大紀元時報
トップ 弁護士
弁護士
唐吉田元弁護士(大紀元)
2021/06/02
意識不明の娘に会いたい 中国の元弁護士が出国試みるも当局に阻まれる

中国の著名な元弁護士である唐吉田さんは2日、留学先の日本で結核を患い意識不明の重体になっている娘に会うため出国を試みたが、中国当局によって阻まれた。中国の人権問題...

2021/05/10
高智晟著『神とともに戦う』(59)“黄じいさん”の暴力的立ち退きから1年⑥

中国で今日発生している、野蛮な暴力を主な手段とする強制立ち退き、およびその他の数多(あまた)の公然と存在する、無辜の公民に対する残忍な悪行は、モラルある社会に恐怖...

2021/05/08
高智晟著『神とともに戦う』(57)“黄じいさん”の暴力的立ち退きから1年④

2004年末、北京の障害者、李大成さんが手紙でこう窮状を訴えた。「2004年11月5日の早朝、正体不明の屈強な男たちが突如、私の会社と家に押し入ってきました。私は...

2021/05/07
高智晟著『神とともに戦う』(56) “黄じいさん”の暴力的立ち退きから1年③

2004年5月14日、朱租德、王翠娣という上海の老夫婦が、私にあてた手紙で自分たちの窮状と絶望を訴えてきた。「上海市宝山区の地元政府と公安局が、警官、私服警察官、...

2021/05/03
高智晟著『神とともに戦う』(53) 道義が私を突き動かした③

この一連の裁判はどれも勝訴した。勝訴したからこそ、私には彼らについて批評することができる。 これらの裁判で我々が目にしたものとは何か。何よりも道義と良知に対する民...

2021/05/01
高智晟著『神とともに戦う』(51) 道義が私を突き動かした①

周成漢という子供も、鄒偉毅と同じように薬の過剰投与が招いた医療事故に遭い、同じように両耳の聴覚を失なった。そして、同じように私が裁判で弁護をしたが、この子は偉毅く...

2021/04/30
高智晟著『神とともに戦う』(50) 障害児の無念を晴らすために⑤

道義が私を突き動かした 鄒偉毅くんの医療事故の案件は、私にとって生涯忘れえぬものとなった。当時、私は情熱を胸に、彼らのために身を粉にして努力した。そのことは、今思...

2021/04/29
高智晟著『神とともに戦う』(49)障害児の無念を晴らすために④

相手は権力者だったので、この裁判の判決はなかなか下りなかった。春節(旧正月)の前、私は辛辣な言葉を添えたファックスを裁判所に送ったほか、原告の子供には200元を送...

2021/04/28
高智晟著『神とともに戦う』(48) 障害児の無念を晴らすために③

その日、法廷の審理は7時間にも及んだ。昼の休廷の時、依頼人たちと一緒に食事に出ると、子供の祖母は「今日のお昼は私がごちそうしますよ。断らないでくださいね。それじゃ...

2021/04/27
高智晟著『神とともに戦う』(47) 障害児の無念を晴らすために②

この案件を7月末に引き受けてから、私は電話で現地に指示を出し調査を始めた。こうした地道な調査で、合わせて13の証拠を入手した。11月3日、私は助手を連れて瀋陽に行...

2021/04/26
高智晟著『神とともに戦う』(46) 障害児の無念を晴らすために①

私の担当した案件の一部には、なかなか興味深いものがある。あるいはニュースとして話題性のあるものといってもよい。それらはどれも社会的弱者への無料裁判援助や、被害児童...

2021/04/25
高智晟著『神とともに戦う』(45)司法部の野蛮行為に対する反論③

北京市司法局の無法ぶりを数え上げればきりがない。例えば毎年、中央省庁(司法部)の支持の下、憲法や法律に露骨に反して、弁護士および弁護士事務所に対するいわゆる「検査...

2021/04/24
高智晟著『神とともに戦う』(44) 司法部の野蛮行為に対する反論②

この頃、司法部(訳注、日本の法務省に相当)と北京市の司法局は、常軌を逸したかのごとく私への個人攻撃を行っていた。これは全く正気の沙汰ではなかった。実際、彼らのやる...

2021/04/23
高智晟著『神とともに戦う』(43)司法部の野蛮行為に対する反論①

私はかつて、「政府が何もしないことこそ、人民にとって一番の善行である」と題する文章をつづった。実際、何もしないほうが政府にとっても良いことなのだ。何もしないならと...

