大紀元時報
トップ 国際

国際

12月13日、カナダ外務省は、カナダ人の男性が中国当局との接触後に連絡が取れなくなっていることを明らかにした。写真はカナダのフリーランド外相。オタワで12日撮影(2018年 ロイター/Chris Wattie)
中国でカナダ人ビジネスマンの所在不明=カナダ外務省
2018.12.13
12月13日、中国の遼寧省政府のニュースサイトによると、同国で行方不明となっているカナダ人のマイケル・スペイバー氏は中国の安全保障を脅かした疑いで、同省の丹東市当局による調査を受けている。写真は中国国旗。遼寧省丹東市で昨年11月撮影(2018年 ロイター/Damir Sagolj)
中国、安全保障脅かした疑いでカナダ人を調査=政府サイト
2018.12.13
カショギ氏殺害事件、CIAは依然捜査中=ポンペオ米国務長官
2018.12.13
12月12日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部逮捕に対する中国の報復への懸念が高まる中、ロス米商務長官は、中国への渡航勧告について政府内で新たな決定は下されていないと指摘した。写真は公聴会に出席する同商務長官。5月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)
中国への渡航勧告、米政府内の変更計画は承知せず=ロス商務長官
2018.12.13
12月12日、英国のメイ首相は、この日行われる与党・保守党党首としての不信任投票を控え、次回の総選挙前に退任する考えを同党議員らに示した(2018年 ロイター/PETER NICHOLLS)
メイ英首相、次回総選挙前に退任意向示す 不信任投票控え
2018.12.13
12月12日、欧州議会は欧州連合(EU)と日本の経済連携協定(EPA)を賛成474、反対156の賛成多数で承認した。写真は安倍首相(右)とトゥスクEU大統領。ブリュッセルで昨年7月撮影(2018年 ロイター/YVES HERMAN)
欧州議会、日EU経済連携協定を承認 19年2月発効へ
2018.12.13
12月11日、米行政管理予算局(OMB)が対中貿易摩擦に絡み米政権が打ち出した総額120億ドルの農家支援策に関し、中国が米国産大豆の購入を再開すると見込んで第2弾の支援金支給を先延ばしにしていることが、事情に詳しい3人の関係筋の話で明らかになった。写真はイリノイ州の大豆畑で2014年9月撮影(2018年 ロイター/Jim Young)
米予算局、農家支援を先延ばし 中国の大豆輸入再開に期待=関係筋
2018.12.12
ドル上昇、米中通商協議に期待 ポンドは一段安=NY市場
2018.12.12
12月12日、アジア時間の原油先物は上昇。前週に発表された石油輸出国機構(OPEC)主導による来年の協調減産で、来年の市場が安定するとの見方が支援材料となった。写真は石油精製所と石油貯蔵タンク。2010年5月にブリズベンで撮影(2018年 ロイター/Tim Wimborne)
米WTI原油先物が上昇、OPEC主導の減産で市場安定化に期待
2018.12.12
12月11日、トランプ米大統領は、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子について、ジャーナリストのカショギ氏殺害を巡り批判はあるものの、依然支持していると述べた。ロイターのインタビューに答える同大統領。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)
インタビュー:批判あってもサウジ皇太子を支持=トランプ大統領
2018.12.12
12月11日、トランプ米大統領は、メキシコとの国境の壁建設費用を巡り、民主党と11日に合意に至る可能性は低いとの見方を示した(2018年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)
米大統領、壁建設巡り民主党幹部と激しい応酬 21日の期限までの合意に疑問
2018.12.12
12月11日、米政府当局者は、中国が米国で製造された自動車、および自動車部品の輸入関税を引き下げることを示したことを明らかにした。山東省青島市で5月撮影(2018年 ロイター)
中国、対米自動車関税引き下げへ 時期は不明=米当局者
2018.12.12
12月11日、政府は今月中にまとめる次期中期防衛力整備計画(中期防)の総額について、2019年度からの5年間で27兆円程度とする方向で最終調整に入った。写真は与党ワーキング・チームの座長、小野寺五典前防衛相。モスクワで7月に撮影(2018年 ロイター/Maxim Shemetov)
中期防総額、27兆円程度で最終調整 過去最大更新=関係筋
2018.12.11
12月5日、韓国政府内では、北朝鮮への対応を巡り「亀裂」が生じている。写真は握手を交わそうとする南北首脳。非武装地帯で4月代表撮影(2018年 ロイター)
焦点:北朝鮮対応巡り韓国政府に「亀裂」、非核化交渉の妨げに
2018.12.11
12月11日、新たな防衛大綱と次期中期防衛力整備計画(中期防)に関する自民・公明両党のワーキングチームは、護衛艦「いずも」を空母に改修する政府案について、条件付きで了承した。関係者が明らかにした。写真は護衛艦「いずも」。2015年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
