印刷版   

チベット弾圧抗議50周年とラサ3・14事件一周年を前にチベット及び四川、青海、甘粛省のチベット人居住区は、異常な緊張に包まれている(Getty Images/AFP)

チベット地区に数万人を増兵、緊張高まるラサ

 【大紀元日本3月12日】チベット弾圧抗議五十周年とラサ3・14事件一周年を前にチベット及び四川、青海、甘粛省のチベット人居住区は最近、異常な緊張に包まれている。3月9日、ある外国人記者は四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州康定県で多くの実弾をこめた拳銃を持つ武装警官が陣を構え、街を巡回警備している様子を撮影し、また一部チベット地区では携帯電話とネットサービスが中断しているという。また軍サイドはチベット地区へ周辺地区から数万人の兵士を派遣し、同地区の保安を強化。さらに国境警備の公安はチベットとの国境線での制限を強めているという。

 AP記者は9日、チベットと国境を接する甘孜州康定県で軽機関銃を装備した多くの武装警官が列を成し巡回している様子やパトカーに追尾している様子を撮影したという。多くのヘルメット、警棒、シールドを装備した武装警官も街の至る所で目にし、公安が各地点を警備。傍ではまばらに市民や僧侶が通り過ぎ、ひっそりとした雰囲気が漂っており、近くの道孚県では多くの商店が店を閉めているという。

 ラサ街頭も非常に緊張しており、あるレストラン従業員の話では現在24時間、武器を手にした公安が巡回しているという。市民は外出したければ必ず身分証明書を携帯しなければならない。公安に随時身元確認をできるようにするためだ。

 報道によると元武装警察部隊政治委員・隋明太氏が、最近軍サイドが周辺地区から数万人の兵士をチベットに派遣し、保安強化したことを認めた。公安部国境警備管理局政治委員・傳宏裕氏も部署兵力がチベット国境線と重点地区、道路の安全制限作業を強化したことを認めている。

 四川省アバ州および甘孜などのチベット人が集中するいくつかの地区では携帯電話や携帯の情報ネットが中断され、国外からチベット地区への通話が難しくなっている。ラサの携帯電話使用者は3月10日から5月1日まで「ネット保護」を実施するため、サービスが随時停止するという知らせを受け取ったという。チベットに関わるいくつかの民間ウェブサイト、たとえばチベット人文化ネット、さらにいくつかのチベット仏教ウェブサイトは全て「保護」のため暫時停止を要求され、運営をしばらく停止しているという。

 
(翻訳・坂本)


 (09/03/12 23:42)  





■関連文章
  • ダライラマ、中共はチベットを人間煉獄に変えた(09/03/12)
  • チベット事件一周年前、2寺院の僧侶らを連行=青海省(09/03/12)
  • チベット爆発事件:国営新華社が速報、世論コントロール狙い(09/03/11)
  • 青海省チベット自治州:警察車両と消防車が爆発(09/03/10)
  • ダライ・ラマ14世:昨年のチベット暴動、中国警察の自作自演(09/03/09)
  • 英「オアシス」中国ツアー、公演許可突如取り消し(09/03/09)
  • ラサで夜間外出禁止令、チベット地区はすでに軍監視下に(09/03/08)
  • 中国四川省アバ州:武装警官、チベット寺院を包囲封鎖(09/03/06)
  • 人権観察組織、観察職員の中国入り求める(09/03/03)
  • 焼身抗議のチベット僧に警官が発砲=四川省(09/03/01)
  • 国際社会に訴え、北京繁華街で直訴者ら5千枚ビラ配り(09/03/01)
  • チベットなど7省地区で大雪、四川・チベットで雪崩発生(09/02/28)
  • 同化政策に反発、文化保護運動を起こすチベット人(09/02/27)
  • 中国四川省当局、抗議活動参加のチベット人21人逮捕(09/02/20)
  • 人権団体、ヒラリー米国務長官に対中人権問題の提起呼び掛ける(09/02/17)