ウクライナ当局、国境で中国人らを拘束 身元不詳の赤ちゃん連れ出す疑いで

ウクライナから赤ちゃんを連れ出そうとした中国人2人は、ルーマニアとの国境で阻止され、逮捕された。
2022/03/16

「カネですべて解決できる世界」産業化された人身売買産業の闇=米RFA

江蘇省徐州市豊県で8人の子を持つ女性が首を鎖でつながれた状態で見つかった事件をきっかけに、中国で長年横行する人身売買の問題は注目を集めた。米RFAは、人身売買の被害者の救助活動に取り組む人権団体の関係者を取材した。
2022/03/14

「鎖の母たちを救う」 中国人監督がパリで映画試写会

中国映画「Save Our Sisters(我々の姉妹を救おう)」の試写会は3月7日、フランス・パリで開かれた。胡雪楊監督は、強権政治下で凄惨な犯罪被害者になった女性たちを救うためのSOS映画だと述べた。
2022/03/08

中国元教授、人身売買撲滅求める書簡を公開 すぐ削除される 

中国では人身売買の問題への関心が高まっているが政府側は情報を規制。人権活動家は地方当局が犯罪組織と結託していることを指摘した。米国営放送ラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。
2022/02/27

「4日間に4600人調査?」江蘇省の報告書に高まる不信感 「鎖の母」めぐり

江蘇省当局は23日、同省農村部で見つかった首を鎖でつながれた女性に関する調査報告を発表した。女性が人身売買や虐待の被害者であると断定し、地元関係者17人を処分した。
2022/02/24

「鎖の母」で注目の徐州市豊県地裁、人身売買の被害女性の離婚を認めず

中国徐州市豊県の裁判所はこれまで、人身売買などの被害女性の離婚訴訟を却下していたことが明らかになった。同県ではこのほど、首を鎖でつながれている女性の存在が発覚し、注目の的となっている。
2022/02/20

中国江蘇省、地元当局が支援者2人拘束 「首に鎖つながる母」事件巡り

中国では、江蘇省徐州市で長年夫らに監禁されていた女性をめぐって、世論の疑問や怒りは収まる気配がない。地元当局が女性の支援者2人を拘束したことが明らかになった。
2022/02/15

首に鎖の女性、当局が4度目の声明 ようやく「人身売買」認める 夫らを拘束

中国国内では、江蘇省の女性が首を鎖でつながれ監禁されていた問題をめぐって、波紋が続いている。地元当局は世論の圧力を受けて10日、4回目の声明を発表し、ようやく人身売買があったとして女性の夫らを拘束した。
2022/02/11

「世界に見捨てられた」女性たち 3年間に約5万人売買 江蘇省徐州周辺

江蘇省徐州市豊県の村、鎖で繋がれながら暮らす女性の動画が中国のSNS上に投稿され、波紋を呼んだ。中国で横行する女性の人身売買の問題が浮き彫りになった。
2022/02/03

首に鎖、8人も出産 江蘇省の女性に集まる同情 人身売買疑う声

中国国内の世論はこのほど、子ども8人を持つ女性が鎖でつながれて監禁されている事件に強い関心を寄せている。
2022/01/31

いじめ、ネット暴力…実親に二度も捨てられた中国の少年、絶望のち自殺

中国・河北省の少年、劉学洲さん(17)は実親によって2度も捨てられ、絶望の末に、24日に三亜(海南省)の海辺で服毒自殺した。
2022/01/27

中国企業のベトナム人労働者がストライキ 労働搾取など抗議=セルビア

セルビアの中国工場で働くベトナム人労働者が11月中旬、劣悪な生活・労働条件などに抗議して2回目のストライキを行った。この件は、セルビアの国内ニュースで大きく取り上げられ、人権団体や欧州議会議員が関心を寄せている。
2021/11/29

FacebookとInstagram、中東で人身売買の温床か Appleが2年前から警告 

アップル社は2年前、フェイスブックとインスタグラムに対し、同2社のSNSは中東地区で家政婦人身売買の温床になっているため、徹底的に取り締まらなければ、アプリショップから同2社のアプリを除外すると通達した。
2021/10/27

中国で横行する北朝鮮女性の人身売買や性犯罪=脱北者パク・ヨンミさんインタビュー(5/6)

北朝鮮が飢餓に苦しむ1993年、パク・ヨンミ氏は生まれた。食糧を求めて、13歳の時、母親と共に凍った川を泳ぎ中国へ脱出。しかし、中国でも人身売買や性犯罪に直面する。キリスト教宣教師の助言を経て、モンゴルのゴビ砂漠を越え、
2021/10/18

自由の対価を知り…今を生きる=脱北者パク・ヨンミさんインタビュー(3/6)

13歳の時に母親と共に北朝鮮を脱出したパク・ヨンミさん。中国で人身売買の被害に遭い、共産党体制の国の腐敗や闇社会に直面する。現在は、米国で広がる左翼的思想に警鐘を鳴らし、自身が受けた抑圧の経験をもとに、人権活動かとして「
2021/10/16

北朝鮮、「自由」や「ストレス」さえ辞書にない世界=脱北者パク・ヨンミさんインタビュー(1/6)

13歳の時、母親と共に凍った川を泳ぎ、北朝鮮から中国へ脱出したパク・ヨンミ氏。人身売買業者に奴隷として売られた後、モンゴルのゴビ砂漠を越えて韓国に亡命した。飢餓が蔓延し、言語や思想など全てがコントロールされた北朝鮮の国民
2021/10/16

テキサス保安官「国境危機ではなく、善と悪の戦い」

米国国境から200マイル北に位置するテキサス州ゴリアド郡のロイ・ボイド保安官は、スペイン語で書かれた警告標識を郡の境界に設置しました。
2021/08/16

米国は中国共産党による臓器摘出疑惑の情報を収集中=米国務次官補

米国務省の民主主義・人権・労働担当のロバート・デストロ(Robert Destro)次官補は10月16日、国務省が開催したオンラインビデオ記者会見で、法輪功の迫害に関する質問を受け、「米国は中国共産党(以下、中共)による臓器摘出疑惑を検討し、関連する情報の収集を続けている。誰でも、情報や手掛かりの提供を歓迎する」と答えた。
2020/10/21

バイデン氏息子が「人身売買」関与の女性らに送金疑惑 米上院委員会が報告

米国上院の国土安全保障委員会は、ジョー・バイデン前副大統領の息子、ハンター・バイデン氏が「売春や人身売買」に関わりのある女性らに金銭を支払っていた疑いがあるという報告書を発表した。バイデン陣営と民主党上院議員らは、この報告書を「筋金入りの右翼陰謀説だ」として退けた。
2020/10/01

我が子が人身売買に? 世界で児童失踪が多発 米で39人の子どもが無事保護

アメリカのジョージアの出来事です。米国連邦保安局による2週間にもわたる捜査の結果、行方不明になっていた39人の子どもたちの身柄が確保されました。9人の成人容疑者は現在、性犯罪の違反を含む26の罪に問われており、刑務所に収監されています。
2020/09/04

フィリピン議員、中国軍兵士が数千人規模で「潜伏」と発言 比軍は調査へ

フィリピン国防総省は、国内で急成長する中国のオンラインカジノ労働者の監視のため、中国本土から数千人の中国軍兵士がフィリピンへの潜入任務にあたっているとの報告を調査している。
2020/03/06