大紀元時報
トップ 免疫
免疫
Photo by Brooke Lark on Unsplash
2020.05.04
健康に対する怒りの危害とその対策

喜怒衰楽は、一般の人なら誰でもある感情ですが、これらの感情の変化が一定の限界を超えると、健康にさまざまな悪影響を与えることになり、健康のために穏やかな心を保つこと...

Pixabay
2020.04.25
死に直面して感じる、幸福感の不思議

最新のある研究で、興味深い現象があった。人は、自分の死を想像する時、悲しみよりもむしろ幸福を覚えるというのだ。

(Epoch Times Uplift)
2020.03.24
体内に2つのDNAが
生まれつきのアザ 原因は双子の姉妹

物ごころついた時から、「他の女の子みたいになりたい」という強い願望があったと話すタイラー・ムールさん(Taylor Muhl)。また、彼女の記憶では、何度も母親に...

Shutterstock
2020.03.10
卵を食べて 一石二鳥

たまごにまつわる間違った情報はインターネットにたくさん出回っています。世界中、どこでもたまごは優れた食品として認識されています。朝食に食べなくても、パンやミートボ...

(Lopolo/Shutterstock)
2019.07.16
赤ちゃんの免疫システム 時とともに成長、母親の影響で活性化に弾み

生後間もない赤ちゃんの免疫システムは、他の器官同様、完全ではありませんが、細胞、タンパク質などからなる保護機能である免疫力は、無数の病原体から赤ちゃんを守るために...

Shutterstock
2019.07.07
卵を食べて 一石二鳥

たまごにまつわる間違った情報はインターネットにたくさん出回っています。世界中、どこでもたまごは優れた食品として認識されています。朝食に食べなくても、パンやミートボ...

(Epoch Times Uplift)
2017.12.25
体内に2つのDNAが
生まれつきのアザ 原因は双子の姉妹

物ごころついた時から、「他の女の子みたいになりたい」という強い願望があったと話すタイラー・ムールさん(Taylor Muhl)。また、彼女の記憶では、何度も母親に...

Ethan Prater/Flickr
2014.03.25
ガンに対するもう一つの見方

現代では、経済的に発展した国の死亡原因の第一位はガンである。

(TANAKA Juuyoh /Flickr)
2013.04.30
春の温病とその予防対策

【大紀元日本4月30日】漢方医学では、発熱を主症状とした急性疾患を「温病」(おんびょう)と呼び、春に発生する温病を「春温」(しゅんおん)或いは「風温」(ふうおん)...

(TANAKA Juuyoh/Flickr)
2013.04.24
【医学古今】 免疫力増強に鍼灸の療法

【大紀元日本4月24日】免疫力の増強にワクチン接種は有効な方法です。しかし、これによって得られた免疫力は特定の感染源にしか効果がありません。感染源が特定できない場...

図の解説:外周の血液から分離した好中球細胞を対外で16時間培養した後の結果。細胞を染色した後、顕微鏡で観察した。健康な好中球細胞は青の矢印で、死亡細胞は黒の矢印で、また赤血球は赤の矢印で示している。左の図(FLG)は法輪功を修煉する人の細胞で全て生きているが、右の図の健康な人の細胞ではおおむね死亡してしまっているのが分かる。
2005.03.24
法輪功の修煉は免疫系統を改善

【大紀元3月18日付】(大紀元記者方洪)米国の研究者が先月発表した研究結果により、法輪功の修煉が分子レベルで遺伝子の調節作用を発現させることが判明した。■遺伝子活...

^