英国有名ブランド・バーバリー、製造拠点中国への移転反対=チャールズ皇太子

2006年11月28日 09時52分
 【大紀元日本11月28日】英国のサンデイ・タイムズ紙は26日、英国有名ブランドのバーバリー社が英国西南部ウェールスにある製造工場を労働賃金の安価な中国へ移転することを報じた。そのために、英国の同社工場で働く約300人の労働者が失業することなり、これに対して、チャールズ皇太子は強い関心を寄せた。

 報道によると、チャールズ皇太子はバーバリー社の工場移転に対して反対の意を示した一方、政府関係者に対して協力要請を求めた。

 また、映画キング・アーサー等に出演したイギリス・ウェールス出身のハリウッド俳優ヨアン・ギリフィズ氏もバーバリー工場の移転計画を反対し、英議会のライトン・アンドゥルス議員を通じて、同社総裁に対して計画の取り消しを求める書簡を送ったという。

 アンドゥルス議員は、バーバリー社のホームページでは「同社は英国の特色を有する高級ブランドである」と示している以上、英国での製造を保持すべきであるとの見解を示した。

 また、数日前にランダ・サイノン・タフ地区の同社職員たちが数軒自社ショップ前で抗議デモを行ったという。

 バーバリー社はギリフィズ氏の書簡によって、苦しい立場に立たされただけではなく、バーバリーを愛好するマドンナ、ベッカム氏、ビクトリア氏およびスーパーモデルのケイト・モス氏等の反応にも神経を尖らしているという。

関連キーワード
^