印刷版   

中国の発展途上国への融資額、世界銀行を超す

 【大紀元日本1月19日】英紙フィナンシャル・タイムズの調査によると、中国の国家開発銀行と輸出入銀行は2009年からの2年間にわたる発展途上国の政府と企業への融資は、1100億ドルを超えた。

 一方、2008年半ばから2010年半ばまでの2年の期間、世界銀行から発展途上国が融資した総額は1003億ドルだった。

 中国の同融資総額は世界銀行より10%上回ったことになる。

 英BBC中文ネットによると、中国の国家開発銀行と輸出入銀行は国外融資の詳細情報を公表していないため、フィナンシャル・タイムズ紙の調査は主に公表された関連融資の情報や、融資先の国の情報、中国当局の情報に頼っている。

 「一部の『敏感な』融資は公表されるはずもない。フィナンシャル・タイムズ紙が公表した中国の融資総額は実際の数値を下回るものだろう」とBBCは指摘した。

 一方、フィナンシャル・タイムズ紙のこの調査結果について、これらの銀行はコメントしていない。

 2010年、中国の外貨準備高は世界最高の2兆8500億ドルに達している。BBCは、「中国国家開発銀行と輸出入銀行は実質上の『政策銀行』であり、その根本的な任務は中国当局の国家利益のために業務を展開することである」と分析し、中国の原材料不足の問題を解決することや、中国企業のために国外市場を開拓することが、その任務の一環であると指摘した。

 同報道によると、エネルギー資源や自然資源はあるが、開発資金を誘致できない一部の国に対し、中国当局は融資している。交換条件は資源の長期的供給である。このような方式で、中国はベネズエラやブラジルなどの国に、石油の長期供給の協議を締結させている。

(翻訳編集・叶子)


 (11/01/19 12:43)  





■キーワード
中国国家開発銀行  輸出入銀行  発展途上国  融資  世界銀行  石油  資源  


■関連文章
  • 中国、北朝鮮に20億ドル投資 北東アジア最大の工業特区を建設(11/01/13)
  • ロシア原油パイプライン、中国ルートが正式運転開始(11/01/03)
  • 中国石油化工集団、世界の油田を買い込む 石油再配分への野望(10/12/17)
  • 中国食糧生産に隠された課題(2)(10/11/28)
  • 中央アジア 増え続ける中国の支配力(10/11/25)
  • 長江の最大支流・漢江、枯渇の危機(10/11/24)
  • 新疆の砂漠に渤海の水を 「海水西調」大プロジェクト、疑問視する専門家(10/11/13)
  • 【フォトニュース】金本位制を再検討 5大通貨の新システムを検討 世銀総裁 (10/11/09)
  • 大連石油パイプライン、再び炎上 近くに有毒品タンク 市民につのる恐怖(10/10/25)
  • 【フォトニュース】米オバマ政権 サウジへ5兆円分の武器 売却へ(10/10/23)
  • 【フォトニュース】名古屋でCOP10開会 原産国へ利益配分など議題(10/10/19)
  • 中露、石油精製所の合資建設 50億ドルプロジェクトに合意(10/09/27)
  • 中国、ブラジルに熱いまなざし(10/09/21)
  • 中国石油、原油流出事故の賠償責任を放棄か(10/09/16)
  • 中国銀監会委員長、国内銀行のシステミック・リスクを懸念 (10/09/16)