THE EPOCH TIMES

【ニューヨーク通信】人々の憩いの場 「日本庭園」ブルックリン植物園

2010年05月12日 05時55分
 【大紀元日本5月12日】ニューヨークのブルックリン植物園内にある「日本庭園」は、日本以外で訪れる人が最も多い人工的に作られた丘と池を備えた公園のひとつだといわれている。中央にある大きな池の周りには石灯籠や東屋、渡り橋、小島、外景に合わせて配列された岩や石、祠(ほこら)と小さな神社、池の中に作られた滝や朱塗りの鳥居、入り口近くにある木作りの玄関と長い垣根などが、公園の主な景観になっている。冬の一時期を除き、訪れる人々に日本の庭の美しさと穏やかさを感じさせ、心癒される市民の憩いの場として、長い間愛され親しまれている。

 この公園内では、結婚するカップルの記念撮影などがしばしば行なわれており、これもまた訪れる人々の目を楽しませてくれる。桜の満開の頃は庭園の美しさと共に日本の風情を十分に楽しめる。公園にしばし佇むと、まるで都会の喧騒がうそのように、そして今自分がアメリカにいることをすっかり忘れさせてくれる。

 この日本庭園を設計したのは庭師の塩田武雄である。彼は「私の最大の野望は、世界で最高に美しい庭を作ることだ」と語り、1915年にこの日本庭園を完成させている。彼はこの公園のほかには数か所、ニューヨーク州近郊の個人邸宅の庭などを手がけている。塩田は第2次大戦中に日系人収容所に収容され、1943年に亡くなった。ブルックリン植物園の日本庭園は、一時反日感情のあおりで破壊され、数年間にわたり閉鎖を余儀なくされた。この公園はアメリカで一般に公開された最初の日本庭園となった。

 ブルックリン植物園は、今年は3月14日から11月5日まで一般に公開されている。

 入場料は、大人8ドル、65歳以上と子供が4ドルである。(各イベント開催時は料金が変わる。桜祭りは15ドル)

 マンハッタンから地下鉄で約30分程で行ける。詳しくはブルックリン植物園の公式サイトをご覧ください。

日本庭園の裏玄関(山崎)

渡り橋(山崎)

池の中の小さな滝(山崎)

東屋の横に見事に咲いた藤の花(山崎)

庭園内に優雅に咲く日本のしゃくやく(山崎)

園内にある立派な灯篭(山崎)

表玄関と長い垣根(山崎)

庭園内に咲くつつじの花(山崎)

東屋で日本の風情を楽しむ人々(山崎)

公園内に植えられたスペイン・ヒヤシンス。4万5千本もある(山崎)

(NY=山崎)


関連キーワード
^