印刷版   


頻尿・便尿失禁の漢方と鍼灸治療法

文・甄 立学

 【大紀元日本6月20日】頻尿や便尿失禁は、高齢者によく見られる症状である。漢方医学の理論から考えれば、いずれも腎気不足によって、起こる症状。漢方薬で治療する場合は、補腎作用の八味地黄丸を中心に、補気作用の補中益気湯を合わせて使えば、効果的。ツボ治療法としては、腎兪穴と命門穴にお灸をしても効果がある。

 腎兪穴は、第2と第3腰椎棘突起間の外方1寸5分のところにある。

 命門穴は、第2と第3腰椎棘突起の間にある。

 (07/06/20 08:56)