THE EPOCH TIMES

『アイスランドでの法輪功と中共の対峙』著者へのインタビュー(一)

2010年12月23日 07時00分

 

2010年末出版『Arctic Host, Icy Visit
China and Falun Gong Face Off in Iceland』
(冷淡な受け入れ国、凍りついた訪問
—アイスランドで対峙する中国と法輪功)。
2002年の江沢民アイスランド訪問の事件を
詳細に記録・分析した冊(スクリーンショット)

【大紀元日本12月23日】2002年初夏、レイキャビクのアイスランド人権センターで「中国主席の訪問について」話し合いたいという二人の来客があった。この来客の口から、小国の民主主義国家アイスランドでは想像しがたい、 抗議デモ禁止、スパイ、いやがらせ、諜報行為などの言葉が飛び交った。さらには、中国で精神修養に励む穏やかな法輪功学習者が残虐に迫害されている事実が紹介された。
 

 当時、EUの助成で人権問題の研究者として アイスランドに滞在していたハーマン・サルトン(Herman Salton)博士は、この二人の精神状態を疑うところだった。しかし、この禁止令が事実であることはすぐに判明し、予期せぬ事件が博士の目の前で展開されていった。

 世界同時テロならぬ世界の空港での同時足止め。アイスランドに入国した法輪功学習者は、その場で拘束。しかし、メディア報道により人々が抗議デモを行ったことで釈放された。法輪功学習者による抗議デモは静かなものだったが、法輪功学習者に圧力をかけたアイスランド政府に抗議した国民のほうが熱くなった。

 6月11日、国内紙Morgunbladidの一面を使って、与党議員を含む550名以上の市民が名を連ね、アイスランド政府の行為を非難し、法輪功学習者とアジア系の訪問者に対する取り扱いに対して謝罪した。同紙面では中国政府の人権侵害も強く非難している。

 中国の専制主義が遠方の民主国家に押し付けられた事実に危機感を覚えたサルトン博士は、一般の人々に知らせる義務感から、調査を積み重ね、精確な記録を収集し、この事件を一冊の本にまとめることにした。著書『Arctic Host, Icy Visit – China and Falun Gong Face Off in Iceland』(冷淡な受け入れ国、凍りついた訪問 — アイスランドで対峙する中国と法輪功)が、8年の月日を経て今年末ようやく出版に至った。
 

 同著は、法輪功とは何かを解説し、中国政府が不法とする理由について考察した上で、これらの事件をアイスランド人の証言やテレビ局の映像をもとに記録する。さらに禁止令、ブラックリストの違法性を論議し、中国主席の他国訪問のケースとも比較している。最後の結論の章では、中国の台頭、現代中国と人権を論じ、抑圧のシステムを中国が国外に輸出できる事実を指摘している。

 人権問題研究者の立場から法輪功問題をとらえるサルトン博士に、 人権の出発点、政府と個人の関係、政府間の問題などについて語ってもらった。

関連キーワード

関連特集

^