THE EPOCH TIMES

欧州議会議長、中国民衆の共産党離脱ブームを評価

2009年07月31日 00時10分
 【大紀元日本7月31日】欧州議会の新任議長に当選したポーランドの元総理イェジ・ブゼク(Jerzy Buzek)氏は7月15日、就任後初の記者会見を開いた。記者の質問に、中国で広がりを見せている共産党離脱ブームについて、「とても良い方法だ」と評価した。

 中国の人権問題について,ブゼク議長は1989年に発生した中国当局による学生民主運動への武力弾圧「天安門事件」などを挙げ、人権は民主、社会経済のすべての人類活動の原点であり、決して軽視してはならないと述べた。中国の民主と人権などの記者の質問に、人権は民主、社会経済のすべての人類活動の原点であると指摘。

 弊紙や中国語衛星放送局「新唐人テレビ」など中共当局のコントロールを受けない中国情報メディアについて、ブゼク議長は「あなたたちは人々に希望をもたらしている。そのことに感謝を表したい。その重要性を知っている我々は皆さんを支持する」と述べ、自らの次のような実体験を明かした。

 「私たちが水面下で反共産党政権の活動を行っていた時期だった。毎日、逮捕される危険に直面していたが、全員が非常に積極的だった。当時の私たちにとって、もっとも重要なのは、欧米民主国家のラジオ放送を受信することだった。それを通して、自分たちには民主を求める権利があり、正義が自分たちの味方であることを確信できた。なので、我々もいまのあなたたちを同様に支持しなければならない」

 今年69歳のブゼク議長は元共産主義国家・ポーランド出身の技術科学者、共産主義政権に反対する人権活動家でもあった。1980年代に「ポーランド団結労働組合」に参加、平和的な方式で共産主義政権を解体させる活動を率いていた。

(記者・李孜、翻訳編集・叶子)

関連キーワード

関連特集

^