/29

英国バイリンガル子育て奮闘記(101)進路決定 (上)(2007年)

 【大紀元日本8月22日】2年制の高校の2年目には当然のことながら、進路決定を迫られる。大学に進学するのか、就職するのか、ギャップイヤーをとるのかという選択肢だ。ギャップイヤーとは、一年間、海外などで
2011/08/22

英国バイリンガル子育て奮闘記(100)フランスからのお客様(2007年)

 【大紀元日本8月15日】娘はフランスの小学校に英語を教えにいくというミニ・アシスタント制度でフランスの滞在を体験したが、通常のホームステイの制度もあった。交換の形をとることになっており、フランスに行
2011/08/15

英国バイリンガル子育て奮闘記(99)スワジランドへ(2006年)

 【大紀元日本8月8日】娘の履修したインターナショナル・バカロレアのコースの責任者が、アフリカの小国、スワジランドに数年滞在していたことがあり、エイズの孤児に教育の機会を与えるための慈善事業の設立に関
2011/08/08

英国バイリンガル子育て奮闘記(98)アムネスティーへの手紙(2006年)

【大紀元日本8月1日】2年制の高校でのインターナショナル・バカロレアのコースでは、6教科の履修に加え、コミュニテー・サービス50時間というものが課されていた。社会に貢献することならなんでも良いようで
2011/08/01

英国バイリンガル子育て奮闘記(97)フランスの小学校(2006年)

 【大紀元日本7月26日】2年制の高校が秋に始まり、翌年4月の1日から12日まで、娘はフランスの小学校で英語を教えるという機会に恵まれた。コーンウォール州全体のフランス語の履修者から何十人かを選んで、
2011/07/26

英国バイリンガル子育て奮闘記(96)美術の授業(2005年-2006年)

 【大紀元日本7月18日】2年制の高校で、インターナショナル・バカロレア試験のためのコースを履修した娘は、初めの頃、美術の授業をひどく嫌った。6つの分野から一教科ずつ選択しなければならず、芸術分野では
2011/07/18

英国バイリンガル子育て奮闘記(95)高校へ(2005年)

 【大紀元日本7月11日】5年制中学の4年生の時期に、具体的な進学の話が持ち上がる。英国の高校は2年間。大学入学資格にあたるAレベルの試験のために設定されている。特に入学試験があるわけではない。 娘の
2011/07/11

英国バイリンガル子育て奮闘記(94)ドイツのケルンへ(2002年)

 【大紀元日本7月4日】娘が国外に行った時のことを思い出した。ちょっと話が前に戻るが、小学校の頃、ユーロトンネルを通ってパリに連れて行ったことがある。英国人の夫が、英国とフランスをつなげるということは
2011/07/04

【フォトニュース】 英国市場、販売不振 1万人の仕事に影響

 【大紀元日本6月30日】28日、英国では多くの店舗が一斉に大型割引セールを開始。 
英国では、ショッピングセンターの家具店「ハビタット」のロンドン圏外の30店舗、婦人服店「ジェーン・ノー
2011/06/30

英国バイリンガル子育て奮闘記(93)日本の高校(下)(2005年)

 【大紀元日本6月27日】5年制中学の資格試験GCSEの後での16歳の娘との訪日は、私にとって[癒し」のひとときでもあった。 娘がアイディンティティー・クライシス(自己認識の危機)に陥らないよう、日本
2011/06/27

英国バイリンガル子育て奮闘記(92)日本の高校(中)(2005年)

 【大紀元日本6月20日】日本の高校での体験入学はわずか5日間だったが、1学期の最後の週にあたり、学校外での活動の日が1日だけ設けられていた。 娘の世話役をしてくれた二人の同級生のうち、一人は病院での
2011/06/20

英国バイリンガル子育て奮闘記(91)日本の高校(上)(2005年)

 【大紀元日本6月13日】5年制の中学の卒業の前に受ける国家試験GCSE試験が終了した後は、秋に2年制の高校が始まるまで、宿題もない2ヶ月半の休暇となる。この期間を利用して日本を訪れることは前々から計
2011/06/13

英国バイリンガル子育て奮闘記(90)「私、何人?」(2005年)

 【大紀元日本6月8日】中学卒業資格試験のGCSEが6月に終わった後の夏休みは、学校の切り替え時期でもあり、長くて宿題もない。バイトをする時期でもある。前々から、この時期を狙って日本に連れて行こうと考
2011/06/08

英国バイリンガル子育て奮闘記(89)GCSE試験(2005年)

 【大紀元日本5月30日】5年制中学の最終学年に入ったら、学校側での生徒に対する待遇が変わった。卒業資格試験のGSCEに備えて、ソファーの置いてある特別室へのアクセスが認められ、お茶を入れる設備がある
2011/05/30

英国バイリンガル子育て奮闘記(88)日本語の試験(下)(2004年)

 【大紀元日本5月23日】母親が子供の模擬試験を採点しなければならないような状況下で、中学卒業資格試験にあたるGCSEの日本を受験した。結果はA+だった。この時点で、GCSEは点数では発表されなくなっ
2011/05/23

英国バイリンガル子育て奮闘記(87)日本語の試験(中)(2004年)

 【大紀元日本5月16日】中学(5年制)の最終学年で受験するGCSE試験の日本語だけ、1年早く特別に受けられるように学校側にアレンジしてもらった。過去の試験問題などは、私が直接、試験を実施する機関から
2011/05/16

英国バイリンガル子育て奮闘記(86)日本語の試験(上)(2004年)

 【大紀元日本5月10日】娘の学校ではフランス語に漬け込むバイリンガルコースが導入されたが、娘はこのコースの履修を拒絶し、夫も中途半端な教育で終わってしまうことを心配して履修を反対したため、特殊な環境
2011/05/10

英国バイリンガル子育て奮闘記(85)56キロのウォーキングキャンプ (下)(2003年-2004年)

 【大紀元日本5月2日】中学3年の時のテントーズの練習で、本番の1週間前のダートモアでの予行演習とも呼べるキャンプは、最悪の天候だった。折からの大雨。寝袋にビニールをしっかりかぶせていなかったため、ぐ
2011/05/02