印刷版   

チベット仏教の修行映画、シャロン・ストーンら絶賛

 【大紀元日本4月7日】11世紀チベットに実在したチベット仏教のミラレパ(密勒日巴尊者)の修行物語を描く映画「ミラレパ」が4月上旬、米国で上映された。ネイティブではない英語発音、非商業的な、このような低コストの製作はアメリカではヒットが難しいが、同映画は予想以上に熱い人気を集めた。 最初は大都市の芸術系映画館のみ上映されていたが、現在200本以上のコピーで全米各地で同時上映されている。シャロン・ストーン、リチャード・ギア、キアヌ・リーヴスなどのハリウッドのスターたちからも賞賛されている。

 シャロン・ストーンは、米国西海岸で行われた試写会で、映画を見た感動について話した。「この映画を鑑賞する時、全身の血が沸き立った。一本の宗教的な映画にこんなに惹かれるとは思わなかった。しかも、映画の風景は絵画のように綺麗で、詩のようなリズムを持っている。アメリカ映画とは違う鑑賞体験を与える映画だ」。

 シャロン・ストーンは、長年の芸能生活の中、名利を追及するため、焦り、時には憎しみなどのマイナス的な感情を抱えて生活してきたが、ミラレパの修行物語を通して、寛容と慈悲の知恵を教えられたと感想を語った。

 即身成仏したミラレパの修行物語を描くこの映画は、チベットでの現地撮影は中国当局に禁止されたため、インドとチベット国境地帯のスピティという美しい山間部で行われた。監督のチュニンルンチェボはブータン在住のチベット人。幼少時から仏教の修行を始め、映画製作にも強い興味を持つ。専門的な技術訓練を受けたことがないが、心を込めて製作したという。

 チュニン監督は、「人類の道徳が退廃する今、この映画を通して、人々に善を重んじ、悪を退け、過ちを犯した人でも人生をやり直す機会があるなどのメッセージを発したい」と語った。

 ミラレバは、11世紀にチベットで生まれた実在の人物。幼くして父を亡くし、叔父に財産を奪われ、極貧の生活だったが、呪術を習得して、叔父を絶滅させた。しかし、そのことを後悔し、転生活仏とよばれるマルバのもとで修行し、秘儀を習得した。

 チベット人作家・唯色(ウェイ・スー)さんによると、ミラレバはチベットの最も偉大な詩人であり、修行の心得を歌にして易しいところから仏法の奥義を説いているという。

 日本での公開は未定。

(翻訳編集・叶子)


 (09/04/07 12:36)  





■関連文章
  • チベット人女性作家、中国当局の宣伝はチベットを貶めている(09/04/05)
  • 「世界仏教フォーラム」台湾で閉幕、問われる中共の「宗教統一戦線」真意(09/04/03)
  • 台湾嘉義県で口蹄病発生の疑い、問題の豚を処分.(09/04/02)
  • 中国大型スパイ・ネット、103カ国に侵入(09/04/01)
  • 中国YouTube封鎖、各界から非難(09/03/30)
  • 神韻台湾公演、大盛況のうちに終了(09/03/26)
  • 中国当局の旅行団体派遣、台湾への経済同化策略(09/03/24)
  • 中国青海省:ラマ僧自殺で数千人のチベット人と警察が衝突(09/03/23)
  • 中国四川省で軍人銃撃される、当局捜査員1万人動員(09/03/22)
  • チベット亡命政府、弾圧事件の映像を公表(09/03/21)
  • 神韻高雄公演「完璧の一言に尽きる」=台湾(09/03/20)
  • 四川省チベット族住居区、警察交番で爆発(09/03/19)
  • 軍人7万人がチベットに進駐、専門家は中共を非難(09/03/19)
  • チベット弾圧314事件1周年:チベット族政府職員が連行され、西蔵大学には武装警察が駐留(09/03/18)
  • 台湾人の香港入国拒否訴訟案最終審理、中国当局の裏ブラックリスト浮上(09/03/18)