大紀元時報
トップ ロックダウン
ロックダウン
自由の女神像 (Ronile/Pixabay)
2021/10/03
<オピニオン>
「公衆衛生」の名のもとで奪われる自由

人間をグループ分けするには、いろいろな方法がある。良識ある者と下品な者、幸福な者と不幸な者、臆病な者と勇敢な者、指導する者と従う者、などである。

スタンフォード大学医学部教授で公衆衛生専門家のジェイ・バタチャラヤ博士(American Thought Leaders/screenshot)
2021/08/31
【インタビュー動画】
ロックダウンは最大の過ち=ジェイ・バタチャラヤ博士

新型コロナウイルスが蔓延する中、アメリカを含む欧米諸国は強硬なロックダウンを実施した。外出制限や学校の休校など、人同士の交流を極限まで減らした政策は、社会にどのよ...

イメージ写真(show999 / PIXTA)
2021/08/21
豪州AZワクチン事情「接種後に血栓。死亡リスク免れず」

豪州ではAZ(アストラゼネカ)製ワクチン接種後の副反応として、最近の一週間だけでも、22歳の女性を含む11人に血栓の発生がみられました。ワクチン接種の副反応による...

2021年7月24日フランス・マルセイユ。ワクチン接種の義務化や衛生パスポートに抗議するデモの様子
2021/07/27
ロックダウン、ワクチンパスポートに反対 欧州各地でデモ

7月24日、ヨーロッパ各地でロックダウンやワクチンパスポートに反対するデモが行われた。 映像やニュース報道によると、デモが行われたのはロンドン、ダブリン、パリ、...

食料と水を配布するボランティアとそれを受け取る民衆。5月26日、タミル・ナードゥ州にて撮影(Photo by ARUN SANKAR/AFP via Getty Images)
2021/05/26
【助け合いの精神】
インド南部で民間有志が炊き出し コロナ失業者や困窮者に救いの手

新型コロナウイルスが依然として猛威を振るうインド南部のタミル・ナードゥ州で、民間有志によって失業者や生活困窮者のために炊き出しが行われている。経済の停滞により雇用...

安徽省で消毒作業を行う作業員たち、2020年2月撮影(AP通信)
2021/05/17
中国本土で感染者急増 当局、マラソン大会や博覧会など行事延期

中共ウイルス(新型コロナウイルス)国内症例0人を発表してきた中国で最近、各地から感染者が相次いでいる。中国当局は国際的なイベントなどを延期し、発生地域を封鎖するな...

2021年2月15日 テネシー州ナッシュビル (Brett Carlsen/Getty Images)
2021/02/19
<オピニオン> 新型コロナウイルスと「科学のない年」

2020年と2021年は「科学のない年」である。あるいは「見せかけの科学の年」または「政治的な科学の年」と呼べるかもしれない。アメリカの製薬会社は競ってワクチンを...

中国SNS微博の投稿によると、1月7日朝から北京市内に向かう高速道路で深刻な渋滞が発生した(スクリーンショット)
2021/01/08
<中共ウイルス>石家荘市で封鎖措置、北京入りにPCR検査証明書提示

中国河北省石家荘市は7日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染増大で、都市封鎖措置を実施すると発表した。中国は2月12日に旧正月を迎えるため、1月末から大型連...

2020年10月30日、カリフォルニア州バレンシアの中共ウイルス(新型コロナ)検査施設で講演する、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事(Marcio Jose Sanchez/AP Photo)
2020/12/09
都市封鎖が進む米国 自ら自粛呼びかけるも守らない政治家たち

アメリカの多くの都市、特に民主党が支配する都市で、大規模なロックダウン(都市封鎖)が再び行われている中、多くの政治家が、自分が定めた自粛ルールに違反したことで批判...

2017年1月26日、ジュネーブで記者会見を行うWHO事務局長候補、デビッド・ナバロ氏 (Fabrice Coffrini/AFP via Getty Images)
2020/10/13
WHOが中共ウイルス対策のロックダウンの中止を要請

WHO(世界保健機関)のCOVID-19特使は、世界の指導者たちに対し、中共ウイルス(新型コロナ)の感染拡大に対する主要な対策法方として、ロックダウン(都市封鎖)...

各人のユニークな側面は、現在のパンデミック対応の中で、異なる機会と異なる危険性を見ることを意味します (DimaBerlin/Shutterstock)
2020/04/06
ロックダウンの規制を守らない人がいる理由

ロックダウンやソーシャルディスタンス(社会的距離)に関する新しいルールに対して、人によって反応が非常に異ります。驚く人がいる一方で、安心する人もいます。この違いは...

^