印刷版   

水冷棟から水蒸気を排出している北京の発電所(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)

中国のCO2排出量、過去の予測より最悪=米研究

 【大紀元日本4月21日】米カリフォルニア大学(UC)の研究者らはこのほど、中国の二酸化炭素(CO2)排出量が過去の予測より実際はかなり高く、地球温暖化の抑制はさらに難しくなっていると発表した。

 過去に政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change)が発表したデータによれば、中国のCO2排出量は、2004年から2010年の間に一年当たり2.5% ~5%増加し、世界的な温室効果に最も影響を与えることが予測されていた。しかし、このほどUCが発表したデータによると、同時期に中国が排出するCO2は、毎年11%に達するという。この予測によれば、これから数年の間に、中国は現在の英国やドイツのCO2排出量を超えることになる。

 これまでの研究では、化石燃料の消費量をもとに、人口や一人あたりの所得、科学技術の進歩などを勘案しながら国のCO2排出量を予測していた。一方、今回のデータを発表したUCのマキシミラン・アウフハマー(Maximillian Auffhammer)助教授とUCサンディエゴのリチャード・カーソン(Richard Carson)教授は、中国30省の汚染データを分析し、より細かい分析を行ったという。

 その結果、最大のCO2排出国と予測される中国の一人当たりの所得が伸びれば、効率的な発電所も建設され、CO2排出量も徐々に減るだろうとする今までの予測は、「楽観的すぎる」とアウフハマー助教授は指摘し、実際の排出量は、「予測していたよりもかなり悪くなるだろう」と述べている。研究者らは、中国のCO2排出量を抑える何らかの努力をしなければ、今後更に世界の温暖化が加速すると予測している。

 (翻訳・田中)


 (08/04/21 07:35)  





■関連文章
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • 地球温暖化 数百年内に生物の半数絶滅の恐れ(07/10/26)
  • 日本経団連、サマータイム導入で炭酸ガス排出量を約5%削減(07/09/11)
  • 地球温暖化対策の「努力目標」を採択=APEC首脳会議(07/09/10)
  • 中国沿岸部、下水管から大量の汚染物質が海に(07/08/06)
  • 中国、下期にエネルギー集約型産業などの成長を抑制へ(07/07/25)
  • アラスカ北極圏、海岸浸食で動物の生息地に影響=米研究(07/07/04)
  • 米国、ドイツの温暖化ガス排出削減案拒否へ=声明草案(07/05/26)
  • 米国、サミット宣言案で地球温暖化の緊急性訴える部分の削除要求(07/05/22)
  • 南極氷原の解氷、30年来最大規模(07/05/20)
  • 英国救済団体:今後40年間、世界で10億人が難民移動(07/05/17)
  • 中国当局、松花江流域汚染事案を公表、違反企業は操業停止(07/05/16)
  • 中国:環境汚染で3千社が強制閉鎖、進まぬ改善策(07/05/10)
  • 中国経済の成長、資源の制約などの課題に直面=財政相(07/05/06)
  • 北極の氷冠、従来予想より30年早く溶ける可能性=米専門家(07/05/02)