アマチュアの写真家 超高解像度の大迫力の太陽の写真を公開

米国アリゾナ州の天体写真家アンドリュー・マッカーシー氏は自宅の庭で、改造した望遠鏡で30万枚余りの太陽の写真を撮影し、つなぎ合わせて一枚の写真を作りネット上で公開した。画像には太陽の表面がはっきり写っている。
2022/03/08

ギリシャ神話より:人類の起源(上)火を得る

一説によると、神々は「人間を創る任務」をプロメーテウスとその弟エピメーテウスに託したと言われています。「先見の明」を意味する名をもつプロメーテウスの知恵は、神々をも超えるものがあります
2022/02/02

米探査機が初めて太陽の大気圏に入り、驚きの映像を送信した

米航空宇宙局 (NASA)の太陽探査機パーカー・ソーラー・プローブ(Parker Solar Probe)は、毎回太陽を通過するたびに、太陽に接近します。最近、10回目となる通過で初めて太陽の大気圏に突入しました。
2021/12/27

<心の琴線> 太陽の人

それはまだ私が母親になっていない、20代後半の頃からだろうか。小さい子供を見ると、とびきり愛おしく感じるようになった。親友の子供でも、通りすがりの子供でも、とにかく抱きしめたくなってしまう。
2020/04/19

どの太陽を選ぶ? あなたの隠された人格

物の姿形には意味があります。私たちは、自然界の山々や波、岩層の持つなだらかな曲線や鋭い輪郭から影響を受けるだけでなく、自分自身の感情や欲望をこの世界の物体に投影するのです。
2020/03/04

どの太陽を選ぶかであなたの隠された人格

物の姿形には意味があります。私たちは、自然界の山々や波、岩層の持つなだらかな曲線や鋭い輪郭から影響を受けるだけでなく、自分自身の感情や欲望をこの世界の物体に投影するのです。
2019/10/16

月は人工の物体か?=科学者の推測

宇宙飛行士が月面に着陸できるようになってから、宇宙の塵に厚く包まれている月の素顔に関する研究は、新しい段階に入った。今までの研究結果から見て、一部の科学者は、月は人工衛星であると推測する。
2018/02/22

フランク ミュラー│日の丸をモチーフにした新作ウォッチ「ヴァンガード ライジング サン」が発売開始

「日出る国」日本の日の丸のモチーフでもある太陽をイメージした「ヴァンガード ライジング サン」が、フランク ミュラーの最新コレクション『VANGUARD』(ヴァンガード)に登場。先進的なケースフォルムは個性的な表情を際立たせ、さらにアクティブなアプライドインデックスがエレガントで男らしい個性を放っています。
2017/07/04

【動画】太陽に「大きな穴」があく=NASA撮影

NASAの太陽観測衛星は11日、太陽の「大きな穴」を撮影しました。専門家は、ヒトへ与える影響は心配するほどではないと話しています。
2016/07/19

【私の一枚】雲の生成

雲は、空気が上昇して冷やされることによってできます。太陽の熱で暖められ、水蒸気になって上昇して雲ができ、雨が降るなどの気象現象が起きます。小学校で学習しましたね。
2016/07/14

【フォトニュース】1400年ぶり、モアイも眺める皆既日食=イースター島

 【大紀元日本7月13日】日本時間の12日朝、南太平洋から南米にかけて皆既日食が観測された。太陽が月と重なる神秘的な眺めに、イースター島のモアイ像も魅せられた様子だ。 NASAによると、世界遺産モアイ
2010/07/13

【フォトニュース】太陽から噴出した巨大プロミネンス、地球の直径20倍

 【大紀元日本4月26日】米航空宇宙局(NASA)は21日、太陽の表面から昇る巨大なプロミネンス(紅炎)を、新しい太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」で撮影した画像を公開
2010/04/26

月は人工の物体である=科学者の推測

 【大紀元日本12月15日】宇宙飛行士が月面に着陸できるようになってから、宇宙の塵に厚く包まれている月の素顔に関する研究は、新しい段階に入った。今までの研究結果から見て、一部の科学者は、月は人工衛星で
2007/12/15

世界初の商用太陽エネルギー発電所=スペインセビリア

 【大紀元日本7月22日】世界で初の商用太陽エネルギー発電所が、スペインのセビリアから南へ25キロほどの日照の強いサンルカ・ラ・メイヤーという都市にある。2001年から約4年の歳月をかけて建造された。
2007/07/22

NASA:オゾン層が回復中

 【大紀元日本6月5日】科学家たちがはじめて人工化学物質が地球のオゾン層を破壊していることに注目した1980年代早期、直ちに各国政府の間で「モントリオール議定書」を締結し、フロンガス(CFC)を放出す
2006/06/05

科学者が地球は「明るくなった」と報告

 【大紀元日本5月12日】スイス連邦科学技術研究院の気象学者・Martin Wild博士は今年、90年以降ずっと、地球は明るくなってきているという研究報告を発表した。  ニューヨーク・タイムズ紙の報道
2005/05/12

130億歳?最古の恒星発見

【大紀元4月16日】オーストラリア国立大学、日本国立天文台及び東京大学等の機関の研究者は、英科学誌ネイチャーで、米国ハワイの望遠鏡より、宇宙草創期に誕生し、今日までに最古の銀河系恒星が発見されたことを
2005/04/18