大紀元時報
トップ WHO
WHO
コンゴで原因不明の感染症が発生。犠牲者の半数は10歳以下の子ども=写真は、2007年3月、コンゴのゴマにある児童保護センターで並ぶ子どもたち(LIONEL HEALING/AFP/Getty Images)
2007.09.06
コンゴ:原因不明の感染症、犠牲者の半数は子ども=WHO

 【大紀元日本9月6日】世界保健機構(WHO)が8月31日に発表した情報によると、コンゴ民主共和国に、原因不明の感染症が高い死亡率で発生しており、主な症状は高熱、...

屠殺場に豚を運ぶ湖南省宜昌地区の養豚業者(Getty Images)
2007.08.25
中国の豚大量感染死、専門家が当局発表に疑い    

 【大紀元日本8月25日】8月23日、中国農業部は初めて、国内26の県で高病原性「豚藍耳病」の発生を認め、6万8千頭あまりが感染死したと発表し、この伝染病は人間へ...

今後1年間で北京市の大気汚染改善されるのか、専門家は疑問視している=写真は、2007年7月、渋滞する車両の排ガスで大気がかすんでいる(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)
2007.08.22
北京の大気汚染、改善策を疑問視=WHO専門家

 【大紀元日本8月22日】世界保健機構(WHO)の医学専門家コルザノフスキ氏はこのほど、北京市の大気汚染は、来年のオリンピックに参加する選手の体調に影響するだけで...

(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2007.06.11
香港:野鳥からH5N1型ウイルス、人感染拡大を懸念=専門家

 【大紀元日本6月11日】香港当局はこのほど、カササギから鳥インフルエンザ・H5N1型ウイルスを検出されたことを明らかにした。専門家らは民衆に対して、鳥インフルエ...

2007.05.30
英国:H7N2型鳥インフルエンザ、11人感染症状出現

 【大紀元日本5月30日】英国・ウェールズの国家公共衛生サービス所関係者は5月28日、すでに36人が鳥インフルエンザ・ウイルスと接触した可能性があると発表した。 ...

北京郊外の養豚場(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2007.05.11
中国広東省:豚大量死、原因はPRRS

 【大紀元日本5月11日】中国農業部は5月9日、少し前に広東省雲浮(ユンフ)市思勞(スーラォー)鎮で、食欲を失い、皮膚が赤くなり発熱するなどの症状で豚が大量死した...

2007.03.21
インドネシア:鳥インフルエンザ感染、66人目の死亡症例

 【大紀元日本3月21日】インドネシア衛生省は20日、同国の女性(21)が鳥インフルエンザに感染し、3月19日に死亡したことを明らかにした。これまでの鳥インフルエ...

2007.03.01
福建省:H5N1型鳥インフルエンザ、人感染確認

 【大紀元日本3月1日】香港衛生署当局は2月28日夜、中国衛生部通知を受けて、福建省で人がH5N1型鳥インフルエンザに感染したことが確認されたと発表した。 香港衛...

世界保健機関(WHO)は、世界においてマラリアによって死亡した100万人の中に、20%の患者が真正の薬品を摂取していれば、死亡は避けられると発表している(PETER PARKS/AFP/Getty Images)
2007.02.26
アジアで偽医薬品が氾濫、中国が主な供給源

 【大紀元日本2月26日】アジアには偽医薬品が氾濫しており、それによる死亡者は毎年20万人以上に上る。中でも中国は偽医薬品の最大輸出国とされ、各国に輸出した劣悪な...

2007.02.02
ナイジェリア:鳥インフルエンザ感染で、初の死者

 【大紀元日本2月2日】ナイジェリア当局はこのほど、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型ウイルス)に感染し、1月17日に女性(22)1人が死亡したことを明らかにし...

2007.01.24
香港関係当局:鳥類の鳥インフルエンザ感染確認

 【大紀元日本1月24日】香港の漁農自然護理署(Agriculture,Fisheries and Conservation Department,以下、漁農署)...

2007.01.15
WHOが公表した健康に有害な10食品

世界保健機関(WHO)は、以下の10種類の食品について注意を促しています。1. 油で揚げている食品 この類の食品は、心臓血管の疾病を招きやすい。発ガン物質が多く含...

ベトナムの衛生部関係者は、同国南部に高病原性鳥インフルエンザのH5N1型ウイルス感染が発生したと明らかにした(HOANG DINH NAM/AFP/Getty Images)
2006.12.21
ベトナム南部、鳥インフルエンザ感染発生

 【大紀元日本12月21日】英BBCの報道によると、過去2週間、ベトナム南部メコン川デルタにある2つの省で、5500羽の鴨と500羽の鶏が死んだという。一方、ベト...

中国では鳥インフルエンザ感染例が多く発症(Getty Images)
2006.11.05
中国鳥インフルエンザ:WHO、中国当局の感染情報隠ぺいを指摘、「予防対策の遅延を招いた」

 【大紀元日本11月5日】世界保健機構(WHO)は11月1日、中国農業部は国内で発見されている新種の鳥インフルエンザウィルスのサンプルを提供していないと指摘、WH...

