自民党が抱える「政高党低」問題とはなにか 総裁選候補者が解決に意欲

自民党政権が長期化するにつれ、政府官邸の影響力が党を上回る「政高党低」の現象が国会議員の間でも議論されるようになっている。このことはコロナ禍で特に顕在化し、地域の声が政府の政策に反映されないとの指摘もある。この問題にどのように対処していくのか。候補者たちが考えを語った。
2021/09/27

政治と自民党に対する国民の信頼をどのように回復するのか 4候補が語るそれぞれの想い

近年、政治家の不祥事や公約の未達成などにより、国民の政治に対する信頼の低迷がしばしば指摘される。そしてコロナ禍においては、政府への信頼が低下しているとのデータもある。国民の信頼を取り戻すためにやるべき事は何か。自民党の若手議員からなる「党風一新の会(代表世話人:福田達夫氏)」が4人の候補者に聞いた。
2021/09/25

米国防総省、ギングリッチ元下院議長や戦略家ルトワック氏ら8人 国防政策委員会新メンバーに任命

米国防総省は12月14日、国防政策委員会(Defense Policy Board)の新たな委員に、ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)元共和党下院議長や戦略研究家エドワード・ルトワック(Edward Luttwak)氏ら8人を任命した。トランプ政権はこの数週間で、国防総省人事を一新している。
2020/12/15

中国「第二の軍事力」武装警察の2重管轄解消へ、クーデター実行の過去も

「第二の軍事力」と称される武装警察部隊(以下、武警部隊)に習近平政権はメスを入れた。中国全人代は10月31日、武警部隊改革の草案を審議した。同中央会議で武警部隊トップの王寧・司令員は改革の方針について「中央指導部・中央軍事委員会による一括集中指導を強化する」と述べ、改革で指揮・管理の体制、組織構造を見直すと説明した。改革案の詳細はこれから決めていくという。
2017/11/06

習政権、陸軍5つの集団を廃止 専門人材雇用を拡大へ

中国習近平国家主席が今月2~3日に「中央軍事委員会の軍隊規模構造及び兵力編成に関する改革工作会議」を主催し、昨年11月に行った中国人民解放軍改革の第1弾に続き、来年から新たな改革計画を実施する方針を示した。
2016/12/13

習氏「改革は一つの革命だ」と発言 その真意は?

習近平国家主席は7月22日に開催された全国改革強化小組第26回会議において、「改革は革命だ」と強調した。前回6月27日の会議に続き、習主席は2回、公の場で「革命」を口にした。
2016/07/28

国有鉄鋼大手2社、合併に向けて協議

中国鉄鋼大手の宝山鋼鉄集団と武漢鋼鉄集団は6月26日、両社は戦略的再建について協議をしていると公表した。これを受けて、上海証券取引所は27日に両社の上場部門の株式売買を停止した。
2016/07/04

「国有企業管理層を大幅縮減」-李克強首相

中国政府当局の政策や情報を発信する「中国政府網」(5月18日付)によると、李克強首相は今後3年間に中央政府直轄国有企業(央企)の管理層に対して、現在の5~9層から3~4層以下に縮減させるなど、国有企業改革に関するいくつかの方針を明示した。
2016/05/23

中国「一行三会」改革 イギリス金融監督体制がモデル=香港メディア

 香港メディア「信報」5日付けによると、中国政府は現行のイギリス金融監督体制をならい、人民銀の下に新たに金融管理局と総合監督管理委員会を設置し、証監会と銀監会と保監会を統一に管理するという。
2016/04/07

【特別取材】習近平主席、民主化へ歩み=元北京大学助教授

海外交流サイト・フェイスブック(Facebook)の部分解禁、中台初の首脳会談、次期党後継者の指名制廃止のうわさ。最近の中国政策は歴代の共産党政権と異なっている。元北京大学ジャーナリズム学部助教授・焦国標氏は大紀元の取材に対し、「習近平氏は民主化へと歩み始めている」との見方を示した。
2015/11/27

中国改革指導チーム 胡耀邦・趙紫陽のシンクタンク返り咲きか

【大紀元日本1月17日】昨年末設立した中国共産党指導部の改革機構「改革を全面的に深化させる指導チーム」(以下・改革指導チーム)には80、90年代の胡耀邦及び趙紫陽政権で活躍し、江沢民時代で排除された改
2014/01/17

三中全会が閉幕 2つの機構新設 習陣営、実権拡大

【大紀元日本11月13日】北京で開かれていた中国共産党の第18期中央委員会第3回全体会議(三中全会)は12日、閉幕し、国内外の安全問題に対処する「国家安全委員会」と、改革を推進する「全面深化改革指導小
2013/11/13

【特別報道】法輪功問題の解決なければ、すべての改革は机上の空論

【大紀元日本11月5日】中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)の日程が発表される前日(10月28日)、天安門広場に車が突入、炎上する事件が発生し、世界メディアに注目された。事件は3中全
2013/11/05

「3千年に一度の変局に直面」 党幹部養成学校の機関紙が警告

先月29日の北京の人民大会堂で開かれた建国63周年祝賀会に出席した習近平氏(Feng Li/Getty Images【大紀元日本10月10日】中国共産党幹部の最高養成機関である中央党校の機関紙・学習時
2012/10/10

