印刷版   

トルキスタン・イスラム党の録画映像、北京五輪襲撃などを予告

 【大紀元日本8月8日】  テロ組織などを監視し、その関連情報を収集する米国の情報企業によると、東トルキスタンの組織が最新の録画映像を公開、北京五輪期間中の襲撃を予告した。情報専門家は、この脅威を重要視すべきと指摘している。

 情報センター(IntelCenter)という米国企業は、トルキスタン・イスラム党と自称する組織からの録画映像を公開した。

 同映像は約6分間、機関銃を持つ覆面の男性が、自称トルキスタン・イスラム党の宗教教育機構に属し、ムスリムに対し、中国旅行あるいは北京五輪への参加を自粛するよう警告した。

 BBC中文ネットによると、この男は、中国および世界の他の地区において、ムスリムは中国人と同じ建物、商業施設、バス、列車にいないことや、中国人と同じ飛行機に搭乗しないことなどを警告した。

 BBCは、「その組織が中国および海外の華人をターゲットとする襲撃を暗示しているのではないか」と報じた。

 そのトルキスタン・イスラム党は7月にも類似の映像を公開、7月21日の中国昆明市、5月5日の上海市で発生した2件のバス爆破事件を実行した、と名乗っていた。

 中国当局は、この2件のバス爆破事件とテロの関連を否定している。

 上記の情報センター社のブンスカCEOは、トルキスタン・イスラム党には爆弾テロ襲撃を発動する能力があると指摘し、同組織は五輪を襲撃の目標とし、中国に打撃をもたらせるのを認識していると分析し、これらの要因を総合してみれば、関連の脅威を「重要視すべきである」と述べた。

 BBCによると、同組織は、中国当局が新疆ウイグル自治区で無神論教育を強制し、イスラム教伝教師を逮捕・殺害し、イスラム学校を取り締り、「一人っ子政策」を強制執行してイスラム婦女に強制中絶を強いるなどと非難した。

 中国当局はいま、北京などの五輪開催都市で10万人以上の警備体制を敷いている。専門家は、それにより、襲撃者は警備が比較的に弱い地区への攻撃を発動する可能性を示唆した。

 BBCによると、同組織の主要メンバーはパキスタンに留まっている、専門家はその核心的メンバーはタリパンの訓練を受けていたと指摘する。

 情報センター社はテロ組織などを監視し、関連の情報を収集する会社である。かつては米国CIAなどに情報を提供したことがあるという。

 
(翻訳・編集/叶子)


 (08/08/08 21:44)  





■関連文章
  • 「北京2008 我々の悪夢」=米牧師、北京ホテルの壁にペンキで抗議(08/08/08)
  • 五輪開催前、バス爆発事件連続発生=北京(08/08/08)
  • 「鳥の巣」での開幕式、雨の中で進行か(08/08/08)
  • 開催10時間カウントダン、緊張高まる北京=写真報道(08/08/08)
  • 国境なき記者団は今夜、世界9都市の中国大使館前で同時集会(08/08/08)
  • 五輪直前の北京街頭の様子(08/08/08)
  • カナダ選手団約半数、五輪開幕式に不参加(08/08/08)
  • 北京市のタクシー全車両、盗聴装置を装着か(08/08/08)
  • 五輪参加選手40数人、中国当局に連名嘆願書提出か(08/08/07)
  • 北京五輪開催前日、中国の人権弾圧を批判=ブッシュ大統領(08/08/07)
  • 【写真報道】戒厳令?五輪直前の北京市内(08/08/07)
  • 米五輪選手の中国入国ビザ、直前に取消される(08/08/07)
  • 最後のトーチリレー都市、北京大混乱(08/08/07)
  • 五輪スタジアム付近で横断幕を掲げるチベット支持者ら、全員逮捕される(08/08/07)
  • 【コメディー】平安五輪(08/08/07)