2021/04/22
高智晟著『神とともに戦う』(42)弁護士の使命(9)

いかなる非常識な行為、あるいは憲法に反する行為に対して、中国の「憲法」は全く制約する力を有していない。したがって、現実の日常には違憲の悪例があふれかえっている。一...

2021/04/21
高智晟著『神とともに戦う』(41)弁護士の使命(8)

法律を学ぶ者はもちろん、読者各位もよくご存知のように、憲法は法律の母として尊ばれている。これは国の規則であり、法律の法律であり、国家の政治秩序や法律秩序を安定させ...

2021/04/20
高智晟著『神とともに戦う』(40)弁護士の使命(7)

法律や法治を一種の目標として、意思や方法・信念の面で追求していっても危険がないのなら、それは喜ばしいことである。目標に通ずるその道のりに一歩踏み出せたら、気持ちが...

2021/04/19
高智晟著『神とともに戦う』(39)弁護士の使命(6)

3、弁護士使命の実践のために 弁護士はいかにして、自分の使命を実践するのか。ここで実際にまず向かい合わねばならない使命、それは「我々が直面する必要のある問題をきち...

2021/04/16
高智晟著『神とともに戦う』(36)弁護士の使命(3)

訴訟を手がける弁護士として、これらはいずれも心に深く刻まれた思いである。例えば、かつて私が担当した「シリコン資産権をめぐる係争案」の一審で、私は大敗を喫した。これ...

2021/04/09
高智晟著『神とともに戦う』(29) 孤独な者の孤独な夜③

こんなこともあった。地方税務部門に勤める友人は私に、カシュガル地区麦盖堤県の国税局局長・蔡軍の話をしてくれた。

2021/04/07
高智晟著『神とともに戦う』(27) 孤独な者の孤独な夜

友人が送ってくれた袁紅冰(北京大学法学部の元教授)氏の『高智晟弁護士の孤独』という文を読んだ時、私は涙をこらえられなかった。袁氏は、中国の弁護士全体に対して鋭い喝...

2021/04/06
高智晟著『神とともに戦う』(26)中国の弁護士の悲哀②

中国の闇はあまりにも多すぎる。とりわけ制度によって公民が受ける被害は深刻だ。だが、これは断じて悲哀の全てではない。我々の悲哀とはすなわち、公式・非公式にかかわらず...

2021/04/05
高智晟著『神とともに戦う』(25)中国の弁護士の悲哀

私が弁護士となって最初に引き受けたのは、無償の裁判であった。その後、毎年3分の1の精力は、貧しい人々のため無償の裁判へと注いだ。7年来、この点は常に一貫していた。...

2021/04/04
高智晟著『神とともに戦う』(24)どの案件もはらむ制度問題(2)

強制立ち退き裁判は完敗! 私が手がけた強制立ち退きの裁判は100戦100敗、つまり100%の負けである。この数字は政府の公式統計ではないので、絶対に正確だといえる...

2021/04/03
高智晟著『神とともに戦う』(23)どの案件もはらむ制度問題

中国は、法治国家とは異なる。どんな小さな案件であれ、あらゆる案件が最終的に浮き彫りにするのは、あまりにも深い制度上の問題だ。これは紛れもない、しかし非常に重い事実...

2021/04/02
高智晟著『神とともに戦う』(22)夫人が見た高智晟(4)

我が家は「船」、夫は「船長」 陕北油田の投資者を弁護した北京の弁護士・朱久虎が逮捕された。高智晟はその知らせを聞くや否や、彼を助けようと陝西省北部の...

2021/04/01
高智晟著『神とともに戦う』(21) 夫人が見た高智晟(3)

まるで「壁に耳あり障子に目あり」であった。そのため、夫が家に不在の時、耿和は夜でも通りに面した部屋の明かりをつけようともせず、子どもにも小声で話すよう言い含めた。...

2021/03/31
高智晟著『神とともに戦う』(20)夫人が見た高智晟(2)

90年の8月1日、2人は結婚証明書を受け取ったが、その後は別れて暮らすこと4年。94年になって、耿和は何とか高智晟の戸籍をウルムチへ移し、ウルムチのセメント工場で...

2021/03/30
高智晟著『神とともに戦う』(19)夫人が見た高智晟(1)

(訳者注)本項は高智晟 弁護士の妻・耿和氏の口述をもとに書かれているため、前項までの第一人称体である「私(高弁護士)」とは異なった文体になっています。

2021/03/29
高智晟著『神とともに戦う』(18) 我が平民の母(7)

【大紀元日本1月20日】私たち7人の子どものすべてが、母の精神世界にとっての中心だった。たとえ今わの際になっても、わが子と孫たちの名を繰り返し呼び続けた。息を引き...

^