高智晟弁護士、自宅前で警察から暴行受ける

2006年07月31日 13時56分
 【大紀元日本7月31日】7月30日午後10時、北京の人権弁護士・高智晟氏は、自宅前で同氏を監視している警察車両のエンジン騒音について付近住民の苦情を伝え抗議したが、その場にいた3人の警察に殴られ、肘のあたりを出血した模様。高氏は現在、小関派出所に勾留されているという。高弁護士はこれまで、中国共産党(中共)政権の指導者に、法輪功への集団迫害の違法性を訴え、迫害の中止を要請する公開状を提出、さらに本年2月には、同業弁護士らと共に民主活動のため中共の迫害に抗議する趣旨のハンストリレーをスタートしたが、自らの法律事務所が強制封鎖された上、当局から圧力、脅迫、尾行、連行、交通事故など、あらゆる妨害が繰り返されているという。

 30日午後9時、高氏一家の就寝時間になっても、自宅前で監視している警察車両がエンジンをアイドリングしていたため、騒音となり近所迷惑になった。高弁護士は、警察との最初の交渉では、午後10時になったら、エンジンを切るとの約束を取り付けたが、約束の時間が過ぎても、エンジンの騒音が止まなかったため、高弁護士は警察に通報した。

 高氏は通報を受けた警察が現れる頃に自宅前へ出たという。高氏の妻は、暫くして様子を見に行ったところ、高氏は3人の私服警察に殴られて地面に押さえ付けられていたという。さらに、高氏に馬乗りになった警察は大きなレンガを持ち上げ、高氏の頭を目掛けてたたきつけようとした。高氏の妻は、自ら体当たりして警察の暴行を止めさせたという。

 高氏の妻によると、警察は自宅前で8ヶ月にわたり、日夜車のエンジンを掛けたままにしており、住民たちが騒音で夜が眠れないほどだという。住民たちは警察に言えないため、高氏に何度も苦情を訴えたという。しかし、高氏が留守の時には、警察の監視隊も現れない。このため、高氏は、状況が改善されなければ、自分が再び家を離れざるを得ないのだと、少し前に同件について心情を語ったという。

 記者は小関派出所へ電話にて問い合わせたが、警察側から「知らない者には、情報は出せない」とコメントを控えられた。

 高弁護士はこれまで中国共産党(中共)政権の指導者に、法輪功への集団迫害の違法性を訴え、中止を要請する公開状3通を提出したが、昨年10月から数十人の私服警官に監視尾行され続け、法律事務所が強制封鎖された上、恐喝、暗殺、人格の侮辱などにさらされている。さらに本年2月4日、同業弁護士らと共に民主活動のため中共の迫害に抗議する趣旨のハンストリレーをスタートし、内外で波紋を起こした。そのため、当局から圧力、脅迫、尾行、連行、交通事故など、あらゆる妨害を受け、
陜北の実家でハンスト中であることを示す青いリボンを胸につけた高智晟弁護士。2006年4月1日(写真/馬文都)

今も続いている。

関連キーワード

関連特集

^