大紀元時報
トップ 伝統
伝統
(Illustration - Shutterstock)
2019.06.17
「ストロベリームーン」の名前の由来と各国の文化

本日、「ストロベリームーン」という現象を見ることができる。 世界的に、6月の満月は伝統的に、円熟およびライフの豊かさを関連している。いろんな国々の文化として、6...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2018.09.19
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

旧正月、誕生日、入園入学入社、引っ越しなど、あらゆる祝い事に好んで作られる餃子。幸せを包み込む(China Photos/Getty Images)
2018.02.17
伝統文化
旧正月の祝い方 食べ物編:魚をひっくり返してはいけないのは何故?

旧正月は、家族の再会を祝って団欒し、新たな一年への希望を抱く時です。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、叔父叔母、離れて暮らす親戚に電話をかけて、「新年快...

2月、旧正月の飾り付けがなされた北京市内の公園の樹木に触れる少女(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2018.02.16
伝統文化
包丁を使わない「元旦」旧正月の祝い方 習慣編

2018年の旧正月は2月16日から。神々や先祖を敬い、伝統に基づき、家をきれいにして新しい服を着、新年を祝います。日本では江戸時代まで太陰太陽暦を採用していました...

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった(JOHN THYS/AFP/Getty Images)
2017.11.19
中国文化の崩壊
心のない愛 子を見ない親 簡体字が映すもの

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった。

2014年12月、エディンバラ大学ビジネス・スクールで講演するバレンティン・シュミッド氏(Youtubeスクリーンショット)
2017.07.10
修煉
仏大手銀行の元投資マネージャー やっと心から笑えるようになった

今年34歳のバレンティン・シュミッドさんはドイツのバイエルン州ミュンヘン出身。2009年にフランスのメガバンク「BNPパリバ銀行」傘下資産管理会社パリバ・インベス...

(株式会社Grow)
2017.07.07
日本伝統の風呂敷からヒント スタイリッシュなバックパック日本初先行販売

CCC(TSUTAYA)グループがクリエイターや起業家を支援するクラウドファンディング「GREEN FUNDING by T-SITE」に登録したアパレルブランド...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2017.03.27
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

(Epoch Times)
2017.03.23
見えないものこそ
本当の宝とは

中国の戦国時代(475–221 B.C.)の頃のお話です。ジン・ホウ(Jing Hou)という高官が魏の国の王子を訪れました。ジン・ホウは、この日のために、特別に...

(Sarah Sammis/Flickr)
2017.02.17
【物語】塩漬けの魚

陶侃(とうかん)という男性が、地方官として赴任していた時のことです。彼は漁業の管理をする役人でした。ある日、陶侃は人を遣わせ、地元名産の塩漬けの魚を母親の元へ届け...

伝統的価値観に立ち返り、道徳と良心を守ることこそが、この大変革の中にある希望へと導く一筋の光となる(Neil Piddock/flickr)
2017.01.14
新年特別文
【社説】2017年は大変革のとき 米国、欧州、中国も伝統回帰へ(1)

2017年の世界情勢は、引き続き激震の時となり、さらなる大変革が起きると予想される。伝統的価値観に立ち返り道徳と良心を守ることこそが、人類にとってこの大変革の中に...

織姫と彦星が再会できる日(木木子)
2016.07.06
意外と知られていない? 七夕の本当の話

今日は「七夕(たなばた)」。七夕の夜は願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉につるしますよね。みなさんはどんな願い事を書きましたか?七夕は織姫と彦星が、天の川にかけられ...

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった(JOHN THYS/AFP/Getty Images)
2014.10.04
中国文化の崩壊
心のない愛 子を見ない親 簡体字が映すもの

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった。

渡辺幸子さん(撮影・Klaus Rinke)
2014.04.01
【伝統を受け継ぐ】古典文学に親しむ「古典サロン」

【大紀元日本4月1日】50年ぶりに再会した高校時代の友人が、知人の集まりで筑前琵琶の弾き語りを披露するのを聴いた。その日の曲目は「母」がテーマということで、人さら...

岡井孝憲さん(大紀元)
2013.09.27
【伝統を受け継ぐ】奈良晒「岡井麻布商店」

【大紀元日本9月27日】奈良三条通、猿沢の池の近くに「麻布おかい」と看板を上げる店がある。「岡井麻布(まふ)商店」の工房で生まれた作品を並べるアンテナショップだ。...

ホータン地区の小学校。「帽子(ウイグル帽)、スカーフの着用者は入構禁止」
2013.06.14
<写真で見る中国>ウイグルの格好では「入館禁止」 中国の民族政策

【大紀元日本6月14日】中国北西部の新疆ウイグル自治区で、ウイグル人の伝統的服飾を身に付けた人たちは、多くの政府機関や学校、病院、駅への立入が禁止されている。「各...

