流行語大賞ノミネート30語が発表 2022年はどんな年?

今年も恒例の流行語大賞の季節になった。「現代用語の基礎知識選2022ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が4日、発表された。大賞発表は12月1日となっている。
2022/11/05 大道 修

シノバックのコロナワクチン、3─5歳感染予防率38%=チリ研究

[16日 ロイター] - 中国製薬大手シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」を3-5歳に投与したところ、オミクロン変異株流行時の感染防止の有効性は38.2%とのチリでの研究が15日、発表された。 デルタ株流行時にコロナバックを6─16歳に投与した際は、感染予防の有効性が74.5%と出ていた。オミクロン株では数字が大きく変わったことになる。 今回の
2022/03/17 Reuters

香港新型コロナが急拡大 冷蔵コンテナで遺体保管

中共ウイルス(新型コロナ)感染症の第5波が発生している香港では、厳しい隔離対策を実施しているが、感染者数の爆発的な増加に歯止めがかかっていない。隔離施設・病床、遺体保管場所の不足などの問題が起きている。
2022/03/08

董宇紅博士が語るオミクロン株「更なる変異種が出現している!」

最近の日本の研究ではオミクロン株がすでに初期の単独ウイルス株であるBA.1から、サブ変種の一つである「BA.2」に対して警戒をしています。「BA.2」はどれほどの脅威なのでしょうか。
2022/03/05

董宇紅博士が語る:オミクロン株の実態と予防法

オミクロン株による感染は、すでに全世界の感染者数の50%以上を占めています。オミクロン株に感染した場合の入院率、重症化率、死亡率、感染年齢などについて、董宇紅博士の詳しい分析をご覧ください。
2022/02/03

「白血病という病」に向き合うために

「白血病」という病気があります。 半世紀前であれば、この病名には、当時の医療で完治がかなう希望的な響きはなく、むしろ「不治の病」として、小説や映画における主人公の「残された人生の時間」が描かれる題材にもされていました
2022/01/30

董宇紅博士が語る:感染を防ぐのは「見えざる力」

欧州のウイルス学専門家でバイオテクノロジー企業の首席科学者である董宇紅博士は、大紀元のインタビューに対し「人類がこのパンデミックを克服するために、人間の思想や精神状態のあり方も重要な条件です」と語りました。
2022/01/27

「ウイルス感染しにくい血液型」があるか?

欧州のウイルス学専門家でバイオテクノロジー会社の首席科学者である董宇紅博士は、自他の研究結果を総合して「新型コロナウイルスに感染しにくい人の体質」について言及しました。董宇紅氏への特別インタビューの概要をご紹介します。
2022/01/21

深セン市、海外から荷物届けば「PCR検査を」市民「つねに他国のせい」

中国南部深セン市では、一部のネットユーザーは、海外の商品をネット上で購入し、国際郵便サービスで商品を受け取った後、防疫用スマホアプリ「健康コード」が「経過観察が必要」に変わったことに不満を強めている。
2022/01/20

中国の不活化ワクチン、オミクロン株には効果低い=英ネイチャー

英学術誌「ネイチャー」は13日付の記事で、中国が開発した中共ウイルス(新型コロナウイルス)不活化ワクチンのオミクロン株に対する効果は低いと指摘した。共産党体制は中国ワクチン外交の一環として発展途上国を中心に供与している。

「やはり起きていた」コロナ禍のなか糖尿病16%増加

コロナ禍中の2年間で、全世界の糖尿病患者数が16%増加したと言います。現在、オミクロン株によると思われる感染の第6波が猛威をふるっていますが、許容される方法によって体を動かすことは、私たちの健康維持に必要なことです。
2022/01/19

