印刷版   

スウェーデン国会議員、同国欧州評議会代表団団長、欧州理事会(PACE)副会長、政治委員会委員長を務めるゴラン・リンドブラート(Goran Lindblad)氏が来日。8月4日、東京での「中国およびアジア民主化促進国際大会」に参加(大紀元)

欧州理事会副会長来日、「中国共産党政権は1年以内に崩壊」

「中国およびアジア民主化促進国際大会」に出席するために来日したスウェーデン国会議員ゴラン・リンドブラート(Goran Lindblad)氏=同国欧州評議会代表団団長、欧州理事会(PACE)副会長、政治委員会委員長=は8月3日、大紀元時報が主催するシンポジウムに参加し、フランスの衛星通信大手ユーテルサット社(以下、ユ社)が中国語による独立メディア新唐人テレビの中国向け衛星放送のシグナルを遮断する事件や北京五輪後の中国の行く末などについて講演した。

  同氏は、ユ社が自己利益のため中国当局に屈する行為は、「共産制度と原始的な資本主義が共謀するスキャンダル」であり、ユ社は必ず自業自得になると非難。また、中国の行く末については、共産党体制は来年までに短期間で解体すると予測している。

 フランス政府はユ社の汚職を是正すべきだ

 6月中旬、衛星放送の長期使用契約を新唐人テレビと結んでいたユ社が、同局の中国向け衛星放送のシグナルを遮断。この件について、リンドブラート氏が国境なき記者団の証拠を挙げて以下のように説明した。

 ユ社ではシグナルの遮断は「技術的な故障」としているが、国境なき記者団が入手した同社の高層幹部と中国当局の幹部との1時間にわたる電話録音では、中国当局のロケットで自社の衛星を発射させる取引が交わされ、ユ社が中国当局に妥協して、中国当局が敵視する新唐人テレビの放送シグナルを遮断したと証明された。

 同氏は「これは一大スキャンダル。この1時間の電話は、共産党独裁政権と原始的な資本主義との共謀を立証する絶好の実例。(共産党の元祖)レーニンの名言「資本家が我々に一本の縄をくれたら、私たちはこれを使ってこいつを首吊りさせる」があてはまる。ユ社が中国当局に妥協すれば、必ず自業自得の結果を招く」と述べた。

 また、フランス政府は欧州理事会の条例と合意に基づいてユ社の責任を求めるべきと指摘。ユ社のシグナル遮断に「技術的な原因」を示す証拠が提出できなければ、フランス政府は同社の法的責任を追及していく義務があると述べた。

 同氏の説明によると、すでにスウェーデン外相に本件の報告書を提出。ユ社の「汚職行為」に対して措置を取るよう要請した。また、8月の欧州理事会の部長会議でフランスの部長らにこの事件への具体的対応を質疑する構えで、ユ社総裁には配達証明付きの書簡を送付し、説明を求めたという。

 リンドブラート氏は、ユ社の本部はフランスにあるが、会社自体の保有・運営は欧州の多国にわたり、同社の利益は欧州全体に関連すると指摘。欧州全体にこの問題を提起すべきと述べた。

 また、同氏は、欧州に留まらず、豪州、日本などの多くの先進国もこの事件に関心を寄せて発言すべきと指摘。「民主国家で操業する大手企業がこのような行動に出ることが許されれば、言論と報道の自由が侵害される恐れがある」と分析した。

 中国に近隣するアジア最大の民主国家日本について、リンドブラート氏は開放と交流維持を願い、「できるだけ開放し、できるだけ交流を行うべき。共産党独裁政権がもっとも恐れるのは開放である。できるだけ多くの中国人留学生を受け入れることで、民主主義に接する機会が設けられる」と述べた。

 また、同氏は、「日本は中国の共産党政権の本質を把握し警戒しなければならない。彼らの宣伝に騙されてはならない。日本の実業家が中国当局とビジネスする際に、経済と政治の両面から中国共産党に明確なメッセージを発するよう日本政府は促進するべき。つまり、中国当局の政治と人権問題は受け知れられないという姿勢を示すべき」と進言した。

 中国共産党政権は一年以内に崩壊

 リンドブラート氏は、北京五輪後の中国の行く末を予測。共産党政権は、来年、急速に崩壊するとの見解を次のように示した。

 「私は中国の未来を楽観視している。数年前、中国共産党体制は5年以内に崩壊するという広く知られた賭けをした。現在、私が予測している時期は、わずか1年余りのこと。この確率は非常に高く、しかも急激に進行すると私は認識している。

 旧ソ連解体前の多くの症状が中国で現れている。たとえば、民衆の脱党運動、民衆と政府の対立など。中国では共産党政権への公の場での抗議が多く発生している。一部の極秘調査の結果、当局に反対する民衆が極めて多いことが判明した。これらは皆、旧ソ連体制解体直前の状況に非常に似ている。中国共産党政権が崩壊するのが今年になるか来年になるかは確定できないが、私が思うには非常に早い。予想を超える可能性もある。

 北京五輪はこの崩壊の始まりであるかもしれない。この一週間内に何が発生するかを注視しよう。」

 北京五輪について、同氏は北京には行けないが、もっともっと多くの人が自由・民主・人権を要求するTシャツ、あるいは同様のプレートをつけて五輪に参加するよう呼びかけた。「すべての選手が五輪でこのような身なりをするよう期待している。共産党政権は彼らを取り締まる術かない」と強調した。

 
(記者・趙莫迦、翻訳・叶子)


 

 (08/08/09 10:54)  





■関連文章
  • 中国伝統武術界九大大師が一堂に(08/08/08)
  • 国境なき記者団は今夜、世界9都市の中国大使館前で同時集会(08/08/08)
  • 中国当局、外国メディア数社のサイト封鎖一時解除(08/08/04)
  • 全世界華人ヴァイオリンコンテスト、新唐人李総裁「全ての人が勝者」(08/08/01)
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)
  • 米放送管理局が転向、対中国唯一「情報・自由の窓」閉鎖の危機(08/07/31)
  • 「全世界中国舞踊コンテスト」アジア太平洋地区予選、8人がNY本選へ(08/07/30)
  • 駐伊・中国大使、中国向け放送中断事件への関与認める(08/07/25)
  • NTDTV中国向け放送遮断事件:EU議員ら共同記者会見、中国当局とユ社の報道妨害を非難(08/07/19)
  • 国境なき記者団:ユーテルサット社を非難、新唐人アジア放送再開を呼びかける(08/07/17)
  • 欧州理事会副委員長、新唐人テレビ中国放送の再開を要求(08/07/17)
  • 五輪前に独立系メディアの衛星放送を中断、原因は「中国からの圧力」(08/07/15)
  • 中国大陸向け真相放送を絶やすな=新唐人テレビ支持者ら、国際社会の支持呼びかけ(08/07/11)
  • 新唐人テレビ、中国向け放送再開をユーテルサット社に強く要請中(08/07/09)
  • スラーヤ3号 商用サービス開始(08/06/25)