動かないと筋肉は落ちる! 医師が教える筋肉減少の予防法(2)

筋肉にはもう一つ、体の生理・生化学的機能という点で重要な役割があります。それは、体内のタンパク質の貯蔵庫です。タンパク質は体の修復を助けるために使われることが多いため、体が何かをするたびに、細胞は磨り減っていくのです。

多くの人が不足しています!!糖尿病やガンを予防するマグネシウム 正しい摂り方とは(3)

成人の1日あたりのマグネシウム推奨摂取量は国によって若干異なり、女性で310〜320mg、男性で400〜420mgとなっています。 食事から摂取できるマグネシウムは、実はとても豊富です。
2022/09/11 李路明

動かないと筋肉は落ちる! 医師が教える筋肉減少の予防法(1)

重症筋無力症は、漢方でいう「痿病(いしつ)」に属します。西洋医学では、多発性神経炎、急性脊髄炎、進行性筋無力症、重症筋無力症、周期性麻痺、筋緊張性ジストロフィー、多発性硬化症、運動ニューロン疾患、その他筋力低下、筋無力、麻痺として現れる中枢神経系の感染症は、すべて「痿病」の範囲に含まれます。

多くの人が不足しています!!糖尿病やガンを予防するマグネシウム 正しい摂り方とは(2)

マグネシウムは、骨の発達、神経筋機能、エネルギー貯蔵、炭水化物、脂肪、タンパク質などの主要栄養素の代謝など、細胞内のほぼすべての主要な代謝および生化学プロセスに関与しています。以下は、マグネシウム不足と密接に関係している代表的な病気です
2022/09/04 李路明

多くの人が不足しています!!糖尿病やガンを予防するマグネシウム 正しい摂り方とは(1)

現代人に多いマグネシウムの欠乏。過去100年の間に、食事からのマグネシウム摂取量は、一日あたり約500mgだったのが、175〜225mgに減少しています。多くの子ども達の食事に至っては、食べる量は増えているのにも関わらず、栄養やマグネシウム不足が顕著になっています。
2022/09/01 李路明

心の中をぶちまけた方が病気になりにくい? 脳の老化を遅らせ、認知症を予防することができる

あなたが悩んでいるときに、話を聞いてくれる友人や家族はいますか? 自分の心の中を誰かに話すのは恥ずかしいと思っていませんか? 誰かに話を聞いてもらうことで、脳の認知機能の低下を防ぐことができるという研究結果があります。
2021/12/15

骨粗鬆症やサルコペニアを軽視してはいけない!転倒の7大原因を一挙公開

高齢になるほど、転倒によるダメージは大きくなります。 転倒の原因は何でしょうか? どのようにして防ぐことができるのでしょうか?
2021/12/07

「乳がんを予防する」実践的アプローチ11項

各種の「がん」のなかで、乳がんは台湾人女性のがん罹患数の第1位です。 台湾衛生福利部の調査によると、女性12人に1人が乳がんに罹患しているといいます。
2021/11/19

意外とすごい「キャベツの力」胃を守り、がんリスクを軽減

米国立癌研究所(NCI)の研究によると、キャベツなどアブラナ科の野菜が胃がん、大腸がん、乳がん、前立腺がんなど、各種がんのリスクを軽減させることを明らかにしています。
2021/10/10

漢方医が教えるウイルス撃退法「体に衛気を養うべし」

2年越しの中共ウイルス(新型コロナウイルス)が、感染力の強いデルタ変異株となり、世界各国で猛威を振るっています。その様な中、私たちが自分で実行可能な対策は何でしょうか。
2021/08/26

湿気を取り除き、癌を予防する赤飯

赤飯は誰もが子どもの頃に食べたことがあるかもしれませんが、ひと口食べたときに広がるもちもちした米粒と小豆の軽い香りは格別ですね。小豆の赤飯はとても伝統的な食べ物で、食材は簡単で、もち米、小豆と少しの調味料だけが必要ですが、もち米自体、滋養強壮食品なので、小豆を入れて、炊いたご飯はとても良い養生効果が期待できます。
2021/08/08

