呼吸が苦しい病中は「うつぶせ寝」が良い

新型コロナウイルスの変異株は、依然として広がりを見せている。感染予防が第一だが、感染し、発症したとしても重症化させないことが重要だ。呼吸の苦しい病中は「うつぶせ寝」がおすすめだ
2022/03/08

董宇紅博士が語るオミクロン株「更なる変異種が出現している!」

最近の日本の研究ではオミクロン株がすでに初期の単独ウイルス株であるBA.1から、サブ変種の一つである「BA.2」に対して警戒をしています。「BA.2」はどれほどの脅威なのでしょうか。
2022/03/05

董宇紅博士が語る:オミクロン株の実態と予防法

オミクロン株による感染は、すでに全世界の感染者数の50%以上を占めています。オミクロン株に感染した場合の入院率、重症化率、死亡率、感染年齢などについて、董宇紅博士の詳しい分析をご覧ください。
2022/02/03

「白血病という病」に向き合うために

「白血病」という病気があります。 半世紀前であれば、この病名には、当時の医療で完治がかなう希望的な響きはなく、むしろ「不治の病」として、小説や映画における主人公の「残された人生の時間」が描かれる題材にもされていました
2022/01/30

「やはり起きていた」コロナ禍のなか糖尿病16%増加

コロナ禍中の2年間で、全世界の糖尿病患者数が16%増加したと言います。現在、オミクロン株によると思われる感染の第6波が猛威をふるっていますが、許容される方法によって体を動かすことは、私たちの健康維持に必要なことです。
2022/01/19

出口の見えない中国の「ゼロコロナ」 ウイルス政治化で苦境=専門家

英国の中国専門家チャールズ・パートン(Charles Parton)氏は1日付のデイリー・テレグラフ紙に寄稿し、「ゼロコロナ」政策は行き詰まり、オミクロン変異株の蔓延によって中国は苦境に立たされるだろうと論じた。
2022/01/11

新型コロナウイルス「すでに2年。しかし答えは得られず」

新型コロナウイルスについて、大紀元は、「中共ウイルス」という呼称を用いています。そこには、「中国共産党(中共)との関係を完全に断つことこそ、疫病から自身と自国を守る究極の方法」だという真実を伝えたいという願いがあります。
2022/01/05

世界に増える「危険なウイルス実験室」とくに中国で急増中

台湾の中央研究院で先日、ある女性研究補助員がP3実験室で新型コロナウイルスの病原体に接触し、デルタ変異株に感染しました。これにより、それまで35日間続いた台湾の「確定診断者0人」の記録がストップしました。
2021/12/23

「ビタミンD欠乏はコロナ感染を招く」その対策を紹介します

研究によると、新型コロナウイルスの流行期間中、体内に「ビタミンDが不足している人」は感染しやすいことが分かりました。しかし、現代人の多くはビタミンD不足の問題があります。どのように有効に補充したら良いでしょうか。
2021/11/26

感染症・恒大危機・電力不足 中国経済を襲う三重苦

今夏の中国経済は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)感染者数の増加、不動産開発大手「恒大集団」の倒産危機、そして今回の深刻な電力不足と、大きな打撃を受けている。
2021/10/16

「コーラ1.5ℓを一気飲み」北京で若い男性が死亡

この夏、中国北京市で、炎天下のなか22歳の男性が炭酸飲料のコーラを10分間で1.5リットルを飲んだ。その後、彼は、たまった腸内ガスのため苦痛を覚え、病院で診察を受け、その後、死亡したという
2021/10/04

イスラエルでコロナ再燃「自身の免疫力向上がカギ」

スラエルでの感染拡大は迅速に制御され、一時は「防疫の世界的モデル」と称賛されました。 ところが今年6月以降、イスラエルにおける感染は再び拡大し、世界で最も深刻な感染国の一つとなっています。
2021/09/10