WHOが製造元に備蓄を要請した抗インフルエンザ剤「タミフル」(GettyImages)
2006.06.02
WHO、製薬会社に、抗インフルエンザ剤「タミフル」の備蓄を要請

 【大紀元日本6月2日】インドネシアで人による鳥インフルエンザ感染が発生してから、世界保健機関(WHO)は初めて、抗インフルエンザ剤「タミフル」の製造会社ロシュに...

2006.05.24
WHO、新書で中共のSARS対応を批判

 【大紀元日本5月24日】世界保健機関(WHO)は先週、香港で公共衛生専門家と科学者による共同著書を出版した。「SARS:世界で拡散された伝染病は、どのように阻止...

鳥インフルエンザ感染者とみられる男性に対して検査を行なう北スマトラ州の病院関係者(AFP/Getty Images)
2006.05.20
インドネシア:鳥インフルエンザ・ウイルス、ブタから検出

 【大紀元日本5月20日】インドネシア当局は18日、北スマトラ州カロ県クブシンベレン村のブタより、鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。同村で少し前、鳥...

2006.04.28
四川省:8歳の女児、高病原性鳥インフルエンザに感染

 【大紀元日本4月28日】中国衛生部は27日、四川省で8歳の女児が高病原性鳥インフルエンザに感染したことを発表した。これまで中国大陸ですでに17人が鳥インフルエン...

鳥インフルエンザに感染した患者15人の内、10人が既に死亡している中国(Getty Images)
2006.03.09
中国浙江省:鳥インフルエンザ、初の人体感染、女児死亡

 【大紀元日本3月9日】中国浙江省で女児(9)が6日、鳥インフルエンザに感染して死亡した。中共当局は、これが同省で人体感染した第一例であることを確認した。中国では...

新たに二件の感染例が出て、警戒を強める中国=27日、上海の市場(Getty Images)
2006.03.02
WHO:鳥インフルエンザ最新統計、感染例173件、死亡者93人

 【大紀元日本3月2日】世界保健機関(WHO)はこのほど、人が鳥インフルエンザに感染した新たな症例を加えて、これまで発生した鳥インフルエンザ感染例は、全世界で合計...

ギリシャ・テッサロニキ近くの港で死んだ白鳥を回収する保健機関職員(AFP)
2006.02.15
鳥インフルエンザ、各地へ感染拡大

 【大紀元日本2月15日】世界保健機関(WHO)は13日、インドネシアで人が鳥インフルエンザに感染した26人目を確認し、さらに西ジャワ島で4人が感染した疑いがある...

2006.01.28
WHO:中国にエイズ流行を警告

 【大紀元日本1月28日】世界保健機関(WHO)は、中国のエイズ感染は増加傾向にあると発表し、中共当局発表の感染者数が減少を示していても、エイズ蔓延が緩和したわけ...

家菌類の大量処分が始まったトルコ(AFP)
2006.01.08
トルコ・鳥インフルエンザ:新たに2人の児童も感染、WHOが専門家を派遣

 【大紀元日本1月8日】世界保健機構(WHO)の発表によると、トルコでは今年に入って、東部のドグベヤジット市で相次ぎ子供への鳥インフルエンザ感染が確認され、すでに...

トルコ東部ワン県で亡くなった少年の棺を運ぶ遺族ら(AFP)
2006.01.06
トルコ:鳥インフルエンザで死亡の少年、東南アジア以外で初

 【大紀元日本1月6日】トルコ保健省は4日、同国東部に住む少年(14)が鳥インフルエンザに感染したため死亡したことを発表した。東南アジア以外の地区で初めての死亡例...

2006.01.02
WHO:中国に鳥インフルエンザのサンプルを求める

 【大紀元日本1月2日】世界保健機関(WHO)は、H5N1型鳥インフルエンザに感染し3人が死亡したと発表した中共政権に対して、鳥インフルエンザ感染情報にかかわるウ...

2005.12.04
中国の鳥インフルエンザ感染ルート、求められる情報の透明化

中国農業部は11月30日、新疆ウイグル自治区新源県で鳥インフルエンザが発生してから、周辺を含めて、すでに11万羽を超える家禽を処分したことを発表した。中国国内での...

2005.11.23
世界保健機関(WHO):鳥インフルエンザ検体提出を渋る中国に憂慮

 【大紀元日本11月23日】世界保健機関(WHO)の関係者によれば、2004年春以降、中国は外国の研究者の依頼に対して鳥インフルエンザ・H5N1ウイルス検体の提出...

2005.11.22
中共当局、「重大な動物伝染病が発生する際の応急条例」公布の内幕

 【大紀元日本11月22日】中国国務院は20日、新華ネットで「重大な動物伝染病が発生する際の応急条例」を公表し、「重大な動物伝染病を迅速に制御・撲滅し、正常な社会...

鳥インフルエンザの人への感染が3例確認された中国(Getty Images)
2005.11.17
鳥インフルエンザ:中国、3例の人感染を確認

【大紀元日本11月17日】16日夜の新華社速報によると、中国衛生部が午後7時50分、湖南省で2例と安徽省で1例の計3例の鳥インフルエンザの人への感染を確認したと発...

2005.11.16
WHOが中国湖南省に入り、当局はヒトへの感染を初めて承認

 【大紀元日本11月16日】世界保健機関(WHO)が11月14日、鳥インフルエンザ感染の疑いで12歳の女の子が死亡した中国湖南省の長沙に到着し、調査を行う中で、中...

^