「毎朝1杯」カリウム豊富なレモン水は、いかがですか?

レモンには、リンゴよりも多くのカリウムが含まれていることをご存知でしょうか。カリウムは必須ミネラルの一つですので、不足することは適切ではありません
2022/03/16

董宇紅博士が語る神韻の奇跡「善良な心が、治癒力や免疫力を高める」(2)

ネバダ州のヘレン・シュミットさんは、肺機能が低下する持病があるため、酸素ボンベを持参して神韻公演を見ました。ところがステージを鑑賞した後、彼女は自ら酸素ボンベを外し、自然に呼吸している状態で友人らと歓談していました
2022/03/15

董宇紅博士が語る神韻の奇跡「善良な心が、治癒力や免疫力を高める」(1)

金融会社の経営者、ディクソン氏は杖なしで歩行が難しいパーキンソン病患者だったが、神韻公演を鑑賞し、杖を全く使わず、自分の足でしっかり歩くことができるようになった。氏は「この公演には病の治癒力がある」と語っている
2022/03/14

医師が薦める「自然免疫力を高める食物5種」

免疫学者で医師のヘザー・モディ博士は、米国CNBCを通じて、彼女自身が毎日実践している食事法を紹介しました。彼女は「ビタミンとミネラルを豊富に含む食材は全て、免疫力をアップするスーパーフードだ」と言いました
2022/03/13

風邪をこじらせ20年分の記憶が失われた妻

イギリス・エセックス州のある女性は、息子に風邪をうつされ、体調を崩し、その後2週間、昏睡状態に陥りました。しかし目覚めたときには過去20年間の記憶を失い、何もかも思い出せなくなったそうです。
2022/03/08

呼吸が苦しい病中は「うつぶせ寝」が良い

新型コロナウイルスの変異株は、依然として広がりを見せている。感染予防が第一だが、感染し、発症したとしても重症化させないことが重要だ。呼吸の苦しい病中は「うつぶせ寝」がおすすめだ
2022/03/08

董宇紅博士が語るオミクロン株「更なる変異種が出現している!」

最近の日本の研究ではオミクロン株がすでに初期の単独ウイルス株であるBA.1から、サブ変種の一つである「BA.2」に対して警戒をしています。「BA.2」はどれほどの脅威なのでしょうか。
2022/03/05

胃がん早期発見のために「8つの警告を見落とさないで」

早期の胃がんは、定期健診以外では発見されにくいもの。しかし、胃がんの兆候を自身で早期に察知することは、その後の治療に貴重な時間を提供するかもしれない。胃がんの一般的な症状とはどんなものだろうか。
2022/02/26

新研究:ハチミツが流感ウイルスを抑制する

ハチミツに強い殺菌力があることは、以前から知られていました。近年の研究では、インフルエンザウイルスに対しても、その活性を抑制する強力な効果があることが明らかになっています。
2022/02/22

董宇紅博士が語る「風邪から得られる免疫力」

欧州のウイルス学専門家でバイオテクノロジー企業の首席研究者である董宇紅博士が、季節性インフルエンザに感染することによって得られた抗体が、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染を抑制する可能性について、以下のように語りま
2022/02/21

今日から実践できる「免疫力を高める7つの秘訣」

漢方医学において、「肺」のエネルギーが強ければ、呼吸器系が侵される病気を予防できるという。また有酸素運動を行い、腹式呼吸の練習をすると、私たちの肺のエネルギーを高めることもできる。
2022/02/19

秘策は手中にあり「4種の天然成分がウイルスを抑える」

新型コロナウイルス(中共ウイルス)の病原性は、SARSコロナウイルスのそれよりも実際には低いことが示されており、このことは、ある種の天然物質が、新型コロナウイルスの抑制に効果がある可能性を示唆している。
2022/02/17

アーシングという健康法「はだしで土を踏む喜び」

裸足になって自然の土や海辺の砂浜を歩くと、なぜ私たちは心地良く感じるのでしょうか。それは その時あなたの体が、「地球に触れる」ことや「大地に接する」ことの喜びを実感しているからです。
2022/02/15

米名門大研究「都市封鎖はコロナ死亡率にほぼ影響なし」 主要メディア沈黙

医学の名門、米国ジョンズ・ホプキンス大学(JHU)が発表した最新の研究によると、都市封鎖は新型コロナウイルス(中共ウイルスとも呼ばれる)の死亡率にほとんど影響を及ばさないことが明らかになった。
2022/02/08

花粉症と新型コロナ肺炎の症状の違いは?

