印刷版   

東洋文化の催しで茶道の体験

東洋の伝統文化を満喫=ロンドン

 【大紀元日本9月3日】8月22日午後、ロンドンのUPF(天宙平和連合=Universal Peace Federation)本部で、世界文化協会(World Cultural Association)が、UPF協賛のもとで「東洋文化体験」(Oriental Experience)を開催。在英の中国、韓国、モンゴル、日本の伝統文化の代表者が招待され、百人を超す専門家、学者、政界人が出席する中、独自の文化が披露された。

 世界文化協会を創始したイギリスの音楽家ピーター・グラハム(Peter Graham)氏の開会の辞を皮切りに、UPSの英国の責任者ロビン氏も「文化芸術には言葉と人種を越える力がある」と挨拶。世界各地で平和と自由を促進するUPSを紹介するビデオを放映した。ロンドン地区議会のムラッド・クレシ氏(Murad Qureshi)は、「ロンドンはマルチカルチャーの面で世界一。ロンドンの多様性を讃える、このようなイベントが行われることを歓迎」と辞した。

 中国伝統文化を紹介するセクションでは、劉偉博士が、神韻が伝える純正な中国伝統文化を紹介。「神韻は一流芸術の域を越え、中国の神伝文化を精神的に内包している。神韻芸術団は世界一流のダンサーと音楽家だけでなく、舞台背景、衣装、照明などの完璧な舞台効果に対しても、多くの世界的な芸術家から絶賛されている」と説明した。

 韓国、モンゴル、日本の代表も、それぞれ各国の伝統文化を披露。モンゴルの馬頭琴の独奏、情熱あふれるモンゴル舞踊、茶道のお手前、和服の展示、「桜」の唱歌など多様な催しとなった。

 催し物の後、グラハム氏は参加した各国文化の代表者全てに感謝の意を表わし、文化の伝播は自由であるべきで、すべての人に文化を表現する権利があると語った。

 今回の催しは、午後2時から始まり6時半に終了。来賓の熱烈な長い拍手でイベントは幕を閉じた。来賓は皆、今回の東洋文化体験を通して、その悠久の歴史と奥深さを興味深く受け止め、堪能した様子だった。

(翻訳編集・李頁)

 (09/09/03 11:18)  





■関連文章
  • ウイグル人権活動家、神韻を絶賛(09/09/02)
  • 【党文化の解体】第3章(17)(09/09/01)
  • 日台書道名人交流、台中で展示会=台湾(09/08/31)
  • 「まるで花壇の賑わい」 鎌倉彫の武登苑作品展(09/08/20)
  • 【党文化の解体】第3章(16)(09/08/15)
  • ネット封鎖突破ソフト、中国本土で大人気 警察もビジネス展開か(09/08/13)
  • ますます注目される、カルガリー国際映画祭=カナダ(09/08/12)
  • 【英国通信】 国会議事堂近くで一日絵画展(09/08/12)
  • 全世界華人声楽コンテスト、優勝者「堂々とした正大な気風」(09/08/09)
  • 原爆投下から64年、夕やけ空に建つ広島原爆ドーム(09/08/07)
  • 【世界Q&A】①「あえて国産品を買いますか?」(09/07/31)
  • ウイグル人権活動家ラビア氏が訪日、北京激怒(09/07/30)
  • 緊急シンポジウム「ウイグルで何が起きているのか?」:期待するのは「毅然とした日本」(09/07/29)
  • 【弟子規】第三単元(09/07/18)
  • 【中国伝統文化】他人の意見に耳を傾ける(09/07/17)