講演「東アジアにおける日本と台湾の現状及び日台関係の展望」=元農林水産大臣・中川昭一

 【大紀元日本4月17日】元農林水産大臣で現与党自民党の政調会長である中川昭一衆議院議員(53)=北海道第11区選出=が15日午後、東京虎ノ門のホテルニューオークラ別館で、日台医師連合の招きにより「東
2007/04/17

法輪功団体、「中国自由文化運動」特別賞受賞

 【大紀元日本4月10日】海外中国知識人が主体となり、思想と文化の自由を提唱する「中国自由文化運動」委員会が8日、ニュージーランドのオークランド市で2007年度精神信仰特別賞受賞式を開き、法輪功修煉団
2007/04/10

EU議会副議長:高智晟弁護士の迫害停止と北京五輪ボイコット呼びかけ

 【大紀元日本4月9日】欧州議会エドワード・マクミラン・スコット(Edward McMillan-Scott)副議長は、中国人権弁護士・高智晟氏の近況を知り、中国共産党(中共)に対して、高氏が受けてい
2007/04/09

自宅軟禁の高智晟弁護士、逮捕後8ヶ月ぶり、真相を明かす

 【大紀元日本4月9日】昨年12月から自宅に軟禁され厳しい監視下で外部との連絡を絶たれていた中国の人権弁護士・高智晟氏が4月6日、北京の支援者への電話連絡に成功し、刑務所で受けた拷問や、家族の状況など
2007/04/09

「今後100年間は民主化しない」=温家宝首相、文書で示唆

 【大紀元日本3月9日】中国メディアはこのほど、温家宝首相の対外政策に関する文章を発表、文章中で、中国共産党は今後100年間、民主化を実行する計画がないことを示唆した。  _deng_小平路線を踏襲 
2007/03/09

中国の身分差別、戸籍制度の改革

 【大紀元日本3月5日】戸籍上の違いで「社会保障」「教育」「就業」「交通事故賠償」が違うため、「同じ命だが価値が違う」などの種々の理不尽な不合理規定に対して、戸籍制度改革の声が日に日に増している。中国
2007/03/05

香港大紀元スタッフ、シドニーで亡命記者会見  中共にスパイ工作強要された

 【大紀元日本2月25日】2月15日昼オーストラリアのシドニー市内で大紀元時報主催の記者会見が行われ、中国から亡命した香港大紀元時報のスタッフ王漣氏が、同国メディアに中国共産党の国安(情報組織)に「香
2007/02/25

北朝鮮難民救援基金「救援グループJYO」、咸鏡北道で支援活動

 【大紀元日本2月24日】北朝鮮難民救援基金「救援グループJYO」はこのほど、日本市民からの支援募金30万円を使って、北朝鮮咸鏡北道に配給作戦を行い、無事終了した。 2006年11月末からおよそ10日
2007/02/24

中国河北省:生活苦の農民ら、「立て抗」に忍び込み生き埋め

 【大紀元日本2月15日】1月31日午前、河北省武安市百官村の廃虚となった「立て抗(垂直に掘り下げた鉱床)」で、村人3人が忍び込んで鉱石を拾っていたところ、武安市安全管理局の埋め立てに遭い、立て抗下で
2007/02/15

三農問題の根本は、現国家体制に有る=中国有識者

 【大紀元日本2月6日】 中国政府がこのほど発表した「国務院一号公文書」には、農業を現代化する公的方針が書かれている。有識者の分析では、中国政府のこの政策では、農業を近代化する各種の障壁は取り除けない
2007/02/06

中国の貴重文物1000万件余、既に海外流出

 【大紀元日本1月30日】中国の貴重な文物多数が既に海外に流出、それは早くも1840年代から始まり、現在までに1000万件余に達しているという。「香港明報」が伝えた。 大陸の「中国文物学会」統計による
2007/01/30

台湾大陸委員会、「大陸版」難民法案提出

 【大紀元日本1月28日】台湾行政院・大陸委員会はこのほど、「大陸版」難民法案を新たに草案し、中国大陸、香港、マカオから台湾に亡命して政治的庇護を求める難民を保護する意向だ。同委員会副主任・游盈隆氏は
2007/01/28

来日外国人、700万人突破、6割が韓台中

 【大紀元日本1月28日】独立行政法人・国際観光振興機構の発表(26日)によると、2006年度日本を訪れた外国人は、前年度比9%増で700万人を突破した。韓国をトップに台湾、中国の順で、韓台中で全体の
2007/01/28

台湾国防部が警戒、中国浙江省に「殲(せん)10」戦闘機航空部隊

 【大紀元日本1月26日】 台湾「中国時報」によると、中国はこのほど「殲10」(J-10、F-10)戦闘機12機を台湾海峡から500kmの浙江省空軍基地に配備した。台湾国防部は、中国がすでに「殲10」
2007/01/26

中南海の暗闘:中共党中央の故・薄一波氏に対する「死後評価」

 【大紀元日本1月25日】強硬派で知られる中共の古参幹部、薄一波(享年99)氏が15日、北京市内の病院で亡くなった。大陸メディアは、党中央の薄氏に対する「死後評価」をこぞって掲載、「薄一波氏は、中国共
2007/01/25

