【中国のことわざ】風聲鶴唳

2006/07/02 21:38
 【大紀元日本7月2日】【風聲鶴唳 Fēng shēng hè lì 】風の音や鶴の鳴声を聞いても、敵の追撃かと疑って、恐れること→意気が阻喪しておじけづいた者は、なんでもないことに驚きあわてること。

 紀元383年、前秦の王・符堅が東晋と戦うために、百万の軍隊を率いて陣を列ね、淝水に臨んだ。東晋の将軍・謝玄が使者を遣わして、秦王の弟の符融に、「秦軍は岸に陣を列ねているだけで、すぐに我が軍と決戦しようとしているようには見えません。秦軍は少し後退し、我が軍に淝水を渡らせてから決戦したら、如何でしょうか」と提案した。

 秦王の部下は皆、「晋軍に河を渡らせ、岸に登らせてはいけない」と反対したが、秦王・符堅は、「晋軍が河を渡る途中で彼らを殲滅することができるので、我が軍は少し後退してもいい」と主張し、符融もこの策が良いと思ったので、秦軍を指揮して後退を始めた。

 ところが、秦軍が後退を始めるや否や、東晋の謝玄がすぐさま晋軍を渡河させ進撃してきた。符堅は後退を始めた秦軍を制御できず、多くの兵が殺されて大敗した。生き残った兵卒は、よろいを棄てて闇の中を逃亡した。彼らは、風の音や鶴の鳴き声を聞いても、晋軍がまた追って来たかと怯えた。

 今日の中国共産党政権は、この諺のように、すでに草や木まで敵に見えるほど、ひどく怯えており、情勢が非常に不安定となっている。

 出典:唐・房玄齢『晋書・謝玄伝』

(編集・縁修)


注目記事
^