大紀元時報
トップ 文化大革命
文化大革命
袖の舞、2019神韻芸術団公演より (Shen Yun Performing Arts)
2019.11.26
中国共産党が神韻を恐れる理由

神韻がスピリチュアリティに満ちた真の伝統文化を紹介することで、中国の人々は自分の文化と再び繋がりを持てるようになったとレミッシュ氏は話した。

2019.10.01
催眠術と牢獄の70年

建国70周年、なのだという。そりゃどこの国かと、とぼけてみたくなるのは、他国のことに無関心だからではない。隣国の国民として、たとえ儀礼的にせよ慶賀すべきかも知れな...

1979年1月、中国雲南省孟崗農場の約1万人の青年が都市部への帰還を求めてストライキを行った(ネット写真)
2019.04.16
上山下郷運動の再開か 中国当局、3年内に延べ1千万人若者を農村に

中国共産党傘下組織、共産主義青年団中央(以下、共青団中央)はこのほど、今後3年内に国内の若者に対して農村部に入るのを動員し、農村部の振興に大きな役割を果たさせると...

epochtimes
2019.01.19
神韻へのいざない
文化大革命

ここ数十年にわたり、中国では実に幅広い運動が行われました。西洋で社会運動と言うと、抑圧に対して自由や正義のために立ち上がることを連想されることでしょうが、ここ数十...

epochtimes
2019.01.17
神韻へのいざない
誤解5:伝統文化が中国の科学の発展の足を引っ張ってきた

21世紀から古代中国を見ると、今と比べて社会は後退し、世界から取り残されているように見えるかもしれません。しかし、実際はその逆だったのです。

中国の大学で学生情報員の制度があり、教員の発言を監視している(Getty Images)
2018.06.07
学生スパイが暗躍
「日本に劣る民族に」発言の大学教員が処分される=中国

最近、中国の大学で「学生スパイ」の密告によって処分を受けた教員は相次いだ。北京建築大学は4月、同大の許傳青准教授は昨年9月の授業で、「不適切な日中比較を行った」と...

中国政府の管理機関「孔子学院は2007年9月28日、孔子の生誕を祝う式典で風船が飛ぶ。(China Photos/Getty Images)
2018.02.22
中国共産党の浸透工作
スポーツ、獅子舞い、オペラコンクール…孔子学院は「地域社会に根を下ろす」

劉雲山・前政治局常務委員は、2014年ドイツで開かれた孔子学院欧州会議で、孔子学院は「中国の夢」と世界との友好を結ぶ「心の高速鉄道(心霊高鉄)」と表現している。そ...

米FBI長官クリストファー・ライ(Christopher Wray)氏、2017年7月撮影(Alex Wong/Getty Images)
2018.02.21
中国共産党の浸透工作
米FBI、孔子学院をスパイ容疑などで捜査対象「米国社会の脅威」

2月13日、アメリカ連邦議会上院の情報委員会の公聴会でクリストファー・ライ(Christopher Wray)FBI長官は、米国にある中国政府対外機関「孔子学院」...

中国原爆の父・鄧稼先と妻。(ネット写真)
2017.10.09
文化大革命の嵐
知られざる迫害 文化大革命に翻弄された原爆開発者らの運命

中国では、1964年10月16日に初の原子爆弾の爆発に成功し、それから1966年10月27日に初の核弾頭搭載の地対地ミサイル飛行爆発、1967年6月17日に初の水...

文化大革命の時、広西省で行われた集団公開処刑の光景。(ネット写真)
2017.10.07
文化大革命中 広西省で集団人食い=中国政治学者

1990年代に米国に移住した中国政治学者の宋永毅氏(68)は、1960~70年代の文化大革命などの非常な時期に「シュビッツ収容所での集団虐殺よりもっと残酷の集団人...

