THE EPOCH TIMES

中国高速鉄道の南京駅で雨漏り・地盤沈下 責任者「特別な設計だから」

2011年07月15日 06時27分
 【大紀元日本7月15日】北京―上海間を走る高速鉄道の南京駅で、早くも雨漏りや地盤沈下が発生した。手抜き工事を疑う声がある一方、同駅の責任者は「特別な設計だから」と批判をかわした。中国江蘇網が報じた。

 12日に南京を襲った暴雨によって、南京駅構内の床面に多数の水溜りが現れた。天井の梁から水が漏れ、白い梁は泥水で黄ばんでいる。一部の梁は破損したため、すでに撤去されている。

 さらに、地盤が沈下して窪んだ箇所が確認された。窪みには足首を超えるほどの水が溜まっているという。床に敷き詰めた大理石も破損しており、人が歩くと、破損箇所から泥水がはね上がってくる。

 中国版ツイッター「微博」の書き込みで発覚したこれらの事故について、同駅指揮部の責任者はメディアに対して、「地盤の沈下は、特別な設計によるものです。天井の雨漏りも、建築後に必要な確認テストのようなものです」と弁明した。

(翻訳編集・高遠)


関連キーワード

関連特集

^