ガン宣告を受けてからの1週間 隠れて、祈って、泣いて

ガン宣告を受けてからの一週間はとても大変な一週間でした。ガンは移転していないか、私は死んでしまうのか、これからどれほど痛みが強くなってくるのか、髪がなくなって歩く骸骨みたいになるんじゃないのか…。 色々な不安が頭の中で何度も何度もぐるぐると周り続けます。そして私が取った行動は「逃亡」でした。
2019/09/07

自閉症を持つ息子に初めて友達ができた! 母親の心境は?

とある自閉症の男の子を持つ母親は、息子の助けになればと介助犬を見つけました。そして、その犬との出会いにより彼の人生は大きく変わりました。カイと名付けられた男の子は、4歳で自閉症と診断されました。母親は、カイが家族の他に友人がおらず、夜な夜な泣いたり孤独であことを見るのが耐え難く、とても心配していました。
2019/09/07

死は人生の一部であり恐ろしいものではない

リチャードが15歳の時に義理の父を、17歳の時にアルコール依存症だった実の父を亡くしており、現在は退職し72歳の彼は大人になってからもずっと、何をしていてもいつも「死」が頭の中にありました。
2019/09/06

クウェート人の子ども 人生を左右する手術で大きな腫瘍を切除

顔に大きな腫瘍がある子どもを持つクウェート人の家族は、治療をするために数千マイルもの旅をしました。1歳ぐらいのノール・ヌネズとその家族は、彼女の顔にある非がん性血管腫の治療をしてもらいにクウェートからニューヨークまで旅しました。ノールの母、ランヤ・アル-ムタイリが言うには、ノールが生まれたとき腫瘍は小さかったそうです。
2019/09/03

交通事故で夫を亡くし悲しみに暮れる妻、事故から1か月後に3つ子の妊娠が発覚

コートニー・ヒルはテキサス州シャーマンの海軍兵、ブライアンとイリノイ州の吹雪の中で出会った。2人は2012年に結婚し、数年後には娘のレーガンを授かった。夫婦には明るい未来が待っているはずだった。家族を襲った悲劇によってブライアンを失うまでは。
2019/09/03

アフガニスタン退役軍人、足を失った戦友とともに登山に挑戦

2010年10月アフガニスタン、海兵隊員ジョナサン・ブランクは爆弾で足を失いました。しかし、彼の生活が足を失ったことによって絶望的になることはなかったと、後にCNNに語っています。
2019/09/02

似すぎていて区別できない 一卵性の三つ子

ベッキー・ジョー・アレンとリアム・ティアニー夫妻は、娘のインディアナにもうすぐあなたはお姉ちゃんになるよと言いました。ところが、夫妻は妊娠中の超音波を見て衝撃を受けました。頭が1つではなく、3つあったのです。「うちの家系には三つ子はいなかったので、本当に驚きました」とベッキー・ジョーは英国リバプールの日刊紙『リバプール・エコー』に語りました。
2019/09/01

25歳の女性が無事に七つ子を出産

25歳のイラク人の女性が6人の女の子と1人の男の子からなる七つ子を出産したというニュースが舞い込んできました。誕生した赤ちゃんたちは全員無事だと報告されています。
2019/08/29

保健所から引き取られて笑顔が止まらないピットブル

一部のピットブルが攻撃的なのは、犬種ではなくしつけが原因であることが研究によって明らかにされている。人間の家族が適切に世話をすれば、頭でっかちで毛が短いこの犬は、気の優しい友達になってくれるのだ。
2019/08/20

天国のおばあちゃんが残した、孫への秘密のプレゼント

闘病の末、孫に会うことなく天国へ旅立ったおばあちゃんは、まだ見ぬ孫のために名前を決めておきました。家族の愛に世界中が感動します。
2019/08/19

第七章:家族の崩壊(下)

伝統的な社会において、出産や子育ては神から女性に与えられた神聖な務めとみなされていた。東西の年代記には、多くの英雄の背後に偉大な母親の姿がある。フェミニズムはこの伝統を父系社会の抑圧とみなして放棄し、出産した女性が子育てに従事するのは抑圧であると主張したのである。
2019/08/17

第七章:家族の崩壊(上)

安定した社会を支えていた家族が破壊されている。家族がなくなれば、次世代に引き継ぐべき伝統的な文化と信仰が途絶える。伝統文化と信仰を失った若い世代はその結果、共産邪霊に簡単に操られる道具となるのだ。
2019/08/11

愛犬を亡くし悲しみに暮れる男性、10匹の老犬を引き取る

ペットを飼っている人ならだれでも飼い主とペットの間に築かれる深い絆を理解できるだろう。ペットを亡くした経験がある人なら、長期間に渡って襲ってくる喪失感もおそらく理解できるはずだ。ある男性は少し違った方法でその悲しみと対峙することを決めた。
2019/08/10

知らないと損!あなたの人生を変える4つのキーストーン・ハビットとは ?

建築の世界でキーストーンは、アーチの中央に置かれる石で、アーチの両サイドがキーストーンの頂上部分で支え合い、アーチ全体の強度に係わる石だ。キーストーンなしではアーチはすぐに崩れるであろう。
2019/08/07

スマホを置いて、もっと家族と過ごしてみませんか?