中共ウイルス(武漢肺炎)のパンデミック。疫病が蔓延する中、それでも春の訪れは感じられます。すべてのものに命が宿り、花が咲く頃、花粉症に悩まされる方もいます。
2022/02/07

「熱いココアを一杯どうぞ」風邪の予防にも役立ちます

まだまだ寒い季節。ふと「温かいココアが飲みたいなあ」と思いませんか。日本のある研究によると、「1日1杯のホットココアが、インフルエンザを予防し、健康維持に役立つ可能性がある」と言います。
2022/02/04

董宇紅博士が語る:オミクロン株の実態と予防法

オミクロン株による感染は、すでに全世界の感染者数の50%以上を占めています。オミクロン株に感染した場合の入院率、重症化率、死亡率、感染年齢などについて、董宇紅博士の詳しい分析をご覧ください。
2022/02/03

パンデミックは終息に向かっているのか?

1月8日からCOVID‑19の報告数が急速に減少し始めた。これに対し、ジョンズ・ホプキンス大学のマーティ・マカリー教授は、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙の論説で、この急激な減少は...
2022/02/02

「白血病という病」に向き合うために

「白血病」という病気があります。 半世紀前であれば、この病名には、当時の医療で完治がかなう希望的な響きはなく、むしろ「不治の病」として、小説や映画における主人公の「残された人生の時間」が描かれる題材にもされていました
2022/01/30

董宇紅博士が語る:感染を防ぐのは「見えざる力」

欧州のウイルス学専門家でバイオテクノロジー企業の首席科学者である董宇紅博士は、大紀元のインタビューに対し「人類がこのパンデミックを克服するために、人間の思想や精神状態のあり方も重要な条件です」と語りました。
2022/01/27

「ウイルス感染しにくい血液型」があるか?

欧州のウイルス学専門家でバイオテクノロジー会社の首席科学者である董宇紅博士は、自他の研究結果を総合して「新型コロナウイルスに感染しにくい人の体質」について言及しました。董宇紅氏への特別インタビューの概要をご紹介します。
2022/01/21

オミクロン株「風邪に似た症状」にも油断は禁物

新型コロナウイルスによる世界的なパンデミックが、すでに2年以上続いています。従来のウイルスに加えて新たにオミクロン変異株が出現し、新たな緊張感が走る現状について、欧州のウイルス学専門家・董宇紅博士の解説をまとめました。
2022/01/12

出口の見えない中国の「ゼロコロナ」 ウイルス政治化で苦境=専門家

英国の中国専門家チャールズ・パートン(Charles Parton)氏は1日付のデイリー・テレグラフ紙に寄稿し、「ゼロコロナ」政策は行き詰まり、オミクロン変異株の蔓延によって中国は苦境に立たされるだろうと論じた。
2022/01/11

新型コロナウイルス「すでに2年。しかし答えは得られず」

新型コロナウイルスについて、大紀元は、「中共ウイルス」という呼称を用いています。そこには、「中国共産党(中共)との関係を完全に断つことこそ、疫病から自身と自国を守る究極の方法」だという真実を伝えたいという願いがあります。
2022/01/05

食品1000種のなかで「一番とりたいのはナッツ類」

今、「栄養のある食物」がますます重視されています。科学の学術誌『PLOS ONE』に掲載された研究では、最も栄養価の高い食材1位となったのは私たちがよく食べるナッツ類のアーモンドでした。
2021/12/29

世界に増える「危険なウイルス実験室」とくに中国で急増中

台湾の中央研究院で先日、ある女性研究補助員がP3実験室で新型コロナウイルスの病原体に接触し、デルタ変異株に感染しました。これにより、それまで35日間続いた台湾の「確定診断者0人」の記録がストップしました。
2021/12/23

「マスクに香りづけは危険です」香油を正しく使って免疫力アップ

ペストが大流行した中世ヨーロッパに、「ペスト医師」と呼ばれる専門医が出現しました。 その姿は、黒いガウンに皮手袋、顔には「鳥のくちばしのマスク面」をつけるという異様なものでした。
2021/12/16

董宇紅博士が語る「中国製ワクチン接種後どうなるか?」

研究によると、中国製の不活化ワクチンを接種した後、体には新型コロナウイルス感染後と似た病理変化が現れ、免疫力が低下することが分かった
2021/12/11

ナバロ氏の新著が明かす パンデミックにおける中国共産党の「5つの大罪」

トランプ前米政権の元大統領補佐官(通商担当)であるピーター・ナバロ氏は最近、新著を出版した。ここで特筆すべきは、ナバロ氏が新著の中で、パンデミックで中国共産党政権が犯した「5つの大罪」についてまとめていることだ。
2021/12/09