動かないと筋肉は落ちる! 医師が教える筋肉減少の予防法(2)

筋肉にはもう一つ、体の生理・生化学的機能という点で重要な役割があります。それは、体内のタンパク質の貯蔵庫です。タンパク質は体の修復を助けるために使われることが多いため、体が何かをするたびに、細胞は磨り減っていくのです。

動かないと筋肉は落ちる! 医師が教える筋肉減少の予防法(1)

重症筋無力症は、漢方でいう「痿病(いしつ)」に属します。西洋医学では、多発性神経炎、急性脊髄炎、進行性筋無力症、重症筋無力症、周期性麻痺、筋緊張性ジストロフィー、多発性硬化症、運動ニューロン疾患、その他筋力低下、筋無力、麻痺として現れる中枢神経系の感染症は、すべて「痿病」の範囲に含まれます。

便利なビーチサンダル  知られざる危険に注意しましょう

近年、ビーチサンダルは、涼しく、着脱が容易であり、夏場に断然有利なことから、欠かせないアイテムの一つです。 足の裏が直接地面に触れないだけでなく、他の部分が覆われていないため、より素足に近い状態になります。

「多くの人がタンパク質不足です」筋肉を増やし、体脂肪を減らす方法(2)

筋肉を増やすには、まず総タンパク量に注目したい。それを計算する天然食品のタンパク質源は、大きく動物性と植物性に分けられる
2022/03/22

「多くの人がタンパク質不足です」筋肉を増やし、体脂肪を減らす方法(1)

タンパク質は、筋肉を増やし、体脂肪を減らすのに不可欠な栄養素だ。ただし、多くの人はタンパク質摂取量が不足している。
2022/03/21

「減量したいなら脂肪を摂る」その逆説的真理とは何か?

体脂肪を減らすために欠かせない栄養素とは、何だろう?意外に思われるかもしれませんが、食物のなかに含まれる「脂肪」。つまり「良質の脂肪を食事から摂取すること」が、ダイエットや減量はもちろん、健康維持には不可欠なものといえる
2022/03/04

なんとか防ぎたい「就寝中の筋肉けいれん」

昼間、ジョギング中などに足がつってしまうのは、単に運動による疲労が原因であることが多いものだが、夜、ベッドに寝ていて突然ふくらはぎにけいれん(こむら返り)が起き、激痛で目が覚めるのは、多くの場合、全く別の原因によるものだ
2022/03/02

美しく痩せるために「炭水化物も必要です」

体重を減らすにはどうすればよいか?それには筋肉量を増やし、脂肪を減らす必要がある。三大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂肪のバランスだといえる
2022/03/01

ホエーは優れたタンパク質「減量や血糖管理にも好適です」

今では利用価値の高い「食品」として見直されているホエーをご存知ですか?ヨーグルトのカップを開けたときに、表面に見える透明な液体がホエーですが、実は高タンパク・低脂肪であり、カルシウムやビタミンB群も含まれています。
2022/02/09

ランニングには欠かせない 筋肉をつけ、脂肪燃焼を促進するアミノ酸

マラソンは持久力が試される長距離スポーツであり、ランナーはエネルギーを補給することが重要です。特に必須アミノ酸は、より強い体を作るのに役立ちます。
2022/01/24

長寿と美容への新たなアプローチ「体温を1度上げましょう」

なぜ体温が低いと体に良くないのか。体が冷えることは、血液の温度が下がるのと同じ。血液の温度が下がると、血液の循環にも変化し、血液の流れが悪くなる。この記事では「体温を1度上げる」ユニークな方法を紹介する
2022/01/20

筋肉が徐々に骨に 医師もさじを投げるストーンマン症候群

ニューヨークに住むある男性は、幼い頃から筋肉が徐々に骨に変わっていく、治療法のない珍しい症状に悩まされてきました。 この男性はYouTubeなどのソーシャルメディアを活用し、難病と戦う姿を伝えています
2022/01/19

「筋力の低下にご注意ください」改善のカギは運動とタンパク質摂取

サルコペニアとは、主として加齢による筋力の低下および筋肉量の減少のことです。高齢者によくみられますが、高齢者だけではなく、まれに若い人にも起こります
2021/12/06

研究:最適の睡眠時間は「長くも短くもなく」

高齢者は、寝る時間が短すぎても、長すぎても、脳の健康に悪影響を及ぼすことが分かった。1日の睡眠時間は6、7時間がベストのようだ
2021/11/24

ダイエットの肝は「太りにくい体質になること」

減量と聞くと、「炭水化物(糖質)を抜く」と考える人が多いかもしれません。 しかし、このような食事法をとると、確かに一時的に体重は落ちますが、なかなか根気が続かないため再び太りやすくなります。
2021/10/30

テレワークで太る人、痩せる人「どちらもご注意ください」

意外かもしれませんがテレワークで「体重が増えた人と、体重が減った人の数は、ほぼ同数」だったそうです。 この大規模調査を行ったのは、ハーバード大学医学部の研究チームです。
2021/10/15

ポーズを披露するのが得意な世界最小、体重500gの鶏

マレーシア原産の鶏「セラマ」は、世界最小の鶏として知られており、通常体重は500g程度しかありません。 興味深いことに、この小さな鶏は「筋肉」を見せつけるポーズを披露することが好きで、まるでボディビルダーのようです。
2021/06/29

「タンパク質不足に注意!」 筋肉量を減らさない食べ方

タンパク質は、人間が筋肉を保つために欠かせない、重要な栄養素です。しかし、ご注意いただきたいのは、ベジタリアン(菜食主義者)、ダイエット中の人、高齢者の3種の人は、その食生活の影響により、タンパク質が不足しやすいのです。
2021/06/23

ダイエットには「デンプン摂取が必須」 リバウンドしにくい食べ方

もしもあなたが「大変だ。ダイエットしなければ」と思い立ったら、まず何をされますか。
2021/06/14

タンパク質欠乏「7つのサイン」 食事改善でウイルスに強くなる

タンパク質は、人が生命を維持するため、抜けてはいけない「積み木」の一つです。皮膚、毛髪、器官、筋肉、骨格、神経など、全ての構成に不可欠なタンパク質が欠乏すれば、それこそ全身の機能を深刻に損ないかねません。自分の体のタンパク質欠乏を早期に発見し、重大な事態に至らないうちに、適切に対処することが肝要です。
2021/06/08

夜中に痛む「筋肉けいれん」 予防にはこんな食事を

夜中に起きる筋肉の「けいれん」は困りもの。特に就寝中、ふくらはぎの筋肉がつる「こむら返り」を経験した人は少なくないと思います。重症の場合は、肉離れなどの筋肉の損傷にもつながります。その対処法と、普段からできる予防法について、ご紹介します。
2021/05/21