「デルタ株は、若い人の心臓を狙う」その原因2つ

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の変異種として世界的に猛威を振るう、デルタ株ウイルス。各国は、まさに緊急の対策を迫られています。
2021/08/24

<中共ウイルス>浙江省で入港拒否されたパナマ船、ようやく救助 16人感染 

7月30日、中国・江蘇省南通港に向けてフィリピンを出港したパナマ籍貨物船「弘進号」の船員16人は新型コロナウイルス(中共ウイルス)に感染したことがわかった。浙江省と江蘇省の地方当局が、入港を拒否したため、中国人船員はやむを得ずSNS上で救助を求める投稿を行った。最初に発症したのは船で唯一、新型コロナウイルスワクチンを接種していた船員だという。
2021/08/12

免疫力アップで、ウイルス感染しにくい体づくり

ウイルスに感染しにくい体とは、免疫力が充実した、本当に健康な体のことです。そんな丈夫な体は誰もが願うものですが、そうなるためにどうしたら良いのか。免疫力をアップする食物も併せて、ご紹介します。
2021/05/20

<中共ウイルス>カナダ選手、19年秋の武漢軍運会で感染=カナダメディア

カナダ選手は2019年10月に中国武漢で行われた第7回世界軍人運動会(ミリタリーワールドゲームズ、武漢軍運会)に参加した後、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が疑われる症状が出たが、カナダ当局は関連情報を公開しなかったという。1月14日、カナダの保守派メディア「レヴェル・ニュース(Rebel News)」が軍関連情報筋の話として報じた。
2021/01/21

「トランプ感染の責任は中国共産党にある」ゴードン・チャン氏

作家であり中国専門家でもあるゴードン・チャン氏は、中共ウイルス(新型コロナ)流行初期に隠蔽をした中国共産党は、ウイルスの世界的な大流行とドナルド・トランプ大統領の感染について責任を負うべきだと述べた。
2020/10/07

<中共ウイルス>お盆を迎えた武漢市民、街頭で故人弔う 人数の多さに驚きの声

中国では9月2日、日本のお盆にあたる「鬼節」を迎えた。中共ウイルス(新型コロナウイルス)の発生地である湖北省武漢市の道端では、感染で亡くなった家族を偲ぶ市民の姿があった。武漢市民はネット上で、その人数の多さに驚き、「初めてのことだ」とのコメントを書き込み、中共ウイルスの死者が当局発表より実際に多くいると示唆した。
2020/09/04

新型コロナウイルスに感染した牧師が奇跡的に助かった方法

あるニューヨークの牧師は、人工呼吸器をつけて54日間を過ごし、治療のため、6週間以上も人工的に昏睡状態になっていました。彼は新型コロナウイルスに感染し、合計100日間、コロナと戦った後、無事回復しました。彼の主治医は、牧師の奇跡的な回復を信じていました。
2020/07/28

脳を食べるアメーバ?!フロリダ在住の男性、非常に稀なアメーバ感染を確認

米国フロリダ州保健局は7月3日、同州ヒルズボロ郡に住む男性が、脳を食べる非常に稀なアメーバに感染したことを確認しました。 この患者が感染したのは、フォーラーネグレリア(Naegleria fowleri)という水媒介のアメーバです。このアメーバは脳細胞を破壊し、致死性の高い原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)を引き起こしまいます。ヒルズボロ郡保健局の発表によると、このアメーバは湖、川、池、用水路など淡水環境下で多く見られるとのことです。
2020/07/16

ポンペオ国務長官、パンデミックで世界が 中国共産主義の脅威に「目を覚ます」

マイク・ポンペオ米国務長官は5月7日、このパンデミックによって、中国の共産政権がもたらす脅威に世界が警戒するようになったと述べた。
2020/05/11

中国杭州市、学校再開するも児童に「幅1mの帽子」の使用要求 

中国当局は中共ウイルス(新型コロナウイルス)による感染が下火になったとして、各地で学校再開を進めているが、集団感染の噂が相次いだ
2020/04/29