心筋梗塞の予防に老宮穴 自分でできる手のツボ押し

手のひらの真ん中にあるツボ(穴)が老宮(ろうきゅう)です。自分でもできる老宮穴のツボ押しは、心筋梗塞に代表される心臓トラブルの予防に役立ちます。 手のひらの真ん中にあるツボ(穴)が老宮(ろうきゅう)です。自分でもできる老宮穴のツボ押しは、心筋梗塞に代表される心臓トラブルの予防に役立ちます。
2021/05/27

60歳になっても社会性が高い人 認知症発症リスクが低下

認知症の発症は社会性の低下に大きく関連している。家族や友人と頻繁に接触して、活動的になることが認知症予防になりうる。
2020/04/13

美容は健康から 見落しがちな8つの健康常識

美しくなるには、まず健康から。効果的なダイエット法や最新のアンチ・エイジング療法まで最新の美容・健康情報が満載の米誌『Prevention Magazine』は、以下のことを提案しています。
2020/04/05

体に優しいリンゴ 5つの効能

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざを耳にした事はありませんか?この言葉の由来は「An apple a day keeps the doctor away」で、リンゴは体にとても良いというのが西洋社会での一般常識になっています。
2020/04/03

がん予防に13の食品 科学にもとづいた話

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。 実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がんの予防と治療として多大な影響があるということになります。
2020/03/28

緊急治療室の医師が語る 新型コロナウイルスを防ぐ効果的な方法

米国では、中国での新型コロナウイルスの感染拡大、および米国内での感染が確認されたことを受けて警戒が強まっている。ウイルスの拡散防止を巡っては、どのようなマスクが最も効果的なのかといったさまざまな情報があふれかえっている
2020/02/09

がん予防に13の食品 科学にもとづいた話

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。 実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がんの予防と治療として多大な影響があるということになります。
2019/08/26

60歳になっても社会性が高い人 認知症発症リスクが低下

認知症の発症は社会性の低下に大きく関連している。家族や友人と頻繁に接触して、活動的になることが認知症予防になりうる。
2019/08/21

尿が語る健康 5つの色が教えてくれるもの

日々の健康状態は、尿の色でチェックできます。日常生活で尿の色を気にかけることは、あまりないと思いますが、毎日の尿の色は、あなたの体の状態について、貴重な情報を教えてくれます。
2019/07/30

心臓発作、実は1ヶ月前から予兆 「6つの警告」を見逃すな

心臓発作は、実際に発作が起きる一か月前にその予兆が分かることをご存じでしょうか。発作は予防できるのです。アメリカ疾病対策予防センターによると、米国では毎年79万人が心臓発作にかかっています。差し迫っている心臓発作の予兆が分かれば、あなたもあなたの愛する人たちも、予期せぬ死から救われるのです。予兆の察知が早ければ早いほど、生存率は上がります。兆候は人によって異なり、それほど重いものには感じません。救急車を呼んでもいいのです。だって、兆候が間違いだったらそれに越したことはないのですから。もし以下の
2019/07/07

体に優しいリンゴ 5つの効能

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざを耳にした事はありませんか?この言葉の由来は「An apple a day keeps the doctor away」で、リンゴは体にとても良いというのが西洋社会での一般常識になっています。
2019/02/06

参加者最年少は73歳! マイケル・ジャクソンのスリラーに合わせ13人のシニアが暗闇でエクササイズ

リハビリ・機能訓練型デイサービス「ゆずりは」 では日常生活動作(ADL)の機能向上を目指した新しい筋力トレーニング法『暗闇シニアエクササイズ』 を実施している。最年少73歳、最高齢88歳の高齢者13名が参加し、暗闇の中マイケル・ジャクソンの楽曲に合わせて、エクササイズを楽しんだようだ。
2017/06/29

風寒型のかぜに「ニンニク」パワー

病気の回復には、三割が治療、七割が養生に頼ると言われています。ニンニクに含まれるアリシンやアホエンという成分は滋養強壮や疲労回復の作用があり、ウイルスに対する殺菌力と免疫力をアップさせるパワーがあります。かぜやインフルエンザが流行するこの時期、ニンニクを食卓に取り入れてみませんか?
2017/01/16