印刷版   

歳出削減の十分な根拠出来た=歳出・歳入一体改革で与謝野担当相

 与謝野経済財政・金融担当相は27日の閣議後の会見で、政府・与党が合意した歳出削減策の実現性が問題視されていることについて「実際の削減は困難だが、歳出削減の十分な根拠と論拠が出来上がった」と述べた。

 与謝野担当相は歳出削減策をまとめた自民党の作業の手順について「総論で(歳出を)切ったわけではなく、各論で積み上げて切った」と、数字合わせではないことを強調し、将来に対して歳出削減をするための十分な根拠・論拠が出来上がったとした。

 日銀の福井総裁が村上ファンドに1000万円拠出していた問題で、総裁辞任を求める声が高まっていることについては「一連の国会答弁で、私の立場は尽きている」と述べるにとどめた。

 与謝野担当相は25日のフジテレビの番組でも「金融政策に対する信認は揺るがない」と述べるとともに、世界的な株価調整や原油価格の高止まりなど不安定要素がある中で「こういうとき日本から誤ったメッセージを出してはいけない」と述べ、福井総裁を擁護する発言を行っている。


[ロイター27日=東京]

 (06/06/27 13:32)  





■関連文章
  • 日銀は数カ月のうちにゼロ金利解除の公算─与謝野担当相=WSJ(06/06/22)
  • 中国の人民元改革、まだ十分とは言えない=アダムズ米財務次官(06/06/16)
  • 諮問会議が歳出・歳入一体改革で本格始動(06/06/01)
  • 経済改革から政治改革へ、中共上層部経済改革会議、多党制度などに触れる(06/05/01)
  • 中国の民衆、冤罪事例3000万件に怒りの上京直訴(06/04/25)
  • 米有力議員、対中国製品への関税法案を延期(06/04/06)
  • 日本の司法制度改革、弁護士不足に対応(06/04/03)
  • 焦国標氏:日米は胡錦涛総書記の政治改革に支援を(06/03/21)
  • 中国と北朝鮮は永遠の同志なのか?(06/02/09)
  • 中国経済の現状と展望 その三(06/02/05)
  • 香港の行政トップ・曾蔭権氏、任期内に政治改革法案を提出せず(06/01/13)
  • 中国の地下水、9割が汚染(05/12/29)
  • 香港選挙制度:改革法案、否決(05/12/22)
  • 香港:12月4日に普通選挙を求める市民抗議集会(05/12/01)
  • 中国の医療をめぐる汚職(05/11/18)