パイプオルガン建造マイスター、フランク・ロッソ―さん(大紀元)
2013.06.03
【伝統を受け継ぐ】パイプオルガン造り「マイスター」

【大紀元日本6月3日】しばらくぶりのベルリンは、イースター間近だというのに雪だった。イースターの間も降り続き、春はまだまだという雰囲気だったが、庭のクロッカスが雪...

瀧澤禎子さん 背景の書は瀧澤さんの作品(写真・大紀元)
2013.03.29
【伝統を受け継ぐ】WEB「書」のサロン

【大紀元日本3月29日】 はじまりは、とても小さかった。 奈良で一人の女性が、Twitter でポツンとつぶやくように、 毎日、書いた書をアップしだした。 一週間...

指導中の脇田初枝さん(大紀元)
2013.03.04
【伝統を受け継ぐ】二弦の琴「八雲琴」

【大紀元日本3月4日】長さ1メートルあまりの胴に絹糸の弦が2条、シンプルな作りの八雲琴が奏でる透明な響きにのせて、万葉の古歌が伸びやかに、大らかに歌いだされる。奈...

制作中の大鎌章弘さん(写真・大鎌さん提供)
2012.12.29
【伝統を受け継ぐ】ガラス工芸「とんぼ玉」

【大紀元日本12月29日】「とんぼ玉」と聞いて「それって何?」と思うのは、記者一人ではないだろう。とんぼ玉というのは糸やひもを通す穴があいている、装飾を施したガラ...

小野瑛子さん(撮影・Klaus Rinke)
2012.11.26
【伝統を受け継ぐ】秋篠手織り「小野工房」

【大紀元日本11月26日】手機(てばた)を使って、「秋篠(あきしの)手織り」を体験した。奈良市の「なら工藝館」で行われた秋の恒例「伝統工芸フェスティバル」の一環で...

久保左文さん製作の美しい茶筌(撮影・Klaus Rinke)
2012.10.31
【伝統を受け継ぐ】高山茶筌「竹茗堂」

【大紀元日本10月31日】茶筌(ちゃせん)の里、高山は奈良県生駒市の北端にある。富雄川沿いに田畑や竹林が続くのどかな田園地帯である。一方、高山には奈良先端科学技術...

山村若 長唄「歌右衛門狂乱」(山村流提供)
2012.08.27
【伝統を受け継ぐ】上方舞「山村流」

【大紀元日本8月27日】上方舞とは、いうまでもなく関東の舞踊に対して、大阪や京都の上方で発展した日本舞踊のことである。歌舞伎から舞台芸術として発展した関東の舞踊を...

今井町の街並み(撮影・Klaus Rinke)
2012.08.07
【伝統を受け継ぐ】歴史的町並み「今井町」

【大紀元日本8月7日】奈良盆地の南部、橿原市には香久山・耳成山・畝傍(うねび)山の大和三山に囲まれて藤原宮跡がある。藤原宮跡の西には神武天皇陵があり、古代の遺蹟や...

神田の舞台(撮影・Klaus Rinke)
2012.07.03
【伝統を受け継ぐ】住吉大社「御田植神事」

【大紀元日本7月3日】梅雨の晴れ間、例年通り6月14日に大阪住吉大社の「御田植神事」が厳かに華やかに執り行われた。境内の約二反歩(2300㎡)の神田に田植を行う間...

節句人形工芸士・小出康雄さん(撮影・Klaus Rinke)
2012.05.28
【伝統を受け継ぐ】節句人形「人形工房松寿」

 【大紀元日本5月28日】東大阪市の商業の中心地、布施。その布施の商業地区をわずかに離れた住宅地に「松よし人形」と看板を掲げた社屋が建つ。株式会社「松よし人形」の...

田川欽三さん(大紀元)
2012.03.25
【伝統を受け継ぐ】奈良筆「田川筆工房」

 【大紀元日本3月25日】「弘法筆を選ばず」という言葉がある。実際は、弘法つまり空海は「良い工作者は先ずその刃物を見極め、能筆家は必ず好筆を用いる」というような言...

竹井みさこさん(大紀元)
2012.02.29
【伝統を受け継ぐ】草木染

 【大紀元日本2月29日】草木染と聞いて、どんなイメージを持つだろうか。心安らぐ中間色、落ち着いた色調、紬の着物、桜の色、藍の色……など、いずれにしても、渋い色や...

2011.12.26
【神韻公演】中国古代文化の真髄を舞台に

 【大紀元日本12月26日】2011年12月18日の午後、米国テキサス州ダラス市のAT&Tパフォーミング・アーツ・センターにあるウィンズピア・オペラ・ハウスで神韻...

神韻公演に見入る満場の観客(2011年1月6日、ニューヨークのリンカーン・センター)
2011.12.22
【神韻公演】中国5千年の文化が人々の心を救う

 【大紀元日本12月22日】まもなく2012年度の神韻全世界巡回公演が始まる。ニューヨークに本部を置く米国神韻芸術団は斬新な演目と華麗なる演出で、北米、ヨーロッパ...

^