訂正:与党、護衛艦「いずも」の空母化を条件付きで了承=関係者
2018.12.11
12月10日、米国務省のファノン・エネルギー資源担当次官補は、ウクライナを迂回して欧州に天然ガスを供給するパイプライン「ノルドストリーム2」の敷設を通じて、ロシアは欧州やウクライナへの影響力強化を狙っているとの見方を示した。写真はノルドストリーム2のロゴ。サンクトペテルブルクで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Sergei Karpukhin)
ロシア、新ガス輸送管は欧州への影響力強化が狙い=米国務次官補
2018.12.11
12月10日、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱案の議会採決を延期したことを受けて、バーコウ下院議長は11日に緊急審議を行うと発表した。写真はロンドンで昨年9月撮影(2018年 ロイター/Tolga Akmen)
英議会、EU離脱案の採決延期巡り11日に緊急審議
2018.12.11
12月11日、麻生太郎財務相(写真)は、米通商代表部(USTR)が10日開催した日本との貿易に関する公聴会で「為替条項」を導入すべきとの声が出たことなどを巡り、為替については同相と「ムニューシン財務長官の間で話すこととなっている」と指摘。写真は昨年5月にイタリアで撮影(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)
トランプ大統領が話したことはない=為替で麻生財務相
2018.12.11
12月10日、米通商代表部(USTR)は日本との貿易に関する公聴会を開催した。会議には全米の自動車メーカー各社や業界団体などが参加した。横浜市で昨年11月撮影(2018年 ロイター/TORU HANAI)
米自動車業界、対日貿易で為替条項など要求 USTR公聴会で
2018.12.11
12月10日、フランスのマクロン大統領(写真)は、政権に反発する抗議デモの激化後、初めてのテレビ演説を行い、最低賃金の引き上げや年金生活者を対象とした減税などの対策を発表し、事態の沈静化に努めた。代表撮影(2018年 ロイター)
仏大統領、デモ受け最低賃金引き上げなど発表 改革路線は堅持
2018.12.11
米政権、次期CFTC委員長にターバート財務次官補指名へ=関係筋
2018.12.11
大阪万博、オールジャパンで取り組む=諮問会議で安倍首相
2018.12.11
EU加盟国の外相、英議会の離脱協定案可決を期待
2018.12.11
12月10日、欧州司法裁判所(ECJ)は、英国には欧州連合(EU)離脱の決定を一方的に撤回できる権利があるとの判断を示した。ルクセンブルクで昨年1月撮影(2018年 ロイター/Francois Lenoir)
欧州司法裁、英国はEU離脱決定を一方的に撤回できると判断
2018.12.11
12月10日、英BBCの政治部門編集責任者によると、メイ首相は11日に予定していた欧州連合(EU)離脱案の議会採決を中止した。ブリュッセルで11月撮影(2018年 ロイター/PIROSCHKA VAN DE WOUW)
メイ英首相、EU離脱案の議会採決を中止=BBC
2018.12.11
12月10日、メイ英首相は、11日に予定していた欧州連合(EU)離脱案の議会採決を延期すると表明した。提供写真(2018年 ロイター/ Parliament TV)
メイ英首相、EU離脱案の議会採決を延期 ポンドは全面安
2018.12.11
12月10日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が、ブラジルの住宅から「個人の所有物や文書、現金、物品、美術品」の回収を求めていることが、同社がブラジルの裁判所に提出した文書で分かった。リオデジャネイロで2016年1月撮影(2018年 ロイター/RICARDO MORAES)
ゴーン容疑者、リオの住宅立ち入り申請 所有物の回収求める
2018.12.11
12月10日、トランプ米大統領(写真左)が、近く退任するケリー大統領首席補佐官(同右)の後任に、マーク・メドウズ共和党下院議員、2016年大統領選のトランプ陣営元幹部、デビッド・ボッシー氏、ニュージャージー州元知事のクリス・クリスティー氏を検討していることが、事情に詳しい関係筋の話で明らかになった。ホワイトハウスで10月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)
トランプ米大統領、首席補佐官にメドウズ氏ら複数検討=関係筋
2018.12.11
12月1日、ミャンマーの若手活動家でテレビ番組の司会も務めるThinzar Shun Lei Yi氏は、かつてアウン・サン・スー・チー国家顧問の熱烈なファンを自認していたが、いまや最も痛烈な批判者の1人だ。写真はヤンゴンで9月、報道の自由を求めて抗議デモに参加する活動家(2018年 ロイター/Ann Wang)
焦点:ミャンマーの堕ちた偶像、スー・チー氏に若者世代が反旗
2018.12.10
ケリー米大統領首席補佐官が年末で退任
2018.12.10
^