繁体字の習字を楽しむ人たち(渡口書店提供)
2017.01.02
繁体字で伝統文化を学ぶ
中国社会に見られるルネサンス

中国では近年、茶道や書道などの伝統文化を楽しむ「お稽古」の人気が高まっている。簡体字ではなく、伝統的な繁体字を書く人も現れ、20代の人達にもこのような「ルネサンス...

唐山大地震40年の追悼行事に出席した習近平主席(ネット写真)
2016.08.09
大紀元評論家周暁輝氏コラム
唐山大地震から40年 習主席の積極的姿勢を読み解く

今年の7月28日、20世紀最大規模の震災関連被害を出した唐山大地震から40年目たつ。中国の歴代の指導者層は、追悼行事に目立った対応を取ってこなかった。だが今年、習...

中宣部幹部を批評する中規委トップの王岐山氏(WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
2016.06.16
江沢民派権力領域の中央宣伝部 習近平氏ついにメスを入れるか

中規委はこのほど、中央宣伝機関である共産党中央宣伝部(中宣部)に対し、プロパガンダが出遅れていること、腐敗が存在することなど5つ問題点をあげて批評した。中国の政治...

『中国誠信建設状況研究報告』によると、信用度の低さでの中国企業の経済損失は毎年約10兆円に上る (ネット写真)
2016.05.25
「信用できない」が原因で中国企業年間10兆円損失

中国政法大学が5月21日に発表した『中国誠信建設状況研究報告書』によると、信用度の低さで中国企業には毎年約6000億元(約10兆500億円)の経済損失がもたらされ...

早くから完売となった台湾芸術大学での神韻公演、18日夜(陳柏州撮影)
2016.04.14
神韻台湾ツアー開幕 本土からも多くの観客「ネット封鎖を突破してきた!」

3月17日、アメリカに本拠地を置く神韻芸術団の2016年世界ツアー・台湾公演が開幕した。初日公演の会場、国立台湾芸術大学演芸庁劇院に詰めかけた観客の間では、さまざ...

北京のあるスーパーで粉ミルクを比較する男性 (Franko Lee/AFP)
2016.04.04
最高人民検察院「1.7万缶の偽粉ミルクが市場に流通」 

違法ワクチン問題の実態が明らかになったばかりの中国で、新たに子供の健康を脅かす粉ミルクに関する事件が発覚した。 中国政府最高人民検察院は3月22日、上海警察当局...

言論統制下でも庶民にとっての情報源である新聞を読む老人(PHILIPPE LOPEZ/AFP/Getty Images)
2016.03.24
体制内部から中宣部への反発が強まる 江沢民派最後の陣営が危ない?

中国政治体制の内部から、報道・言論の自由を求める声が強まり、メディアを統制する中共中央宣伝部(中宣部)に対する逆風が強まっている。中国問題専門家は、習近平陣営がイ...

人民服姿の四川省の小学生 (FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
2015.02.23
赤を多用する現代中国「伝統ではなく、血を好む共産党の宣伝」

赤い花火、赤いランタン、赤い衣装…現代中国は赤を多用する。旧正月の行事でも赤い龍や獅子舞が世界中で舞った。しかし、中国人は昔から赤を多く使っていたわけではない。1...

紅衛兵と共にパレードに参加する学生、1966年6月北京 (JEAN VINCENT/AFP/Getty Images)
2014.01.14
共産党元老の娘、文革の被害者に謝罪 識者「パフォーマンス」

【大紀元日本1月14日】1966年から1976年まで中国全土を吹き荒れた文化大革命の嵐。紅衛兵による組織的な暴力が全国で展開され、犠牲者は1000万人に上るとも言...

2013.12.13
117年の歴史ある古寺、土地収用で破壊される=福建省

【大紀元日本12月13日】福建省福州市に建つ117年の歴史ある瑞雲寺が8日、土地収用の目的で市当局により取り壊された。この寺に仕えていた尼僧の2人(70歳と84歳...

