大紀元時報
トップ 伝統
伝統
鈴木奈保子
2020.05.06
どら焼きは世界中で有名なドラえもんのおやつ!簡単レシピで手作りに挑戦!

「ドラえもん」のヒットで日本を代表するスイーツとなった「どら焼き」。ここでは、どら焼きについて名前の由来や起源、材料について詳しく説明しています。どこでも誰でも作...

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash
2020.05.04
伝統文化:茶に道あり

中国伝統文化において、中国人は礼を重んじてきました。その中でも、茶で客をもてなすことは礼のひとつとして重要な位置を占め、宋の時代にはかなり流行しました。

(Pixabay)
2020.05.03
上流夫人になった召使い

中国・清王朝の頃、陶澍(とうじゅ)(1778‐1839)という官僚がいた。彼は道光帝から信任を得て地方行政の改革を進め、数々の功績を残した人物である。彼の妻は身分...

naphele/Flickr
2020.04.29
京都で買えるおすすめの和コスメ・化粧道具5選

自然由来の素材にこだわった日本産コスメである「和コスメ」。日本らしいパッケージデザインはもちろん、その品質の良さにも注目が集まっています。和の伝統が生きる京都で、...

Harunatsu
2020.04.24
日本への観光で利用してみたい、セレブな気分になれる一流ホテル5選

日本にはお客様を「一期一会」の精神で心を込めてお迎えする「おもてなし」の風習があります。少し贅沢をして「おもてなし」の心を実感できる一流ホテルで過ごしてみませんか...

Richard Lee/Flickr
2020.04.23
京都おすすめ町屋カフェ5選

京都の伝統的な建築様式の町屋を店舗にしたカフェではんなり、ほっこり癒されてみませんか?人気の京都おすすめ町屋カフェ5選です。

(Project Gutenberg/ウィキペデアより)
2020.04.19
嫦娥が月に行った本当のわけ

中国古代から伝わる「嫦娥、月にのぼる」という物語をご存じだろうか?前漢の頃に編纂された『淮南子』(えなんじ)に記され、月見の由来であるともいわれている。仲の良い夫...

HITODE3
2020.04.18
おみやげにも最適!和包丁が買える老舗7店

日本が世界に誇る和包丁。その切れ味、使い勝手の良さは高く評価されており、世界中からプロの料理人が買い付けに日本にくるほどです。そんな和包丁を購入できる老舗7店を紹...

tutorial
2020.04.17
テイクアウトにおすすめ!京都で食べたい和スイーツ5選

古き良き伝統を大切にする一方で、最先端のモノも生み出している京都。そんな京都で是非ともテイクアウトしたいおススメ創作和スイーツを紹介します。

Takeshi Senuma
2020.04.15
日本茶の美味しい入れ方!覚えておきたい7つのコツ

日本人の生活に欠かせない飲み物であり、旅のお土産としても最適なのが日本茶です!この国の風土と文化が、長い時間をかけて育んできた日本茶について、選び方や美味しい入れ...

MATSUMOTO
2020.04.08
訪日旅行客にもぜひ食べてほしい!日本の【漬物】はこんなにスゴイ

日本の「漬物」は圧倒的に種類豊富。色も形も味もさまざまな漬物の魅力を知れば、日本での食事が一層楽しめること間違いなし!代表的な漬物の名称や漬物の買い方・作り方など...

Shutterstock
2020.03.21
伝統の中国茶 驚きの解毒効果

中国には、「一日の始まりに必要な7つのものがあり、それは、薪、米、油、塩、たれ、酢、お茶である」ということわざがあります。お茶は中国の文化の一部としてなくてはなら...

KAMIOKA
2020.03.14
日本の和服「着物」を徹底解説!伝統的な種類、歴史など一挙ご紹介

日本の伝統的な服というと、思い浮かぶのは芸者や舞妓が着ている着物でしょうか?実は着物には普段着やシーズン限定のものなど種類があります。そこで今回は日本の伝統的な着...

2019.09.19
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第九章:共産主義がしかけた経済的な罠(下)

共産主義の経済概念は、反道徳である。その悪影響は、社会主義国や共産主義国に広がっている。善意を装った共産主義的な経済政策が、欧米社会を蝕んでいる。共産主義が全体主...

2019.09.10
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第八章:共産主義が引き起こした政治の混乱(下)

国家や私有の権力を持つ者は、圧倒的に有利な経済的資源へのアクセスと結集力で、国内あるいは世界で、すべての人間に利益をもたらすことができる。一方、その権力を悪用すれ...