中国新聞出版総署、歴史文学分野の出版物八件を発禁処分

 【大紀元日本1月22日】中国新聞出版総署はこのほど、北京在住の著名作家・章詒和氏の著書『伶人往事』などを含む歴史文学分野の出版物八件を新たに発禁処分とした。これらの著書は、中国知識層が中国現代史につ
2007/01/22

人民解放海軍、空母保有の模索

 【大紀元日本1月22日】北京「青年報」はこのほど、米国ワシントンの大統領府・国防省と密接な関係にある米軍事シンクタンク情報筋の話を引用、中国が航空母艦を決定するまでの内幕について報じるとともに、中国
2007/01/22

中国青少年犯罪: 5年間で刑法犯全体の7割以上、進む低年齢化

 【大紀元日本1月19日】中国政府の発表によると、この5年間で青少年犯罪は大幅に上昇し刑法犯全体の70%以上を占めるという。中国の研究者によると、その主要な原因は、新しく出現した青少年の暴力文化だ。政
2007/01/19

北京の貧困学生、春節に帰省できず

 【大紀元日本1月18日】「中国扶貧基金会」の報告によると、北京在住の貧困大学生の約70%前後が、旧正月の春節(2007年は2月18日)あわせて帰郷できないという。北京の貧困学生のうち73%は、毎年故
2007/01/18

「2007年外交展望」=拓殖大学教授・藤井厳喜氏講演

 【大紀元日本1月18日】拓殖大学客員教授で、「塗り変わる世界地図(ビジネス社)」などの著書で知られる藤井厳喜氏は16日、大手町サンケイビル3Fで「2007年外交展望」という演題で講演を行い、中国・朝
2007/01/18

中国:毎年15万人の児童、ストリート・チルドレンに

 【大紀元日本1月12日】北京「瞭望新聞週刊」によると、中国では毎年15万人の児童がストリート・チルドレンとなって街頭を彷徨し、コソ泥集団に利用されて、盗み、乞食、小広告の張り出しなどを行っている。彼
2007/01/12

釈放された高智晟氏、故郷で軟禁状態

 【大紀元日本1月8日】昨年8月に逮捕された中国の人権派弁護士・高智晟氏は、12月下旬に釈放された後、妻と子供と一緒に中国北部の陝西省(高氏の生まれ故郷)に軟禁されているという。各ルートの情報筋が明か
2007/01/08

北京人権弁護士・高智晟一家、北京から追放か

 【大紀元日本1月3日】情報によると、中共当局に「国家政権転覆扇動罪」に問われ執行猶予判決で自宅に戻り軟禁された中国人権弁護士高智晟氏の一家4人が1月1日夜、北京市公安局国保総隊に連行され北京市から追
2007/01/03

2007年には土地使用料を倍に値上げ=中国国土資源部

 【大紀元日本1月2日】中国国土資源部は先月24日、過大な土地取得による不動産相場価格の高騰を抑えるため、2007年に都市の土地供給を厳しく制限すると発表した。本年1月1日から新建設用地の有償使用費を
2007/01/02

中国大陸:南寧地震局、蛇で地震予知

 【大紀元日本1月2日】「中国日報」は先月27日、広西チワン族自治区の首府・南寧市の地震局で、蛇の自然行動を観察して地震を予知するシステムが開発されていると報じた。同地震局の専門家は、インターネットに
2007/01/02

2007年アジア経済展望 リスク潜む中国経済成長

 【大紀元日本1月1日】2006年、日本経済景気の回復とはじめ、インド、ベトナム、中国などのアジア各国はそれぞれ著しい景気拡大を遂げた。2007年、アジア経済成長が引き続き加速していくのか?  リスク
2007/01/02

年末年始、北京公安が天安門地区で厳戒態勢

 【大紀元日本1月1日】年末年始、北京では天安門広場を中心とする周辺街道は24時間パトロールを実施し強化、厳戒態勢に移行する。新華社通信によると、年末年始にかけ、北京市警は「巡回地区を定めて、警察車両
2007/01/01

フィリピン・パラワン州知事ら、中国漁民の領海侵犯行為に抗議

 【大紀元日本12月30日】香港の漁船がフィリピン・パラワン州の領海を侵犯し、保護指定の海洋生物を密漁したとしてフィリピン海軍に拘束されている案件で、パラワン州の各界指導層は28日、中国漁民の長年に渡
2006/12/30

アフリカに武器輸出で資源獲得の中国

 【大紀元日本12月28日】紛争が多いアフリカ諸国に、多量の中国から輸入された武器が使われている。中国のアフリカへの援助戦略は、実際は武器を売って資源を獲得していると西側諸国から批判されている。米VO
2006/12/28

中国は世界の工場か、「ごみ箱」か?

 【大紀元日本12月28日】中国の世界貿易機構(WTO)加盟から5年が経過するが、その高速な経済発展を賞賛する世情の評価とは裏腹に、米国の中国経済専門家は、5年来の急速な経済成長により、中国が世界の工
2006/12/28