印刷版   

台湾で豚インフル初の病例

 【大紀元日本4月29日】台湾国内で初めてH1N1型豚インフルエンザが発生した。調査によると、32歳の男性に発熱症状が現れており、この男性はメキシコへ行ったことがあるという。現在、署立桃園病院で検査を受けているという。疾病管理局は27日午後7時半ごろ、詳しい説明を公表している。

 豚インフルエンザと呼ばれるH1N1新型インフルエンザは「調査病例」「可能性が高い病例」「確定病例」という病例分類に分けられ、患者は38度を超す高熱となり、呼吸気管関連あるいは肺炎の症状が現れる。これに加えて接触経験と旅行経験を含む流行病学条件に符合すると、“調査病例”と判断され、検査を受ける必要が出てくる。もし検査でインフルエンザウィルスA型陽性が検出されても亜型には季節性インフルの検査方法で分類する術がないため、「可能性が高い病例」とされる。さらに血清検査、ウィルス培養、および抗体検査後、豚インフルの「確定病例」と判断されるという。

 
(翻訳・坂本)


 (09/04/29 10:14)  





■関連文章
  • 台北法輪功、“4.25”10周年記念集会開催(09/04/26)
  • 北朝鮮、米国籍女性記者を裁判に(09/04/24)
  • ジャッキー・チェン氏失言、奴隷根性と非難殺到(09/04/23)
  • チベット仏教の修行映画、シャロン・ストーンら絶賛(09/04/07)
  • 台湾嘉義県で口蹄病発生の疑い、問題の豚を処分.(09/04/02)
  • 神韻台湾公演、大盛況のうちに終了(09/03/26)
  • 中国当局の旅行団体派遣、台湾への経済同化策略(09/03/24)
  • 神韻高雄公演「完璧の一言に尽きる」=台湾(09/03/20)
  • 台湾人の香港入国拒否訴訟案最終審理、中国当局の裏ブラックリスト浮上(09/03/18)
  • 南シナ海西砂諸島に中国の監視船(09/03/16)
  • 台湾発・アロエ食品はいかがですか(09/03/09)
  • 神韻台北公演、大盛況のうちに閉幕=台湾(09/03/03)
  • 神韻台南公演、連日満席の盛況=台湾(09/02/24)
  • 台湾経済急激悪化の原因、対中投資政策ミス=台湾経済学者(09/02/24)
  • 【台湾通信】南国・北台湾の春らんまん(09/02/17)