チンギス・カンーーモンゴル草原の凱歌(七)忠義の士【千古英雄伝】

テムジンはタタル部族を征服した後、将官たちを連れて陣営を巡回していました。この時、どこからともなく子どもが走ってきて、「エージ(モンゴル語で母という意味)に会いたい」とテムジンの足に抱き着きました。

チンギス・カンーーモンゴル草原の凱歌(六)忠義の士【千古英雄伝】

「あなたは父と義兄弟の契りを結びました。私はあなたの息子であるも同然です」とテムジンは用意していたマントをトオリルに差し出しました。このマントは、クロテン(イタチ科)の毛皮で作られた珍しいものです。

チンギス・カンーーモンゴル草原の凱歌(五)忠義の士【千古英雄伝】

テムジンはソルカン・シラからもらった馬を走らせながら、母親と兄弟たちの足跡を探索していき、ついに、オノン川河流付近で家族と再会できました。

チンギス・カンーーモンゴル草原の凱歌(四)王者への路【千古英雄伝】

ソルカン・シラの2人の息子チンバイとチラウンは父親の反応を待たずに、妹を呼んで3人でテムジンの首や手足についている鎖を外し、後で証拠にならないよう、きれいに処分した後、ゲル裏の羊毛が積まれた荷車にテムジンを隠しました。

チンギス・カンーーモンゴル草原の凱歌(二)王者への路【千古英雄伝】

ユーラシア大陸の新たな局面を切り開くという大きな使命を果たすには、それなりの苦しみと厳しい道のりを乗り越えなければなりません。テムジンは9歳の頃、嫁探しのため、父親のイェスゲイとともに旅に出ました。