中国のゼロコロナ対策、限界に近づく=独専門家

各方面は、感染力の強いオミクロン株が急速に広まるにつれ、都市封鎖という同対策は限界に近づくと予想している。
2022/01/14

米ゴールドマン・サックス、中国成長率見通し引き下げ オミクロン株急拡大で

米金融大手ゴールドマン・サックスは11日、中国複数の都市で中共ウイルス(新型コロナ)の変異ウイルス、オミクロン株の「市中感染」が確認されたことを受けて、2022年の中国経済成長率見通しを引き下げた。
2022/01/12

天津、中国初のオミクロン株確認 買い占めで混乱

天津市では9日、中国で初となるオミクロン株への感染者が確認された。同日から人口1400万人の市民全員を対象とするPCR検査が実施されている。北京冬季五輪の開催まで1か月を切るなか、中国政府は感染拡大に神経を尖らせている。

21年度インド成長率予想、9.2%に下方修正 オミクロン株が打撃

[ニューデリー 7日 ロイター] - インド統計・計画実施省は7日、2021年度(21年4月─22年3月)の実質GDP(国内総生産)予想を前年度比9.2%増に下方修正した。それまでは10%を上回る増加と予想していた。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による混乱が消費者心理と経済活動に打撃を与えていることが背景。 新たな成長予想も主要経済国の中では最も高い。20年度のインド実質GDPは
2022/01/10 Reuters

インド裁判所、州選挙の延期要請 オミクロン株流行で

[ニューデリー 24日 ロイター] - インド・ウッタルプラデシュ州のアラハバード高裁は、新型コロナウイルスのオミクロン株流行を理由に州選挙と選挙運動の延期をモディ政権に要請した。 オミクロン株の感染が増えており、感染第3波が起きる可能性があるとしている。 ウッタルプラデシュ州の選挙は来年2月に行われる見通し。同時期に他の3州も選挙を実施する。 同州の人口は2億2000万人以上と、国内最大。
2021/12/24 Reuters

アフリカのコロナ感染5日ごとに倍増、死亡者は低水準=WHO

[ダカール 14日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は14日、アフリカ地域の新型コロナウイルスの新規感染者数が5日ごとに倍増していると報告した。デルタ株とオミクロン株の双方の拡散により、感染拡大ペースは今年に入ってから最も速くなっている。ただ感染による死亡者数は低水準にとどまっている。 WHOによると、12月12日までの週の新規感染者数は19万6000人を超え、前週の約10万7000人
2021/12/15 Reuters

米クルーズ船、17人中共ウイルスに感染 オミクロン株の疑いも 全員ワクチン接種済み

米ルイジアナ州保健局は5日、南部ルイジアナ州ニューオーリンズに5日帰港したクルーズ船の乗客乗員17人が中共ウイルス(新型コロナウイルス)に感染していることが判明したと発表した。同局によると、クルーズ船の乗客乗員は全員ワク
2021/12/06 山中蓮夏

これでオミクロン株にも動じない「自己免疫力を堅持する方法」

新しい変異ウイルスであるオミクロン株が出現し、世界に衝撃を与えました。オミクロン株は、デルタ株よりも感染力が格段に強いとも言われています。新たな変異株が急速に拡大することで、ワクチンの抑止力に影響を及ぼす可能性があります
2021/12/05

米、ワクチン各社とオミクロン株に対応=ファウチ首席医療顧問

[ワシントン 3日 ロイター] - バイデン米政権のファウチ首席医療顧問は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に対応するために、ワクチンメーカー各社は変異株に特化した追加接種用のワクチン開発などを含む緊急対応を進めていると明らかにした。 ファウチ氏はホワイトハウスで記者団に対し、米政府はモデルナ、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)と共に、複数の緊急対策に取り組
2021/12/04 Reuters

日本でオミクロン株初確認 ナミビアから入国の30代男性 6大臣協議で対策検討へ

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本国内で初めて確認された。松野官房長官が30日の記者会見で明らかにした。政府は6大臣による協議を開き、今後の対策について検討する。
2021/11/30 Wenliang Wang