携帯電話よりも、家族との過ごす時間を優先している親たちを最近よく見かけます。少し電話を置いて、家族と一緒に過ごす時間を多くしてみてはどうでしょうか?
2019/08/07

軍配属半年後、父親に走りだす子供たち

幼い子供を持つ親ならば、海外転勤の一番辛いことは最愛の家族を故郷に置いてこなければならないことです。故に、兵士の帰省はこの上なく幸せな瞬間です。家族は、愛する人にようやく会えて感情的になることを抑えきることができません。これはアイルランドの2人の兄弟が軍役から帰還する物語です。一人は家族に会うために走りましたが、もう一人は感情に打ちのめされ地面にひざまづいてしまいました。それは、それは、言いようがないほどの感動的な瞬間でした。
2019/08/04

「家なき子」 傷だらけの人生ーーエイミー・ユーの物語

エイミー・ユーは孤児ではありませんが、いつ孤児になってもおかしくない状況でした。 イギリスのケンブリッジ大学でファッションデザインを専攻し、生計を立てるために懸命に働きました。
2019/06/15

親自身が反省すべき12の振る舞い

「子は親の鏡」という言葉があります。子供は優れた観察学習能力を持ち、親の行動を見て成長するもの。子供の物事に対する考え方、生活態度の多くは家庭から来ているのです。「12種の良くない教育方法」というマンガ記事がアメリカの生活メディア「Cure Joy」に掲載され、話題を呼んでいます。
2019/02/18

40年ぶりの再会 生き別れの母と姉妹

アメリカ・カンザス州に住むスターラ・メドロックさん(Starla Medlock)とジーニー・トゥーミさん(Jeannine Toomey)は、幼いころに離ればなれになった母親をずっと探していました。
2018/06/07

ストレートな愛情表現が微笑ましい! 兄妹の抱擁

きょうだいで毎日ケンカばかりしていて、ついつい怒ってしまう…と悩むお母さんにぜひ見てもらいたい映像。仲が悪いように見えても、やはり一番の相棒はきょうだいのようです。
2017/11/23

98歳のおばあちゃんへ 孫の女性が送った言葉

家族の絆がとても強く、親孝行の人が多いと言われるフィリピン。祖母の面倒を見る女性のメッセージがフェイスブックで話題になっています。
2017/08/17

偶然に撮影した家族写真 あとで驚きのメッセージが

ふとした瞬間に、「これはやらなきゃ!」と直感で感じることはありませんか?善意に基づくことならば、勇気を出してやってみるのもいいでしょう。縁のある人に、ささやかな喜びを与えられるかもしれません。
2017/07/22

【ザ・キャピトルホテル 東急】「アラタ~ALATA~」鑑賞券付き宿泊プランのご案内 国籍・年代を問わずたのしめるノンバーバルステージ

ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町、総支配人:末吉 孝弘)では、2017年7月7日(金)に開業する「オルタナティブシアター」(千代田区有楽町)の杮落し公演「アラタ~ALATA~」鑑賞券とホテル宿泊をセットにしたプランを2017年7月28日(金)まで販売いたします。
2017/06/29

魚だって相手を思う気持ちがある?フグの愛情にほのぼの

 タイ・パンガン島にあるチャロクルム湾でスノーケリング中の家族が、偶然にみかけた光景。捨てられた漁網に引っかかったフグの側に、寄り添って離れようとしないもう一匹のフグがいました。
2017/01/18

子は親の鏡 親自身が反省すべき12の振る舞い

「子は親の鏡」という言葉があります。子供は優れた観察学習能力を持ち、親の行動を見て成長するもの。子供の物事に対する考え方、生活態度の多くは家庭から来ているのです。「12種の良くない教育方法」というマンガ記事がアメリカの生活メディア「Cure Joy」に掲載され、話題を呼んでいます。
2016/03/23

世界初の7つ子 まもなく成人に

1997年、アメリカのアイオワ州で世界初の7つ子が誕生した。医師はこの赤ちゃんたちは何日も生きられないのではないかと心配したが、7人とも無事に成長して今年11月19日に18歳の誕生日を迎え、間もなく成人を迎えるまでになった。英国のデイリーメール紙が報じた。
2015/10/22

中国人が唯一、「成功した人生」と認めないこと

 【大紀元日本9月14日】 イギリスのある小さな町での出来事 毎日、街頭で歌を歌いながら生計を立てている青年と、家族から遠く離れ、イギリスで仕事をする中国人の女性が出会った。2人は同じレストランで食事
2011/09/14

麻薬常用30年間の米人、麻薬やめた神秘な経験

 【大紀元日本8月21日】48歳のスティーブ氏は鉄道エンジニアである。スティーブ氏は15歳の時から麻薬に手を染めた。麻薬依存症でさんざん苦しめられ、彼はかつて何回も何回も麻薬をやめようとしていたが、い
2009/08/21

有害粉ミルク被害者家族ブログ、中国当局全面的に閉鎖

 【大紀元日本1月29日】有害物質メラミン含有粉ミルク事件の被害者家族が立ち上げたインスタントメッセンジャー(IM、テンセントQQ)のチャット・ブログは1月22日夜、中国当局に完全閉鎖された。22日ま
2009/01/29