脳卒中リスクが4.5倍に? 微小プラスチックの脅威

研究結果によれば、マイクロプラスチックは至る所に存在しており、心臓の動脈硬化のプラーク内にも見られることが明らかになっています。これは心臓疾患による健康リスクを大幅に高める要因となります。
2024/07/16 Ben Lam, JoJo Novaes

DNAサイズのプラスチックが人体に侵入?! どうすれば防げるのか

プラスチック汚染を終わらせるための国際条約に関する議論の中で、大量の研究が人間の健康に対するリスクと緊急の解決策の必要性を明らに示唆しています。
2024/07/03 Amy Denney

研究:水道水を沸騰することでプラスチック微粒子を90%除去

近年、至る所に存在するプラスチック微粒子(microplastics、別名微小プラスチック)が人々の関心を集めています。人々は、プラスチック微粒子が水の循環を通じて食物連鎖に入り込み、最終的には食べたり、飲んだり、吸い込んだりすることで体内に入り、健康を害することを懸念しています。
2024/04/10 陳俊村

【210人にアンケート】購入した・購入を考えているジュエリーボックスは?

おすすめ比較サイト「Picky's」を運営する株式会社rentryがインターネット調査を実施し、ジュエリーボックスに関するアンケート結果を発表しました。
2024/03/25

環境に優しいはずの植物由来ストローから「永遠の化学物質」PFAS検出:研究結果

最近の研究によって、環境に優しいとされる植物由来のストローに、人体や環境に有害な「永遠の化学物質」として知られるPFASが含まれていることが判明した。
2023/08/31 Naveen Athrappully

若年化する「乳がん」その予防と早期発見のために(2) 今日から実行できる予防法

乳がんを予防するため、今日から実行できることは何でしょうか。第一に、環境ホルモンへの接触機会を、可能な限り減らします。
2022/03/17

若年化する「乳がん」その予防と早期発見のために(1) 若年化する乳がん患者

アジア地域では #乳がん が若年化する傾向があります。 現在医学界は、その確実な原因を発見していませんが、 #乳がん の発症を可能な限り予防する方法はあります。
2022/03/16

レジ袋使わない生活「定着していると思う」 環境省、プラ製品有料化案を推進 12品目へ拡大も

賛否両論の「レジ袋有料」問題について、環境省はマイバッグを持参するといった新しい生活様式が定着しているとし、12項目のプラ製品についても有料化を含めむ法案を推進していく姿勢を示した。岸田内閣の誕生で山口壮氏が環境大臣に登
2021/10/07

竹100% インドでペットボトルの代替品を発明

消費による深刻な環境汚染の1つは、使い捨てプラスチックに起因する。ビニール袋や使い捨てペットボトルなどは、海に浮遊し、数十年にわたり生態系に取り返しのつかない害を与えた。
2019/09/12

枯渇する揚子江、重度の土壌汚染、効果的な環境対策講じられていない=中国環境問題専門家

中国環境問題専門家は最近、米大学で講義し、土壌、水のいずれも中国共産党当局は決定的な対策を講じておらず、海外組織に対する情報検閲と調査禁止により汚染レベルの把握自体が難しいと述べた。
2019/02/25

【動画】プラスチックの袋で火を起こす方法

キャンプなど屋外で火を起こす場合、木の棒を擦って摩擦熱により発火させることが真っ先に頭に思い浮かぶかもしれない。もっと容易な方法がこのたび、Youtubeで公開された。キッチンにあるプラスチックの袋で火を起こす方法だ。
2019/02/04

素朴でおいしそう!食べられるスプーン

数年前、自宅のキッチンで食べられるスプーンを開発していたが、今では世界中からの発注に追われている。生産に追いつかないほどの成功を収めたベイキーズ・フーズ(Bakeys Foods Private LTD)社創設者のナラヤーナ・ピースパティ(Narayana Peesapati)さんは、現有の製品以外にフォーク、お箸も生産している。
2017/05/22

【動画】プラスチックの袋で火を起こす方法

キャンプなど屋外で火を起こす場合、木の棒を擦って摩擦熱により発火させることが真っ先に頭に思い浮かぶかもしれない。もっと容易な方法がこのたび、Youtubeで公開された。キッチンにあるプラスチックの袋で火を起こす方法だ。
2016/10/14

【私の一枚】 コップの水の中のカナダの新札

【大紀元日本9月4日】去年の末、 カナダは新100ドル札にプラスチック(ポリマー紙幣)を導入しました。プラスチックなので、写真のように水に浸けても大丈夫。通常の紙幣より2.5倍長持ちします。 ただいま
2012/09/04

スターバックス社、中国製カップを回収

 【大紀元日本10月17日】米国の大手コーヒーチェーンのスターバックス社と米国消費者製品安全委員会(CPSC)は10月10日、中国産プラスチック製カップの大量回収を公表した。 同社によると、今回の回収
2007/10/17

7千カラット世界一ダイヤモンド、プラスチックか

つい最近、南アフリカ北西部にある鉱山から、ヤシの実程の大きさのダイヤモンドが発掘された。しかし、鉱山経営者は、このダイヤモンドはプラスチックだったと発表した。 世界最大のダ
2007/10/12