小白菜は高カルシウム野菜でデトックス効果もある

鮮やかな緑の葉と新鮮な白い茎が特徴の小白菜は、スープや麺類の副菜として使われることが多いですが、カルシウムやデトックスに役立つ栄養素が豊富に含まれています。小白菜の選び方、洗い方など、健康に食べるためのコツがあります。
2022/02/17

農薬や虫が付きやすい!洗うのが難しい野菜6選 正しい洗い方は?   

野菜は農薬や害虫の問題が発生しやすいので、調理前に洗うことが大切です。しかし、野菜によっては洗いにくいものもあり、農薬や害虫のリスクをどう解決すればいいのでしょうか?6種類の野菜の正しい洗い方をご紹介します。
2022/01/10

野菜の農薬を洗い流すための重要ポイント!―野菜の洗い方のコツ

野菜全般に言えることですが、残留農薬が問題になっています。食材の栄養素を摂取し、農薬を避けるにはどうしたらいいのでしょうか?タム・ダンカンさんが、野菜の洗い方のコツを2つ教えてくれました。
2022/01/04

「きれいな野菜ベスト15」お好きなものは、どれですか?

米国の環境団体(EWG)は今年初め、2021年の「最も清潔な野菜と果物」ベスト15種を発表しています。このランキングは、主に農薬や殺虫剤などの薬品が残留している度合いを科学的に評価したものです。
2021/10/30

7. 肌がきれいになる農作業~善玉菌が全身を浄化する

土いじりをすると手が荒れる──。家庭菜園を楽しむ人にしろ、プロの農業者にしろ、なぜか土に直接触れると手が荒れる。そして、そのことは当たり前のこととして一般に受け止められている。子供たちに農業体験をしてもらう企画がテレビ番組で紹介される場面でも、畑で種播きしたり、苗を植えたり、あるいは収穫するとき、子供たちはビニール手袋をはめたうえ、さらに軍手をはめて参加する様子が映し出される。いま日本の農地は、素手で入ってはいけない危険地帯になっているのだ。
2021/08/21

3. がんの原因は肥料と農薬~石油由来の毒に注目せよ

原因不明で、かつ治療法もない病気を「難病」という。日本では年々増加し、令和元年7月の時点で国の指定難病が333個におよぶ。また、がんの罹患率は、いま日本人の2人に1人にもなり、ほかに脳卒中や心臓病、糖尿病など、いまや深刻な病気が誰にでも襲ってくる時代になっている。では、さまざまな病気の原因は何だろうか。そして、病気になることは決して避けられないのだろうか?
2021/08/13

2. 栄養学のパラダイムシフト~素材の安全性はどうなのか

栄養学の専門家は、健康な生活を送るために「糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく食べよ」という。こうした栄養指導によって、人々は健康になるどころか、むしろ難病を含めた病気は増え続けている。厚生労働省の公式サイトでは、いまや日本人の2人に1人ががんになる時代だと警告している。
2021/08/12

1. 人口爆発と肥料栽培の限界~資源は枯渇する

いま、世界人口は約77億人にのぼる。1950年の国連の統計によると、当時の世界人口は約25億人なので、わずか70年のあいだに3倍に増えたことになる。一方、世界の食料の生産量も、農水省の統計資料によると1960年に約8億tであったものが、2015年に約24億tと3倍に増えているため、数字の上では、食料不足にはなっていない。もちろん、全く問題がないというわけでない。
2021/08/11

【漢字パズル】農□、□剤、良□、□箱

□に入る漢字を考えてください。 適当な漢字を入れることによって、「"農□、□剤、良□、□箱"」という4つの二字熟語ができます。 □に入る漢字は、熟語によって読み方が違ってもかまいません。
2021/08/08

ツマジロクサヨトウ、中国8省で確認 年内約6万平方キロメートルの農地に影響

イネ科やキビ、トウモロコシに深刻なの害をもたらす世界10大害虫のひとつ、ツマジロクサヨトウ(Spodoptera litura)が中国8省で確認された。中国農業農村部によると、暖冬の今年は、昨年よりも被害が大きくなる見込みという。
2020/03/10

「自然栽培」日本企業10年の取り組み 中国で注目あつまる

中国国内インターネット上で、ある日本企業が注目されている。その企業は10年間も赤字覚悟で安全第一、高品質の農産物を作る試みを続け、最終的に無農薬農産物の栽培生産を成功させた。そのブログ記事が人気を博し、新浪微博、網易などのメディアで転載された。目先の利益を優先にし農薬をどんどん使う中国の農業関係者や市民は最初は嘲笑していたが、この成功に驚き、そして深く考えさせられたようだ。
2016/09/19

食糧生産地で大規模な害虫被害 「10年ぶりの被害」=中国華北・東北

【大紀元日本8月16日】華北・東北などの食糧の主要生産地区で大規模な害虫被害が発生(ネット写真)最近、中国の華北、東北などの食糧主要生産区の一部の地域で大規模な害虫による被害が発生しており、トウモロコ
2012/08/16

深刻化する土壌の質の低下 化学肥料の多用が要因=中国

 【大紀元日本7月27日】中国農業科学院の専門家がこのほど、化学肥料と農薬の大量使用により、耕地の質が低下し、食糧生産量維持が危うくなる可能性がある、と警告した。 中国農業科学院のデータによると、50
2011/07/27

農薬残留量増加で多動症のリスクが倍に=米・カナダ研究

 【大紀元日本5月29日】 高濃度の農薬を使用して栽培されたブルーベリーやイチゴ、セロリなどの果物や野菜が、児童の注意力散漫や多動症(ADHD)のリスクを高める事が、このほど米国とカナダの研究により明
2010/05/29

「農薬カクテル」?イチゴ一粒から13種の残留農薬が検出=北京

 【大紀元日本4月29日】国際環境保護団体「グリーンピース」は最近、北京、上海及び広州で行った野菜および果物の残留農薬検査報告を公表した。結果は驚くべきもので、北京のウォールマートでは一粒のイチゴから
2009/04/29

中国当局:他国から日本にメタミドホスを持ち込む可能性排除できない

 【大紀元日本3月1日】中国製冷凍ギョーザ中毒事件を巡る日中両国間の論争は最近、ますます大きな異なる見解に走る様相を呈している。2月28日、中国国務院の記者会見で、国家品質監督検査検疫総局及び公安部刑
2008/03/01

中国製冷凍食品の農薬混入問題について

 【大紀元日本2月9日】このところ中国産冷凍食品中毒の問題が大きくクローズアップされている。中国の現状から見るとこの種の問題が遅かれ早かれ話題になるのは必至ではあったが、ここまで問題が大きくなると別の
2008/02/09

中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(1)

 【大紀元日本1月31日】安全性が疑問視されている中国製食品による深刻な健康被害が昨年末から日本で発生していることがわかった。千葉と兵庫で中国製冷凍ギョーザを食べた10人が下痢や嘔吐(おうと)などの食
2008/01/31

中国貴州:偽マオタイ酒に劇薬

 【大紀元日本1月16日】偽商品が溢れている中国だが、国酒と言われる最高級酒「マオタイ(茅台)」もその例に漏れないことが明らかになった。貴州省貴陽市で最近、劇薬ジクロルボス(DDVP)を使用して作られ
2007/01/16

広州市の大手スーパー、有毒青果物を販売か

 【大紀元日本6月15日】国際環境保護団体グリーン・ピースはこのほど、中国広州市のスーパーマーケットの野菜と果物を調査した結果、「万佳」、「百佳」、「家楽福」(カルフール)などのスーパーマーケットチェ
2006/06/15