Shutterstock
2019.09.05
伝統の中国茶 驚きの解毒効果

中国には、「一日の始まりに必要な7つのものがあり、それは、薪、米、油、塩、たれ、酢、お茶である」ということわざがあります。お茶は中国の文化の一部としてなくてはなら...

2019.08.10
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第六章:神に対する反逆

世界中のほぼすべての民族には、古くから伝わる神話や伝説がある。神のイメージや彼らの神といった概念があり、それが人間の道徳と文化を形成し、伝統として受け継がれてきた...

2019.08.07
九評編集部:悪魔が世界を統治している
第五章:西側への浸透(下)

共産主義の邪霊は、偽装して欧米に潜入した。われわれが、具体的な現象を超えたところで、高みから俯瞰することができれば、共産主義の本当の姿とその目的が見えてくるだろう...

(Illustration - Shutterstock)
2019.06.17
「ストロベリームーン」の名前の由来と各国の文化

本日、「ストロベリームーン」という現象を見ることができる。 世界的に、6月の満月は伝統的に、円熟およびライフの豊かさを関連している。いろんな国々の文化として、6...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2018.09.19
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

旧正月、誕生日、入園入学入社、引っ越しなど、あらゆる祝い事に好んで作られる餃子。幸せを包み込む(China Photos/Getty Images)
2018.02.17
伝統文化
旧正月の祝い方 食べ物編:魚をひっくり返してはいけないのは何故?

旧正月は、家族の再会を祝って団欒し、新たな一年への希望を抱く時です。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、叔父叔母、離れて暮らす親戚に電話をかけて、「新年快...

2月、旧正月の飾り付けがなされた北京市内の公園の樹木に触れる少女(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2018.02.16
伝統文化
包丁を使わない「元旦」旧正月の祝い方 習慣編

2018年の旧正月は2月16日から。神々や先祖を敬い、伝統に基づき、家をきれいにして新しい服を着、新年を祝います。日本では江戸時代まで太陰太陽暦を採用していました...

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった(JOHN THYS/AFP/Getty Images)
2017.11.19
中国文化の崩壊
心のない愛 子を見ない親 簡体字が映すもの

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった。

2014年12月、エディンバラ大学ビジネス・スクールで講演するバレンティン・シュミッド氏(Youtubeスクリーンショット)
2017.07.10
修煉
仏大手銀行の元投資マネージャー やっと心から笑えるようになった

今年34歳のバレンティン・シュミッドさんはドイツのバイエルン州ミュンヘン出身。2009年にフランスのメガバンク「BNPパリバ銀行」傘下資産管理会社パリバ・インベス...

(株式会社Grow)
2017.07.07
日本伝統の風呂敷からヒント スタイリッシュなバックパック日本初先行販売

CCC(TSUTAYA)グループがクリエイターや起業家を支援するクラウドファンディング「GREEN FUNDING by T-SITE」に登録したアパレルブランド...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2017.03.27
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

(Epoch Times)
2017.03.23
見えないものこそ
本当の宝とは

中国の戦国時代(475–221 B.C.)の頃のお話です。ジン・ホウ(Jing Hou)という高官が魏の国の王子を訪れました。ジン・ホウは、この日のために、特別に...

(Sarah Sammis/Flickr)
2017.02.17
【物語】塩漬けの魚

陶侃(とうかん)という男性が、地方官として赴任していた時のことです。彼は漁業の管理をする役人でした。ある日、陶侃は人を遣わせ、地元名産の塩漬けの魚を母親の元へ届け...

伝統的価値観に立ち返り、道徳と良心を守ることこそが、この大変革の中にある希望へと導く一筋の光となる(Neil Piddock/flickr)
2017.01.14
新年特別文
【社説】2017年は大変革のとき 米国、欧州、中国も伝統回帰へ(1)

2017年の世界情勢は、引き続き激震の時となり、さらなる大変革が起きると予想される。伝統的価値観に立ち返り道徳と良心を守ることこそが、人類にとってこの大変革の中に...

織姫と彦星が再会できる日(木木子)
2016.07.06
意外と知られていない? 七夕の本当の話

今日は「七夕(たなばた)」。七夕の夜は願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉につるしますよね。みなさんはどんな願い事を書きましたか?七夕は織姫と彦星が、天の川にかけられ...

^