大紀元時報
トップ コロナ
コロナ
2017年1月26日、ジュネーブで記者会見を行うWHO事務局長候補、デビッド・ナバロ氏 (Fabrice Coffrini/AFP via Getty Images)
2020.10.13
WHOが中共ウイルス対策のロックダウンの中止を要請

WHO(世界保健機関)のCOVID-19特使は、世界の指導者たちに対し、中共ウイルス(新型コロナ)の感染拡大に対する主要な対策法方として、ロックダウン(都市封鎖)...

2020年10月2日、ホワイトハウスのサウスローンで、ウォルター・リード国立軍事医療センターへ出発するドナルド・トランプ大統領 (Drew Angerer/Getty Images)
2020.10.07
「トランプ感染の責任は中国共産党にある」ゴードン・チャン氏

作家であり中国専門家でもあるゴードン・チャン氏は、中共ウイルス(新型コロナ)流行初期に隠蔽をした中国共産党は、ウイルスの世界的な大流行とドナルド・トランプ大統領の...

(写真 - James Hime/Shutterstock)
2020.08.30
ロックダウンで家を失いSUVに寝泊まりしていた母親と4人の子どもに思いも寄らない助けが

テキサスに住む母親はコロナ禍で家を失い、4人の子どもたちと車で生活していた。しかしそれを知った人々の助けによって彼女たちの運命は一夜にして変わった。支援金額は目標...

(ESB Professional/Shutterstock)
2020.07.13
がんや心臓病リスク軽減に自転車通勤や徒歩通勤が効果的

ロックダウンを緩和する国も増えてきており、通常通り職場で仕事をする人も増えてきているなか、新型コロナウイルスのさらなる拡散を避けるために公共交通機関の利用を制限し...

Getty Images
2020.04.09
中共肺炎
「ママは頑張ってコロナと闘ってるよ」NYで医者をする母が我が子に残したメッセージ

ニューヨークで医者として新型コロナウイルスと闘う母親が、我が子に残したメッセージが今話題になっている。

太陽に「大きな穴」が開いているのをNASAは観測(NASA)
2016.07.19
コロナホール
【動画】太陽に「大きな穴」があく=NASA撮影

NASAの太陽観測衛星は11日、太陽の「大きな穴」を撮影しました。専門家は、ヒトへ与える影響は心配するほどではないと話しています。

^