中国各地炭鉱事故相次ぐ、死者7人、20数人

 【大紀元日本10月30日】10月25日から28日までに中国各地で炭鉱事故が相次いだ。炭鉱内でガス爆発、浸水などが原因とみられる。すでに7人の死亡が確認され、行く不明者4人、炭鉱内に閉じこまれた作業員
2007/10/30

ミャンマー情勢、鍵を握る中国

 【大紀元日本10月4日】ミャンマー軍事政権が僧侶と民衆による反政府デモを武力弾圧した問題について、欧米諸国は、同政権に最も影響力を持つ中国当局が圧力をかけ、弾圧を停止させることに期待を寄せている。一
2007/10/04

上海協力機構(SCO)首脳会議、中国側エネルギー確保重視

 【大紀元日本8月19日】中国、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタンからなる上海協力機構(SCO)は8月16日、キルギス首都のビシケクで開かれた首脳会議を終えた。胡錦濤・中
2007/08/19

ヒマラヤ山脈氷河融解が加速、20億人に影響

 【大紀元日本8月6日】インド洋の上空に石炭灰、酸性物とその他の有害粒子によって形成される大きな雲が存在していると、科学者は指摘している。この雲は「アジア褐色雲」(Asian Brown Cloud)
2007/08/06

スピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問辞退を示唆   

 【大紀元日本7月29日】北京五輪の芸術顧問を務める米ハリウッドの有名映画監督スピルバーグ氏は、中国当局がスーダンのダルフール地区でのジェノサイド犯罪の解決に協力しなければ、芸術顧問から降りる可能性が
2007/07/29

世界初の商用太陽エネルギー発電所=スペインセビリア

 【大紀元日本7月22日】世界で初の商用太陽エネルギー発電所が、スペインのセビリアから南へ25キロほどの日照の強いサンルカ・ラ・メイヤーという都市にある。2001年から約4年の歳月をかけて建造された。
2007/07/22

エネルギーと水、食物の安定供給が人類最大の挑戦=米シンクタンク

 【大紀元日本7月16日】米シンクタンク「アトランティック・カウンシル」は数年前から事業者、学界および政界の専門家を招集し21世紀の重大な挑戦と、世界民主と自由発展の研究を行っている。専門家たちはエネ
2007/07/16

中国貴州省で炭鉱ガス事故

 【大紀元日本6月18日】中国貴州省の遵義市習水県仙源鎮の萬金・炭鉱で、14日午後1時50分(現地時間)、石炭とガスの噴出事故が発生、地下で作業中の作業員9人が死亡、4人が負傷した。 中国当局のメディ
2007/06/18

スウェーデン首相、胡主席に中国人権問題の改善を促す

 【大紀元日本6月12日】胡錦涛・中国国家主席は、カール16世グスタフ・スウェーデン国王の招待を受け、同国を三日間訪問した。中国の最高指導者の初の訪問を契機に、ラインフェルト首相は会談の際、中国の人権
2007/06/12

米エネルギー報告:2030年まで、世界エネルギー総消費57%増

 【大紀元日本5月27日】米エネルギー省情報局(EIA)は5月22日に、2007年世界エネルギー展望報告で、主にアジア開発途上国のエネルギー需要の激増により、世界のエネルギー総消費は2004年から20
2007/05/27

5年以内に決定下せば、気候変動の制御は可能=WWF

 【大紀元日本5月18日】世界自然基金会(World Wide Fund for Nature、以下、WWF)はこのほど、世界において十分なエネルギーおよび科学技術で気候変動を制御することが可能との報
2007/05/18

中国:環境汚染で3千社が強制閉鎖、進まぬ改善策

 【大紀元日本5月10日】中国は昨年、環境汚染問題に取り組み、3千社あまりの企業が強制閉鎖されたが、昨年のエネルギー消費と排気排出量の規定目標をクリアできなかった。専門家によると、その原因は、石炭を主
2007/05/10

国際圧力を無視、北京当局はスーダンと軍事協力に合意

 【大紀元日本4月8日】新華社によると、中国の曹剛川・国防部長は4月1日より訪中しているスーダンのアイハマイド・ジリ武装部隊連合参謀長に対して、中国当局は両国間の軍事協力を行うことを明らかにした。これ
2007/04/08

中国:1月度、石炭輸入国に転じる

 【大紀元日本2月28日】 中国税関総管理署(General Administration of Customs)が2月25日に公表したところによると、中国の1月度石炭輸入量は前年度同期比81・1%増
2007/02/28

中国環境保護当局:四大電力会社など、環境基準違反でブラックリストに

 【大紀元日本1月13日】中国国家環境保護総局はこのほど、中国の四大電力会社グループおよび4つの行政区域などを環境基準に違反したことを理由に、合計投資金額1123億元(約12兆8920億円)、全82の
2007/01/13