「国有銀行の金融独占を打破せよ」 温首相、銀行改革訴える 

 【大紀元日本4月6日】中国の温家宝首相は4日、国営ラジオに出演し、国有銀行の金融市場の独占地位を突破し、民間企業の参入を促すべきと、銀行改革を訴えた。また、最高指導部ではこの改革への意見が一致してい
2012/04/06

「深層改革なければ経済危機」 世界銀行、中国に改革を促す

 【大紀元日本2月27日】「深層改革を行わない限り、中国が経済危機に直面することになる」。世界銀行と中国国務院の発展研究センターが共同でまとめた報告書の警告だ。 『2030年の中国』と題するこの報告書
2012/02/27

チベット人中高生、大規模デモ 中国語による授業に反対=青海省

 【大紀元日本10月21日】中国青海省同仁県で19日、数千人のチベット人生徒が街頭に出て抗議デモを行なった。現地6カ所の民族学校に在学する生徒らが、「文化的平等を要求する」というスローガンを叫び、中国
2010/10/21

「政治改革しなければ政権は崩壊」 中国軍部高官、大胆な発言 軍内からも異変か

 【大紀元日本8月10日】5年に1度開かれる中国共産党全国代表大会の第18回大会(12年9月開催)に向けて、中共指導部が密かに権力闘争を繰り広げている。中国国防大学のトップ、劉亜州中将はこのほど、香港
2010/08/10

<評論>中共の「最も…」の先に待つものは?

 【大紀元日本11月1日】1949年以降、中国共産党は中国に関してさまざまな「最も…」を創り出してきた。「最も」幸せな国民、「最も」先進的な社会制度、「最も最も」偉大なリーダー、さらには、共産党の指導
2009/11/01

世界で最もお金のかかる政党

 【大紀元日本2月21日】中国系学者、穆正新という著名作家が、最近、米民間機関の「労働思想改造基金会」の主催する中国語ネットの刊行物『ウォッチング』に文章を発表した。「中国大陸の人民は全世界で最もお金
2009/02/21

<改革・開放30周年>元国家主席ブレーンが語る中国・改革の終焉

 【大紀元日本12月22日】今年は中国共産党が「改革開放」を訴え始めて30周年にあたる。30年前に_deng_小平が提案し実施したこの政策で中国経済は大きく発展したが、政治を完全に無視した経済改革で腐
2008/12/22

中国の発展には、共産党文化の解体が不可欠(3)

 【大紀元日本1月10日】党文化は、中国の進歩にとって障害である 第三点は、党文化は中国の進歩にとって障害であるということだ。 中共は現在、大国としての台頭を盛んに唱えており、手管を弄して、他の大国が
2008/01/10

中国の発展には、共産党文化の解体が不可欠(2)

 【大紀元日本1月8日】党文化の根本的特質 党文化の根本的特質とは、何であろうか?党文化とは、どこまでいっても絶えず変化し、調整する文化系統であり、究極的な価値基準のないものだ。 まず、西洋民主国家の
2008/01/08

中国の発展には、共産党文化の解体が不可欠(1)

【大紀元日本1月7日】(編者注:大紀元時報社は、2004年の社説『九評共産党』(邦訳:『共産党についての九つの論評』博大書店)に続き、2006年9月から新社説『解体党文化』の発表を始め、2007年2
2008/01/07

汪兆鈞の最高指導部宛の公開状、意義重大=中国文化部研究員・劉軍寧

 【大紀元日本11月18日】中国安徽省政治協商会議常務委員の汪兆鈞氏が出した最高指導部宛の公開状は、中国内外において広い関心を呼んでいる。中国当局文化部の直属機構「中国文化研究所」の研究員、北京大学の
2007/11/18

中国の改革、政治的に正しい方向で行う必要=胡錦涛国家主席

 中国の胡錦涛国家主席は、中国は経済・政治上の改革に積極的に取り組む、と述べたうえで、改革は「政治的に正しい方向で」実施しなければならない、との方針を示した。 今秋の共産党大会を控えて、党の教育機関で
2007/06/26

風雲人物伝:清廉高潔の人「王安石」

 【大紀元日本6月9日】王安石は、北宋時代の政治家で「唐宋八大家」の一人だ。彼は官位に有るときには清廉を通し、因習に囚われた朝廷の政治改革に鋭意努力したが、朝廷内の重臣たちの支持をとりつけることができ
2007/06/09

2006年話題の人物、「戦う首相」にカナダ・ハーパー首相=タイム誌

 【大紀元日本12月20日】タイム誌カナダ版最新号は、カナダ首相スティーブン・ハーパー氏を2006年度の話題の人物として選び、「戦う首相」(A Warrior In Power)と賞賛した。 個人の「
2006/12/20

中国の民衆、冤罪事例3000万件に怒りの上京直訴

 【大紀元日本4月25日】中共高級官僚が数十人と見識の深い経・法学者らがこのほど、北京郊外の杏林山荘に集合し「西山会議」を開催、席上で中国政法大学研究生院副院長・李曙光氏が、中国で昨年3000万件の上
2006/04/25