大紀元時報
トップ 漢方
漢方
Shutterstock
2019.09.05
陰陽 健康に必要不可欠なバランス

陰陽の概念は、伝統的な中国社会において、健康から人々の調和に至るまで全てを理解する上での基礎となっています。 陰陽の概念は西洋科学よりも数世紀前から存在しており...

米カリフォルニア州警察は、「海のコカイン」と呼ばれる巨大魚トトアバの浮袋の密輸容疑で、中国人2人を逮捕した。写真は杭州の市場で売られている乾燥浮袋(GettyImages)
2019.06.21
「海のコカイン」絶滅危惧の魚の浮袋、密輸容疑で中国人2人逮捕=米国カリフォルニア

米カリフォルニア州警察は、中国籍の男2人は、絶滅危惧の大型魚トトタバの浮袋の密輸容疑で逮捕した。この浮袋は中国で珍味として高額取引され、裏に闇組織が係わることから...

(Photo by David McNew/Getty Images)
2019.03.06
春の憂鬱、鍼灸で退治

春は陽気が上昇し、気分も浮き浮きして明るくなります。しかし、この時期に不安、不眠、憂鬱になる人もいます。このような患者は、漢方医学から見れば、肝臓の機能が弱い場合...

(Photo by Peter Macdiarmid/Getty Images)
2019.02.27
体質改善
病気だけじゃない 漢方治療

体質改善という言葉は、漢方治療の時によく使われます。つまり、漢方治療は症状を抑えることより、症状が生じた体質の状況を改善し、より根本的に病気治療することを目指して...

2019.02.23
肩こりに効くツボとは

肩こりの原因は非常に複雑である。精神緊張、眼精疲労、筋肉疲労、胃腸障害、生理不順、冷え性、呼吸器疾患などはすべて肩こりを起す可能性がある。肩こりを治療する場合に、...

GettyImages
2019.02.18
6つの加齢現象と漢方医療

「年には勝てない」と、よく言われるように、年齢を増すとともに、体にもそれなりの変化が現れます。女性は、生理の変調など更年期の現象で加齢がはっきりと現れますが、男性...

(Fotolia)
2019.02.06
漢方医師が教える 美容に良いお茶レシピ

ローズの花は、憂鬱な気分を晴らしたり、血液の循環を良くする働きがあり、赤い色の方がより効果的である。クコの実は、肝腎の精血を補い、機能を促進する。レーズンは、気血...

GettyImages
2019.01.29
春には酸っぱいものより、甘いものを食べるべし?

唐代の名医である孫思邈(そんしばく)は、「春には酸味の食物を控え、甘味の食物を増して脾の気を養うべき」と記しています。それは、酸味の収斂作用は陽気の活動を抑制し、...

Puamelia/Flickr
2018.11.27
【医学古今】 秋の風邪に効く漢方薬

風邪なら葛根湯と思っている人は多いかもしれない。しかし、これは漢方医学の考え方ではない。漢方医学で風邪を治療する場合、少なくとも季節の要素、体質の要素及び邪気の性...

(iStock)
2018.04.07
医学古今
子どもの湿疹の原因は? 改善につながる大切なポイント

乾燥する季節。アトピーなど子どもの肌荒れに悩む親も少なくありません。悪化すると、病院でステロイドの薬を処方され、一時的に改善しますが、薬を止めればまた再発します。...

(ぱくたそ モデル・恭平)
2018.03.31
医学古今
目の疲れは伝統医学で改善

パソコン、スマートフォン、テレビ、ゲーム機の普及とともに、VDT症候群(Visual Display Terminal)を患う人が増えています。デジタル機器を長時...

(Flickr)
2018.01.07
医山夜話
彼の病気は本当に治ったのか

数年前、ある末期の肝臓ガン患者が私を訪ねてきました。彼は、大手の病院ではもう治療の施しようがないので、漢方で運試しするしかない、と言いました。彼は顔色が暗く、腹水...

(iStock)
2017.10.11
「気」というエネルギ―
【医学古今】鍼灸治療と気功

鍼灸と気功。この二つは一見関係がないように思えますが、実際は非常に密接に関わり合っています。

桑の木は、葉、枝、皮、実まですべてが生薬になる(iStock)
2017.09.30
渾身の生薬
【医学古今】ー桑ー

糖尿病や高血圧、脂質異常症などに効く健康食品として、最近注目されている桑の葉。漢方医学では、桑の木はそのほとんどが生薬として使えます。桑の木は言わば「渾身の生薬」...

季節の女性特有のお悩みに効果があるとされる食材を取り入れ、薬膳料理研究家が監修した春のレディースランチ「楊貴妃ランチ」(株式会社プリンスホテル提供)
2017.03.28
トレンド
新生活、季節の変わり目、梅雨…女性を支える春の「楊貴妃ランチ」

新生活によるストレス、季節の変わり目での体調変化、梅雨のもやもやなど…外部の刺激に敏感な女性の心を支える春のランチメニュー「楊貴妃ランチ」が、このたび、ザ・プリン...

