印刷版   

胡錦濤主席ニュースを放送ミス 北京市テレビ局トップ免職か

 【大紀元日本11月16日】北京市のローカルテレビ局「北京電視台」の台長が最近、懲戒免職の処分を受けたと海外中国メディアが報道した。同テレビ局が胡錦濤国家主席のニュースを報道する際に、音声と画面が不一致になる放送ミスがあったため、「深刻な政治錯誤」として、トップの劉愛勤・台長の責任が問われたという。

 内部情報筋によると、同テレビ局が胡錦濤国家主席のニュースを放送する際に、画面に北京市委員会宣伝部部長(一説では、北京市共産党委員会書記)が映り、音声と画面が不一致となった。「深刻な政治錯誤」とみなされ、劉愛勤・台長は懲戒免職され、『北京日報』の副社長に左遷されたという。

 今回の報道ミスは技術的な問題だったのか、人為的なものだったのか。同テレビ局の対応は非常に控えめで、トップの更迭についても一切コメントをしていない。

(翻訳編集・叶子)

 (09/11/16 07:40)  





■関連文章
  • オバマ米大統領、アジア歴訪 注目される日米中関係(09/11/14)
  • 60周年式典、胡錦濤 VS 江沢民の闘争の舞台に(09/10/04)
  • 建国60周年、強まる「愛国心」キャンペーン(09/09/02)
  • 南北2大有力紙、江沢民派閥同時討伐=中国(09/07/30)
  • ウイグル抗議事件、導火線は高層権力闘争か(09/07/27)
  • 中国当局批判のウイグル女性、逮捕される(08/09/13)
  • ホット・マネーに翻弄される中国経済(08/09/05)
  • 五輪参加選手40数人、中国当局に連名嘆願書提出か(08/08/07)
  • 貴州抗議事件、強化される情報封鎖(08/07/03)
  • 中央に陳情する香港実業家、強制連行される(08/06/14)
  • 北京五輪前に、キリスト教取締が一層強化=国際支援団体(08/06/13)
  • 人権宣言の国で広がる波紋=仏五輪選手ら、胡錦濤に「人権尊重を呼びかける」書簡(08/03/30)
  • 2008年世界独裁者ランキング、金正日・総書記が首位(08/03/17)
  • 「腐敗は必ず共産党を崩壊させる」=胡錦濤・総書記(08/03/01)
  • 中国、米軍艦の香港寄港拒絶=裏に潜む中国最高指導部の権力闘争(07/12/08)