中共:ロシアのエネルギー、市場獲得作戦

 【大紀元日本6月27日】エネルギー戦略上、ロシアへ進出した中共は、高い代償を支払いつつある。中共は再び、ロシア国営エネルギー企業の資産規模拡大に巨額な資金を費やしたという。事前に成立した協議により、
2006/06/27

中共・温家宝首相、アフリカ歴訪、資源外交を開始

 【大紀元日本6月19日】中共・温家宝首相は、17日より1週間にわたり、アフリカ7ヶ国の歴訪を開始した。18日、最初の訪問国エジプトに到着し、ジナフ首相会談を行い、両国間の投資、輸出等について協議した
2006/06/19

G8、エネルギーで市場重視アプローチに向け合意近づく=当局者

 8カ国財務相会合(G8)当局者はロイターに対し、8カ国がエネルギー安全保障問題で市場を重視したアプローチが必要な点でコンセンサスに近づきつつあると述べた。 サンクトペテルブルクで9日から2日間の日程
2006/06/10

「中央アジア+日本」外相会合、中露けん制への関係強化

 【大紀元日本6月6日】麻生外相は5日東京で、中央アジアのカザフ、キルギス、タジク、ウズベク四カ国の外相と、「日本と中央アジアの外相会談」の第2回外相会合を行い、この地域の国々とは初めてとなる行動計画
2006/06/06

今年も「クール・ビズ」、小池環境相デザイン「風呂敷」でアピール

 【大紀元日本5月21日】小池百合子環境相は17日、東京で開かれた記者会見で、地球温暖化問題に対する日本の取り組みを説明した。同相は、地球温暖化対策および循環型社会の構築が日本の環境保全の2大柱である
2006/05/21

第5回東シナ海ガス田協議、見解の相違、協議に至らず

 【大紀元日本5月20日】東シナ海の天然ガス田開発問題を巡る第5回日中局長級協議は18日、都内で行われた。日中双方は共同開発問題における見解の相違が平行線のままのため、実質的な進展はなかったが、次回の
2006/05/20

専門家:東シナ海ガス田開発、難航する問題を分析

 【大紀元日本5月19日】「米華民主正義論壇」は14日、国際法および海洋法の専門家・傳琨成(チュアン・クンジョン)博士を招き、ニューヨーク・フラッシング地区のアジア環太平洋事務研究センタ
2006/05/19

米フロリダ州シンポジウム:中共の台湾侵攻はあり得るのか

 【大紀元日本3月31日】フロリダ州マイアミ市のペンブロク・パインズで「2006年海外華人新構想」シンポジウムが3月4日、開催された。「共産党は台湾を攻撃するのか」「攻撃するとしたら、可能性としていつ
2006/03/31

中露エネルギー関連協力は実現できるのか?

 【大紀元日本3月29日】「エネルギーの旅」と呼ばれるロシアプーチン大統領先週の中国訪問では、中露が3月21日ロシアのプーチン大統領と胡錦涛氏は北京で会談した(Getty Images)エネルギー関連
2006/03/29

ニューヨーク・タイムズ紙:米・印・中の三角関係を分析

 【大紀元日本3月8日】ニューヨーク・タイムズ紙は1日、米国外交関係委員会の公式ホームページの特約ライター、エスター・パン氏の論評を掲載、エネルギー、貿易、国防安全保障等の問題について米・印・中の三角
2006/03/08

ドイツのメディア各社、中共全人代を痛烈批判

 【大紀元日本3月7日】ドイツ最大手テレビ局「ドイツ放送連盟」(通称ARD-TV)は、5日に開幕した中共全国人民代表大会(以下、全人代)を報道、「例年の如く」のタイトルを付け、温家宝首相の開幕スピーチ
2006/03/07

米シンクタンク:深刻な環境破滅を招く中国経済発展方式

 【大紀元日本1月12日】米シンクタンク地球政策研究所はこのほど、ワシントンで記者会見を開き、ライスト・ブラウン氏の新しい著作「B2・0計画」を紹介した。 記者会見会場(大紀元)ブラウン氏は1974年
2006/01/12

ロシア:ヨーロッパ向け天然ガス増量、ウクライナと対立激化

 【大紀元日本1月5日】ロシアとウクライナの天然ガス価格交渉の決裂でウクライナへの天然ガス供給停止の影響のほかオーストリア、ハンガリー、チェコなどヨーロッパ各国へのガス供給量も一時減少となったが、ロシ
2006/01/05

ロシア:天然ガス、新しい外交武器に

 【大紀元日本12月29日】天然ガスを取り扱うロシア国営のガスプロ社は今冬、ウクライナに対して、天然ガスの提供で5倍も値上げを要求している。今回の値上げは、2004年ウクライナの大統領選挙に、ロシアが
2005/12/29

2005年中国炭鉱業における事故被害者の記録

 【大紀元日本12月17日】中国のエネルギー需要が高まる中、炭鉱業界では経営者らが莫大な経済利益を追求するあまり、安全管理などの問題が無視されてきた。統計によると、中国において炭鉱生産量100万tあた
2005/12/17