2013.08.10
北京でプロパガンダ看板乱立 「文化大革命再来か」

【大紀元日本8月10日】中国当局は最近、「民族の偉大なる復興を実現」という習近平国家主席の「中国夢」を宣伝するキャンペーンを打ち出した。北京市内では、社会主義と共...

4月12日夜、神韻パリ公演。パリ国際会議センターを埋め尽くした3600人の観客(大紀元)
2013.04.27
人類史としての神韻 大いなる宇宙への回帰

【大紀元日本4月27日】神韻を他のものに譬えるのが適切でないことは承知している。誤解を恐れずに言うならば、神韻の会場は、満点の星を映し出すプラネタリウムのような空...

2011.11.07
<赤龍解体記>(39)_deng_小平の談話、本物か偽物か

 【大紀元日本11月7日】_deng_小平の談話と言われる文章が、中国のネットで出回っている。その信憑性は現時点で考察しかねる。この文章が本物であれば、将来、大変...

7月1日の中国共産党建党90周年を控え、中国全土が紅(あか)に染められた(jiazi/CreativeCommons)
2011.07.01
中国共産党建党記念活動に批判の声 海外メディア「共産党は凋落」

 【大紀元日本7月1日】7月1日の中国共産党建党90周年を控え、中国は全国が紅(あか)一色に染まっている。紅歌、紅舞、紅のドラマ、毛沢東の詩の暗誦など文化大革命を...

毛沢東批判で大きな論争が起きたことについて、海外の中国語週刊誌「新紀元」が筆者の茅于軾氏と、趙紫陽前総書記の秘書を務めた鮑彤氏を取材した(ネット写真)
2011.06.25
毛沢東批判で大論争 米紙「中国を彷徨う赤い幽霊」

【大紀元日本6月25日】中国の著名な改革派経済学者、茅于軾氏(82)が4月末、自身のブログで毛沢東について論じた約5000字の文章が中国国内で大きな波紋を広げてい...

北京の大学では最近、学生間の監視、当局への密告が推し進められているもよう(China Photos/Getty Images)
2011.06.02
北京の大学、教室に監視カメラ 学生間の密告「文化大革命のよう」=ドイツ紙

 【大紀元日本6月2日】中国当局は最近、北京の大学生への思想教育とコントロールを強化し、専門機関を立ち上げて学生間の監視、当局への密告を推し進めている。「文化大革...

5月4日の大陸メディアは、中国バレーボール協会は女子選手らにロンドン・オリンピックに向けて、毛沢東の作品「長征」を1週間暗唱させたと発表(合成写真)
2011.05.09
中国バレーボール女子、毛沢東作品暗記で、ロンドン五輪制覇を狙う

 【大紀元日本5月9日】来年7月にロンドンで開催されるオリンピックに向けて、中国バレーボール女子チームの新しい戦略が打ち出された。毛沢東の作品「長征」を暗記するこ...

中国人画家、張紅年氏の作品(大紀元)
2011.04.29
中国人画家、張紅年氏 東京でチベット題材の作品展

 【大紀元日本4月29日】中国現代アート界を代表する画家の一人である張紅年氏の作品が、4月28日から5月2日まで東京プリンスホテルで行われる「ザ・美術骨董ショー2...

天安門広場を100日間だけ俯瞰した孔子像(Getty Images)
2011.04.29
かつての造反派リーダーも「お目見え」 中国、左傾化がすすむ

 【大紀元日本4月29日】24日、人民大会堂で開かれた清華大学創立100周年の記念行事に出席したある人物が多くの注目を集めた。蒯大富さん、65歳、文...

重慶で行われた、入党宣誓をあらためて誓い合う集会の会場(ネット写真)
2011.04.11
<赤龍解体記>(9)血の色を見せつけるイベント

重慶市は中国の4大直轄市の1つであり、市のトップである薄煕来は、来年開催予定の中共18大で政治局常務委員に抜擢される有力候補の1人とされ、つねにその剛腕的な政治や...

^