印刷版   

中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定省の僧院で教典を学習する僧侶たち(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)

チベットラマ僧に「愛国主義試験」合格を義務化

 【大紀元日本6月17日】ここ数カ月間、中国当局の工作チームがチベットの各寺院に進駐し、僧侶に愛国主義の教育を実施している。また、武装警察が各主要の寺に駐留。最近、寺のラマ(チベット仏教の僧侶の呼び名)が中国当局の指定する「愛国主義試験」に合格しなければ、ラマの身分を剥奪されるとの現地情報が寄せられた。

 ロイター通信は、この愛国主義試験が今年の9月に行う可能性が高いと報じ、「その目的は、チベット仏教の精神リーダーのダライ・ラマへの忠誠を断ち切ること」と分析した。

 チベット亡命政府(本部・インド)の幹部・サイジャ氏はロイター通信の報道の信憑性を証言した。

 同幹部は、「いわゆる愛国主義教育はすでに長年実施してきたが、今回の状況は一層厳しい。ラマたちにはダライラマを非難するよう強いられたり、同意しない文面に署名するよう強制されたりしている。これは最近の数カ月間に発生したこと…。この状況はラマたちにとって最も強い精神的な侮辱である」と話した。

 ロイター通信は、「中国の憲法は宗教信仰の自由を定めているが、実質上、仏教およびその他の宗教の信仰活動はすべて中国当局がコントロールする『協会』の許可を得なければならない」と報じた。

 前述の幹部・サイジャ氏は、「ダライ・ラマを含めチベット亡命政府は、中国当局との対話の実現を呼びかけ続け、切に望んでいる。この対話で実質的な成果が見出せれば、初めてチベット問題の真の解決に向かう」と述べ、「チベット人が中国当局の政策に抗議し、ダライ・ラマを擁護し続けている問題について、中国当局は現実を直視し、分析を行い、それから問題の解決に取り組むべき」と指摘、この根本的なことを解決しない限り、チベット問題はずっと持続していくとの見解を示した。

 (翻訳・編集/叶子)


 (08/06/17 08:24)  





■関連文章
  • トーチリレー直前、ラサ市に軍人1万2千人進駐=チベット(08/06/15)
  • カトリック香港司教「中国の極端な愛国主義は危険」(08/06/07)
  • 中国境界検問所、チベット独立宣伝品発見、日本人旅行者拘束(08/06/07)
  • チベットの爆発案件:亡命政府幹部、冤罪の可能性示唆(08/06/07)
  • 米NYフラッシング事件の中国当局の挑発目的を見極めよ=欧州委員会副委員長(08/06/05)
  • 「六・四」天安門事件19周年、都内で記念集会開く(08/06/04)
  • 【人権聖火リレー】台湾入り、中国共産党の人権侵害を非難(08/06/03)
  • 「人権聖火リレーを成功させよう!」=東京で決起フォーラム(08/06/01)
  • Sストーン発言、中国メディアが歪曲報道(08/05/31)
  • 四川大地震:チベット族自治州被災者40万人、深刻な食糧・水不足(08/05/26)
  • 縁起数字「8」、今年の中国には災いを招く?(08/05/24)
  • 【6月2日 】 シンポジウム「チベット~終わらない人権侵害と中国の民族政策~」(08/05/22)
  • 国際メディアよ、情報封鎖からミスリードを狙う中共政権に注意せよ(08/05/19)
  • グローバル人権聖火リレー、米フロリダ州入り(08/05/15)
  • ペマ・ギャルポ教授、参議院議員会館で講演(08/05/13)