安くて健康的な優良野菜「もやしは体内の毒素を排出します」

現代人の食生活は体内に「毒素」を蓄積しやすく、様々な病気を引き起こす原因にもなっている。安価なもやしには、そうした毒素を排出しやすくするデトックス(解毒)効果がある。
2021/12/28

「お茶はこんなに神秘的」その健康効果を味わいましょう

古来より、洋の東西を問わず愛飲されてきたお茶は、体内の解毒や抗炎症、消化促進、肥満解消にまで効能をもつ、実に健康にかなった飲み物です
2021/11/22

漢方医が教える「辛抱づよい臓器」あなたの肝臓を守る方法

肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれます。それは、病気があっても初期に自覚症状を発することがほとんどなく、かなり病状が進んでからようやく発見されるという、なんとも健気な「辛抱づよさ」をもつ臓器であるからです。
2021/11/15

里芋は「天然美容食品」 抗がん解毒作用も

里芋は女性の容姿を美しくし、体をスリムにするだけでなく、子沢山で幸せになり、家族を繁栄させると古くから言われています。現代の栄養学では、里芋は低カロリー、低脂肪で栄養バランスがよく、血糖値を下げ、更年期障害を緩和し、抗がん作用もあるとされています。
2021/09/21

生活のいたるところに隠れている毒素 黒豆や緑豆にもう1つ加えたスープで体内をデトックス

汚れた水、鉛の入った食品容器、さまざまな添加物の入った食品、重金属に汚染された深海魚など、生活の中には毒素があふれています。これらの物質は、体内に入ると徐々に蓄積されていきます。 漢方にある甘草黒豆スープは、これらを解毒する作用があります。
2021/09/18

水はいつ飲むのがよいか? 水分補給から考える健康増進法

「水はいつ飲むのがよいか。早朝か、午後か、夜間の就寝前か」。昔から中国伝統医学にはその答えがあるのですが、日本の皆さんは、あまりお聞きになったことがないかもしれません。「いつでも喉が乾いたら飲む」もいいのですが、もっと体に優しく健康効果も高い、漢方に基づく水分補給の方法をご紹介します。
2021/05/13

健康の秘訣 8つの解毒時間

人体は絶えず老廃物や体に有害な毒素を分泌しています。空気中や水中の汚染物質、そして残留農薬によって健康が絶えず脅かされています。解毒作用が滞るとそれらの毒素が体内に蓄積され、様々な病に侵されかねません。
2020/04/06

伝統の中国茶 驚きの解毒効果

中国には、「一日の始まりに必要な7つのものがあり、それは、薪、米、油、塩、たれ、酢、お茶である」ということわざがあります。お茶は中国の文化の一部としてなくてはならないもので、客人にふるまったり、食後にたしなんだり、その長い歴史の中で育まれてきました。約5,000年前に古代王朝が誕生した当時、中国は、「聖なる世界」と呼ばれていました。その頃、人々は、神と人間が共存すると信じていたのです。
2020/03/21

伝統の中国茶 驚きの解毒効果

中国には、「一日の始まりに必要な7つのものがあり、それは、薪、米、油、塩、たれ、酢、お茶である」ということわざがあります。お茶は中国の文化の一部としてなくてはならないもので、客人にふるまったり、食後にたしなんだり、その長い歴史の中で育まれてきました。約5,000年前に古代王朝が誕生した当時、中国は、「聖なる世界」と呼ばれていました。その頃、人々は、神と人間が共存すると信じていたのです。
2019/09/05

ジャスミン茶 女性に魅力的な効果とは?

何とも言えない魅惑的な香りがするジャスミン茶。中国では、「春の匂いがする花」 と言われ、また別名「子宮のハーブ」と称されています。緑茶やウーロン茶の葉にジャスミンの花の香りを吸わせて作られたフレーバーティーで、アンチ・エイジングや美容効果など女性に嬉しい効能があります。
2017/03/18

4種類の食物で、全身の毒素を効果的に排出!

あなたは自分の体内にどれほどの毒素が隠れているか知っていますか? 米国の疾病コントロールと予防センターの統計資料によると、人間の体内には、140種類以上の有毒の化学物質が循環しています。これだけ多くの毒素をどのように迅速に体内から排除したらよいでしょう?
2016/10/30

健康の秘訣 八つの解毒時間

人体は絶えず老廃物や体に有害な毒素を分泌しています。空気中や水中の汚染物質、そして残留農薬によって健康が絶えず脅かされています。解毒作用が滞るとそれらの毒素が体内に蓄積され、様々な病に侵されかねません。
2015/11/02

暑気払いと夏バテ予防に緑豆湯

 【大紀元日本8月3日】緑豆湯(緑豆のおしるこのようなデザート)は疲労回復、解熱、解毒、消炎作用があり、暑気払いとして夏によく食されます。 緑豆は、漢方でいうところの涼性(体を冷ます特性)をもち、甘み
2005/08/03