よく煮込んだお粥の煮汁が肺を守る(Shutterstock)
2017.03.13
漢方医のおすすめ 
肺をいたわる簡単レシピ

私たちは、なぜくしゃみや咳をするのでしょうか?それは、外部から体内に侵入してくる細菌、ウィルス、ホコリなどの異物を肺が感知した時に、それを排出しようとするからです...

(Shutterstock)
2017.01.10
健康の源はここ!
【漢方】精を養って元気に

まだまだ朝夕の冷え込みが続きます。動物が冬ごもりをするように、人間も活動を控えてエネルギー(気)を蓄える時期です。今回は、生命エネルギーの源である「精」についてご...

北京政府高官はこのたび、深刻な漢方生薬の問題が中医学の没落につながるという表現は誇張ではないと発言した。写真はジャスミン茶の葉、参考写真(Jan Fidler/flickr)
2016.12.22
漢方
土壌汚染、途絶える加工伝承「漢方生薬が中医学を危機に」北京高官が発言

 国家中医薬管理局局長は12月6日、 中国中医薬の白書発表の席で、漢方生薬の問題で中医学が没落するという表現は、決して誇張ではないと発言した。

(Fotolia)
2016.12.11
疲れが取れない?それは「気の病」が原因かも

朝から身体がだるい、午後になっても疲れが取れない…といった悩みはありませんか? 疲労の原因は様々ですが、その一つに「気の病」が挙げられます。「気の不足」や「気の滞...

(写真: 甄立学 提供)
2016.08.31
【医学古今】手指関節痛 背部兪穴で治療

60代の男性のケースです。頚椎症により頚腕部の神経痛が発症し、鍼灸治療を受けていました。頚椎症の症状が次第に改善された後、手指関節痛が現れました。特に両手の人差し...

(大紀元)
2016.06.02
【医学古今】足底筋膜炎の陰と陽

60代の女性の患者さんが、足底部の痛みで鍼灸治療に来られました。症状は半年前に始まり、当時は右の踵を中心に痛みと腫れがありましたが、今は局部の腫れがなくなり、痛み...

(Unknown author/Wikimedia Commons)
2016.04.11
古代中国の智慧
まずは姿勢から! 健康の基本

最近、身体が不調でつらい・・・という方、姿勢を正すことから始めてみませんか?正しい姿勢は気の流れをスムーズにし、集中力と自信を養います。中国では昔から、「立つのは...

Waldemaя/Flickr
2016.03.31
漢方医学
感情の変化と病気

ずっと身体の疲れが取れない、便秘がちだ、肩こりがひどい・・・といった、不定愁訴に悩む人は少なくありません。これといった原因が見当たらない人は、自分の感情変化に問題...

2015.11.02
中医学
健康の秘訣 八つの解毒時間

人体は絶えず老廃物や体に有害な毒素を分泌しています。空気中や水中の汚染物質、そして残留農薬によって健康が絶えず脅かされています。解毒作用が滞るとそれらの毒素が体内...

2015.10.20
ガンにかからない村の秘密 

中国南部の広西チワン族自治区は、長寿の村が多いことで知られている。同自治区桂林市茘浦県のある村は人口3653人、癌に罹っている人は一人もいない。現状がたまたまそう...

KENTAMA/Flickr
2015.09.16
【医学古今】突発性難聴の鍼灸治療

難聴や耳鳴りは、症状が慢性化すると治療が難しくなります。しかし、発症後早い段階で適切な治療を施せば改善する場合が多く、鍼灸療法でも治療効果が実証されています。鍼灸...

2015.09.11
薬用植物 合歓木(ネムノキ)

 夜になると向かい合う羽状の葉が閉じ合わさることから、「眠る木」または「寝る木」という意味で名付けられたネムノキ。中国では合歓樹(ごうかんじゅ)と呼ばれるマメ科の...

t-mizo/Flickr
2015.09.03
薬用植物 ドクダミ

ドクダミは中国では蕺菜(しゅうさい)、魚腥草(ぎょせいそう)などと呼ばれ、民間で広く親しまれている植物です。雲南省辺りでは、新鮮なドクダミの根や葉は薬膳料理として...

Kikuko Nakayama/Flickr
2015.07.29
古代人の生活へタイムスリップ 暑気払い

古代中国の哲学では、万物は「陰」と「陽」の相反する二極に分類できると信じられていました。四季でいえば、春と夏は成長の季節で「陽」。その後、貯蔵の季節である秋と冬の...

2015.07.15
日本における漢方の始まりⅡ

宋の時代(西暦1000年頃)に印刷技術が開発されると、多くの書物が出版物として世の中に広まるようになります。医書も数多く出版され、医学の知識は飛躍的にその水準を高...

^